スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Lost World @ Wilton Music Hall‏

昨日はお気に入りの Wilton Music Hall で、「The Lost World」を観て来ました。
アーサー・コナン・ドイルの書いたSF小説「失われた世界」を元に1925年に製作されたアメリカの無声映画です。



ストップモーションや特殊メイクを積極的に使用し、当時としては非常にリアルな 「異世界とそこに生きる生物達」 を描き、大ヒットを記録しました。
この作品の成功はジュラシック・パーク、ゴジラ、キングコングというその後の特撮映画に大きな影響を与えたといわれています。


    The_lost_world_1925_poster-2-720x500-blur.jpg


原作には登場しない女性が探検隊に加わって現地に赴くだとか、帰路をたたれたのが案内人の裏切りではなかったり、アマゾン流域の秘郷から連れて来られたのが翼竜のプテロダクティルスではなくアパトサウルスだったりと多少の脚色が加えらているものの、ロンドン動物学会で恐竜はまだ絶滅していないと主張したチャレンジャー教授が自分の主張が正しいものであることを証明する為に彼に反対するサマリー教授や、探検家のロクストン卿、ジャーナリストのマローン、探検に出たまま戻らない父親メイプル・ホワイトを探しに行くポーラと探検隊を組織し、アマゾンの奥地へ向かうという筋書きはほぼ原作と同じ。



恐竜がだいすきなので楽しみにしていました。
無声映画ですが、スクリーン脇にバンドがいて映画に合わせて生演奏するのもすごよかったです。



波止場でケーブルが切れてアパトサウルスが見慣れた街並みロンドンの街で暴れるパニックシーンは特に面白かったです。
キングコングの映画のルーツを改めて知りました。
最後のアパトサウルスの重さに耐えきれず崩れ落ちたタワーブリッジから海へ帰って行くラストもよかったです。




        1865[1] 1865[1] 1865[1] おまけ 1865[1] 1865[1] 1865[1]


「The Lost World」は航空機内で初めて上映された映画でもあります。
映画が上映されたのは1925年4月、ロンドンからパリまでを飛ぶ、インペリアル・エアウェイズのフライトでのことだそう。





にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                imagesCA5N3Z19.jpg

スポンサーサイト

theme : art・芸術・美術
genre : 学問・文化・芸術

Slinkachu

Slinkachuというお気に入りのアーティストが 「Miniaturesque」 と題したエキシビションをやっていたのでサウスケンジントンにある 「Andipa Gallery」 へ行って来ました。


    1-The-Glade-1-website.jpg



規模は小さいものの、「Andipa Gallery」はイギリスで800年以上の歴史を持つ老舗のギャラリーです。
アート市場にはプライマリーマーケットとセカンダリーマーケットというのが存在するのですが、ギャラリーがお抱えアーティストの作品をコレクターに売るというのがプライマリーマーケット。
セカンダリーマーケットというのはそのコレクターがその作品をまた別の画商を通したりオークションハウスを通したりして売買することなのですが、Andipa Galleryはセカンダリーマーケットで、Banksyのショーを最初に開催したギャラリーとしても有名です。



遊び心いっぱいだけど風刺が利いていて、おもわずクスッと笑ってしまう Slinkachu の世界観がすごくすきです。
絶妙なカメラワークとミニチュアを使って私たちの日常のありふれた風景や現象を全く異なるものに変えてしまいます。
これまでアーティストが出版してきた写真集と同じように、私たちの視線からみた景色と小さな住人たちをクローズアップしたものとが一緒に展示されていました。
作品の数は少なかったものの、ミニチュアの人の列をテムズ川にたとえて描いたロンドンの様子など、好きな作品がありました。

以前にブログに載せた Slinkachu の本についてのブログ・作風をご覧になりたい方は (こちら) をどうぞ☆






にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                              imagesCAOW721G_20150413080314ea9.jpg   

theme : art・芸術・美術
genre : 学問・文化・芸術

「The Art of Brick」

私の好きそうながエキシビションがあると友達が 「The Art of Brick」 という Brick Lane の Old Truman Breweryで開催中のエキシビションに連れて行ってくれました。



チケットが売り切れてしまう日もあるというほどの人気のエキシビションだそうですが始まったのが9月からということもあり、私が行ったときは週末だったことも考えれば比較的簡単にチケットが手に入りました。



このエキシビションはNathan Sawayaというニューヨークを拠点に活躍するアーティストによって作られたレゴアートが80点以上もテーマごとにわけて展示されていました。
Nathan Sawaya さんは 「企業相手にミーティングルームで座っているより、床に座ってアートを作っている方がいい」 と弁護士の仕事辞め、子供の頃から大好きだったレゴを使ったアーティストになったという異色の経歴の持ち主。



クリムトの接吻、ミロのヴィーナス、ダヴィンチのモナリザ、ロダンの考える人など誰もが知っているような有名な彫刻や絵画が題材としてとりあげられているのでわかりやすく、面白かったです。


            1-IMG_0585.jpg



レゴとはいえ、彼が作り上げる作品は躍動感に溢れており、四角いブロックを積み重ねて作ったとは思えないほど。
遊び心を持って丹念に作られたのがわかり、レゴが完全におもちゃを超えてアートになっていました。


            1-IMG_0614.jpg

            1-IMG_0666-001.jpg  



エキシビションの代表作としてとりあげられていた 「YELLOW」 と名付けられている、この胸部を手でこじ開け、内部からレゴが溢れ出しているこの等身大の人体像は Lady GAGA "G.U.Y" のPV にもちらりと登場していました。


            1-IMG_0623.jpg



ウイットに富んだ作品がたくさんあり面白かったです。
そして想像していたのと違って単一カラーの作品が多かったです。


            1-IMG_0685.jpg

            1-IMG_0711.jpg

            1-IMG_0658.jpg
    


これはティラノサウルス。
8万個のレゴブロックが使われ、大きさは6メートルもありました。


            1-IMG_0719.jpg



展示スペースを抜けると、大きさも色もさまざまなレゴブロックが置いてあり、自由に好きなものを作れるようになっており、大人も子供も楽しそうにレゴを組み立てていました。






にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

theme : アート・デザイン
genre : 学問・文化・芸術

Frieze Art Fair 2014 @ Regent’s Park

日曜日はVIPパスを持っている友達が、リージェンツパーク内で開かれる10月恒例のアートイベント 「Frieze Art Fair」 に連れて行ってくれました。



世界中から150以上もの一流のコンテンポラリーアート・ギャラリーが集結する国際現代アート見本市。
チケットが高額なことでも有名。
普通にチケットを買うと33ポンドもするのだそう!deco~otomedojo~889[1] 



会場はそれぞれのブースごとにゆったりと区切られているので歩きながら気に入ったアートのブースに入ってみるという感じに楽しみました。
いわゆる商業アートフェアというものなので値段は書かれていないものの、気に入った作品があれば購入することも可能なのでクオリティの高いコンテンポラリーアートを鑑賞したい、という人のほかに投資目的で来ている人もいたりで最終日ということもあってかとてもにぎわっていました。



個人的には彫刻を使ったこの作品がすきでした。


             1-IMG_0267.jpg

             1-IMG_0269.jpg


ところで今年の Frieze Art Fair は UNITED BROTHERS という名前で活動する福島県いわき市出身の荒川兄弟が 「Does This Soup Taste Ambivalent?」 という作品名で福島産の野菜を使ったスープをパフォーマンスアートとして出展することになり開催前に話題を集めました。
もちろん野菜は日本の機関によって安全を保証されたものが使われるそうですが、飲むか、飲まないかという感情の板挟みになるジレンマを訴えるのがこのパフォーマンスアートの狙いなのだそう・・・



私が行ったのは 「Masters」 の最終日だったので実際の反響をみることはできませんでしたが、 「コンテンポラリーアートだから」 とくくられるのかもしれませんが、個人的にはこういうデリケートな問題を奇抜なアイデアで 「売りにする」 のは悪趣味だなぁと批判的に思いました。
アーティスト自身が福島県出身なので彼らなりに考えるところがあって今回のこの作品になったとは思いますが(そう思いたい)東北の復興が軌道に乗るかどうかという微妙な時期なだけに、今回のパフォーマンスアートが福島県に思いやりのある展開になったらいいな、と思いました。



リージェンツパークの屋外にも「Sculpture Park」と題して20人のアーティストによるコンテンポラリーアートが展示されており、草間弥生のかぼちゃの作品もありました。

芸術の秋☆






にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                               yjimage (1) 

theme : アート・デザイン
genre : 学問・文化・芸術

Clet Abrahamの標識アート

先日 Clet Abraham の標識アートについてブログに載せましたが (こちら) 、友達がパットニーという地区にもっといろんな種類の標識があるらしいというので行ってきました。


車両進入禁止の標識が握りつぶされていました。


          1-P1080316.jpg


近くで見るとこんな感じ。


          1-P1080317.jpg



そばには思わず笑ってしまうようなこんなモアイのもありました。


          1-P1080314.jpg  


  
川沿いの道ではこんなのもみつけました。


          1-P1080320.jpg

          1-P1080321.jpg   



よくこんなアイデアが思いつくなと思います。
パットニーに住んでいる知り合いに話したらいつも通る道なのに今まで全然気が付かなかった!と言っていました。


          1-P1080333.jpg

          1-P1080334.jpg

          1-P1080283.jpg

          1-P1080284.jpg   



T字路の標識も彼にかかるとこんな風になります。
この標識はいろんなところでけっこうたくさんみつけました。
 

          1-P1080279.jpg

          1-P1080280.jpg


住みやすそうな街ではありましたが、特にお洒落なエリアだと注目されているとエリアではないのでどうしてアーティストがパットニーを選んだのかはよくわかりませんが、治安が良さそうなエリアだったのでセキュリティーが緩く、標識にアートの仕掛けがしやすかったのかな、と思います。






にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                              image7JTMTFUU_201403021218441ec.jpg  

theme : アート
genre : 学問・文化・芸術

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。