スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Ritz☆続き

昨日書いたRitzの続きです。



少し雰囲気は異なりますが、写真はどちらも「Executive King Rooms」というカテゴリーのお部屋です。↓↓↓


              P1020379.jpg


              P1020403.jpg





それから、Ritzのエレベーター。
狭いけれど、箱のなかにこんな風にかわいらしい絵がペイントされています。

              P1020402.jpg





Ritzはレストランのみならず、ホテル内の公共スペースでも厳格なドレスコードが存在し、ショートパンツやサンダル、ジーンズやスニーカー着用での入館は宿泊客、非宿泊客を問わず不可能です。
また、レストラン内においては朝食時以外は男性はジャケットとネクタイ、革靴の着用が必要になります。




Ritzというと映画「ノッティングヒルの恋人」でジュリア・ロバーツ扮する主人公のアンが新作映画のプロモーションでイギリスを訪れた際に滞在していたホテル、という設定で舞台となっています。
この映画撮影のときでさえドレスコードが求められたため、クルーも礼服で撮影に臨んだという逸話はよく知られています。





時代錯誤だとか、お高くとまっている、だなんて批判もありましたが、それも伝統や格式を守っていく、ということのひとつなんだろうな、と思います。
















にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。文字をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

                                     d4a01526e9829076[1]
スポンサーサイト

theme : 仕事
genre : 就職・お仕事

The Ritz

仕事で Ritz ホテルへ行ってきました。


               3058799930_d5862d2b14_o.jpg




Ritz は、ロンドンにある最高級ホテルです。
イギリスのホテルとして唯一「王室御用達(ロイヤルワラント)」を受けているホテルとしても知られています。←ロイヤルワラントについては こちら
入って右手にあるコンシェルジュの壁にチャールズ皇太子の紋章が掲げられています。




1906年5月24日の開業以来100年以上の歴史と高い格式を誇り、エドワード7世やエリザベス女王、チャールズ皇太子をはじめとする歴代のイギリス王室メンバーから、ウィンストン・チャーチルやシャルル・ド・ゴールなどの政府首脳、チャーリー・チャップリンやソフィア・ローレンなど、王侯貴族から各界の著名人までが頻繁に利用することでも知られています。




写真は「The Green Park 21 style」というタイプのスイート☆です。↓↓↓


             P1020387.jpg



             

調度品のひとつひとつがかわいくて、お姫さまみたいな気分になります。(←はい、単純です)


             P1020383.jpg


             P1020389.jpg





「The Green Park 21 style」はスイートなので寝室とは別にもうひと部屋あります。↓↓↓


             P1020392-1.jpg





18世紀様式の上品な調度品で飾られた内装は、オーナーが理想を形にするため情熱を注ぎこんだといわれるだけあり、とても素敵でした。









にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。文字をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

                                  6a22bc5ce0b9ef4e[1]

theme : 仕事
genre : 就職・お仕事

ドア☆14

街で出会う色とりどりのドアに惹かれます。
まるで絵の具のパレットみたいです。



今日みつけたのはこのドアたち。↓↓↓




1枚の板でできたドアが多い中で、このドアはドアそのものに細工がされていて、個人的にはデザインがとても好きなドアです☆



              door 14-1





イルカ なのか 魚 なのかよくわからない(笑)ドアノッカーがついていました。
このドアノッカーは少しアニメチックですが、これに似たドアノッカーはライオンに次いでよくみかけるタイプです。


              door 14-2






次のドアは Notting Hill でみつけました。
スフィンクスみたいなドアノッカーがついていました。 
             

              door 14-7





              
スフィンクスは顔が女性、身体がライオンで、背中に鷲の大きな翼を生やしています。
スフィンクスの語源は「きつく縛る」「絞め殺す者」を意味するギリシア語スピンクス Sphink、Sphinx に由来すると考えられているそうです。


              door 14-8






次のドアは特に特徴があるわけではありませんが、14という数字の上にある飾りが手裏剣みたいにみえておもしろかったので写真を撮りました。



              door 14-5


              door 14-6





そういえば、昔、将来の夢の欄に「忍者」って書いてた同級生の男の子、どうなったかなぁ。

















にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。文字をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

                                3acd8bf1bc554e16[1]

theme : 住まい
genre : ライフ

パイナップルセージ

友達からわけてもらったパイナップルセージ。95[1] 95[1] 95[1] 




             salvia-d-divinorum[1]





パイナップルセージは、サルビアの仲間に分類されるそうで、秋になると赤い花が咲きます。
友達に教えてもらったとおり、葉っぱをくしゅくしゅっとすると本当にパイナップルのような甘いにおいがします☆

ハーブティーにしたりサラダにいれたりして、お気に入りのハーブになりました 1918[1]
















にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。文字をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

                               ee5dd7f7fa46813c[1]

theme : ♧ハーブ♧
genre : 趣味・実用

ロイヤル・ワラント

ロイヤル・ワラントというのはいわゆる「王室御用達」のことで、英国王室の人々に愛され使い続けられてきた品々の中でも特に優れているものに対して、英国王室の最高位につく3人の紋章が与えられる、という制度です。





3人というのはエリザベス女王、エジンバラ公、チャールズ皇太子を指します。
英国御用達の勅許を受けているのは、英国内で1000社近くあるようです。
勅許を受けると、紋章を店頭に掲げたり、商品のパッケージに紋章を載せたりすることができ、ブランドとして「箔がつく」かたちになります。
ただ、1度紋章を掲げることの栄誉を授かっても、王室が購入した商品を口外したり、5年ごとにある審査の結果、品質などが低下したと判断されると紋章の剥奪ということもあるそうです。





以前はこんな風に左右に2つずつ、4つの紋章を掲げているお店もありましたが↓↓↓



         edeshop[1]







2002年にエリザベス皇太后が亡くなったので、それ以降は彼女の紋章は使われなくなり、現在は3つだけになりました。
なので、次の写真は上の写真と全く同じお店ですが、現在は紋章が3つ縦並びになっています。
ちなみに、1番上の紋章がエリザベス女王のもの、そしてエジンバラ公、チャールズ皇太子の順になっています。



              P1020432-1.jpg





エリザベス女王の紋章はイングランドの象徴であるライオンとスコットランドの象徴であるユニコーンが楯を掲げています。
エジンバラ公の紋章はエジンバラ公がもともとデンマーク王室の血をひくギリシャの王子ということで、両国の国旗が中央に配されています。
チャールズ皇太子の紋章は3本の鷲羽がついた紋章で、エドワード6世から引き継いだものだそうです。



              P1020435-1.jpg





4種類全部のロイヤル・ワラントを持っていたお店はわずか7店しかなかったそうです。
ちなみに写真はピカデリーにある 『Ede & Ravenscroft』 というお店で、王室の人が儀式のときに身につける華麗な服や、裁判官、大学の学長などが公式な行事のときに身につける職服などを作っているお店です。





これまでウィリアム3世やジョージ2世など、13回の戴冠式礼服と衣装、メアリー2世の深紅色の戴冠式用の礼服、ジョージ4世のガーター勲章受章時の礼服、最近ではロンドン市長、オリックスブリッジの学長等の正式セレモニーで着る煌びやかな衣装などを製作しているそうです。





それから、イギリスではなぜか今も裁判官が、肩までの長さでカールのかかった白いカツラを着けることになっているのですが 『Ede & Ravenscroft』 ではそのカツラも作っているそうです。
素材は馬の毛で、ひとつずつ手作りで完成させるには2ヶ月以上も時間を要し、値段は300から1600ポンドもするそうです。






「王室御用達」というと高級なイメージがありますが、スーパーマーケットで売られている日用品のなかにも「王室御用達」のものがたくさんあります。(例えば HEINZ のトマトケチャップだとか、Tate&Lyle のお砂糖だとか、Kellogg's社のCOCO POP というコーンフレークだとか、Carr'sのチーズクラッカーだとか。)
パッケージに紋章がプリントされているのですぐにわかります。






スーパーへ行って商品を手にとったら「王室御用達」マークがついているかチェックしてみてください☆


















にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。文字をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

                                  crown.jpg

















theme : お買い物
genre : ファッション・ブランド

ウィル・スミス似

うちの近くのガーデニング・ショップで、植物を入れる為のファンキーな鉢をみつけました deco~otomedojo~29[1]  ↓↓↓
のびた草でドレッドヘアにしたらおもしろそう☆
でも割ってしまったらちょっと申し訳ない気分になりそうです。





              CIMG3307.jpg





ちょっとハリウッド俳優のウィル・スミスに似てて笑えました☆


















にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。文字をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

                             P.jpg
                                  


theme : 陶磁器、陶芸、作陶、焼成
genre : 趣味・実用

パブ巡り☆「The Anchor」

「The Anchor」は1676年に再建された歴史の古いパブです。
再建後改築が繰り返された結果、入り組んだ不思議な造りになっています。



              PB020903 - Copy





2階のレストランはオールだとかボートだとかが飾られ、「The Anchor」というパブの名前にちなんだインテリアになっていて、すごく素敵です。
天井の梁やむき出しの煉瓦、暖炉などがさらに暖かな雰囲気をひき立ててくれていました。



              PB110847.jpg
              




もともとガイドブックなどでよく紹介をされている有名なパブでしたが、トム・クルーズ主演の映画、ミッションインポッシブルの舞台になったことでさらにパブの知名度が上がりました。
映画の一番最後でトム・クルーズがビールを飲んでるシーンを撮影したのが、このバプのテムズ川沿いにあるテラス席だそうです。















にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。文字をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

                             ec5f0f0defc6a39e[1]


theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

ドア☆13

街で出会う色とりどりのドアに惹かれます。
まるで絵の具のパレットみたいです。




今日みつけたのはこのドアたち。↓↓↓
写真を撮るときはできるだけその持ち主さんと話をするようにしているのですが、持ち主さんによると、ヴィクトリア時代のドアノッカーだそうです。
白いドアノブも素敵だったので写真をとりました。


              P1020422-1.jpg


              P1020423-1.jpg


              P1020425-1.jpg







このドアについていた羊のドアノッカーもとても素敵でした。↓↓↓


              door 13-9


              door 13-8






数字にまつわる迷信・象徴的意味はたくさんありますが、キリスト教文化を背景に持つ英語圏では「13」を不吉な数字とする傾向にあります。
日本人が「4」や「9」を避けるように、建物の13階を作ることが忌避されたり、アパートやホテルの部屋番号や飛行機の座席番号などに13という数字を使わないところがあるようですが、ロンドンの番地に関しては特にそういった特定の数字を避ける習慣はないようです。





13が不吉だとされるのは、いくつか諸説があり、ヘビに誘惑されたイブがアダムに知恵の実を食べさせたのが13日の金曜日だったといわれること、ノアの箱舟の大洪水も13日の金曜日に起こったとされていること、イエス・キリストが亡くなったのが13日であったとされること、キリストの弟子は12人で、13番目がキリストを裏切ったユダだったこと、など聖書に記されている邪悪な出来事の多くが13という数字に関係していることにあるようです。
また、北欧の神話にも13番目に招かざる客が来て大きな事件を起こし、それがきっかけで神々の世界が崩れていくという物語があります。






現実には、古代から暦の必要性によって時間や方位に六十進法が用いられたため、12か月や12方位、12時間などのように時間や方位にも12が用いられてきましたが、12に対してその次の13は調和を乱すものとして不吉な数とされた見方が強いようです。




















にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。文字をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

                                 77ff1a7901dfda62[1]

theme : 住まい
genre : ライフ

Liquorice (リコリス)

Liquorice(リコリス)のお菓子みたいなおうちをみつけました。↓↓↓




              P1020279.jpg






ここのおうちのドアもかわいくて写真を撮りました☆




              P1020281.jpg





リコリスというのは日本語では甘草と言われるマメ科、グリチリザ属の薬用植物のことです。
漢字の通り、根茎が甘く、甘味料や生薬として使われているそうです。






リコリスの生薬としての歴史は古く、紀元前の古代メソポタミア時代(BC25頃)の記録や古代エジプトのファラオの埋葬品などからも発見されているそうです。
漢方やインドの伝統医学であるアーユルベーダ、ハーバルレメディでは今も下剤効果、肝機能障害、抗アレルギー効果、ホルモンバランスを整える美白効果、消炎効果などといった効能が重宝されています。






古来から薬草として重宝されてきましたが、1899年にBassettsというイギリスの会社がお菓子として販売を始め、北アメリカやヨーロッパで古くから親しまれている、とはいわれていますが、その独特の風味のせいで好き嫌いがはっきりわかれるお菓子だと思います。↓↓↓




        2209529111_f0f38c049b_o.jpg






私は ・・・・ 苦手です。 10730699.gif 10730699.gif 10730699.gif

お菓子として販売されているとはいっても薬としか思えないまずさで、絶対に我が家のショッピングリストには載らないお菓子です。

















にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。文字をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

                               566517039_25e2ead34f[1]-1
  

theme : 建築デザイン
genre : 学問・文化・芸術

我らが隣人の秘密☆

普段はめったに使わないのですが、庭に裏口があり、Footpath にアクセスできるようになっています。
そこの掃除をしていたときに、お隣の家の裏口のドアに貼ってありました。↓↓↓
かわいかったので写真を撮ってみました。




              P1020329.jpg


              P1020327.jpg





ちなみに、「Beware of the Rottweiler」 の Rottweiler(ロットワイラー) という種類の犬は、古代ローマ軍が現在のドイツに侵攻する際に同行した頃から続く古い犬種だそうです。
兵士の食糧となる家畜の追い犬として、夜間は番犬として活躍し、ローマ軍が中欧への最短距離となるアルプスを越えての進軍の際は過酷な気候条件の中で、ロットワイラーの活躍による逸話が多く残っているそうです。






1870年代にはドーベルマンの作出に使われ、知名度が更に上昇しました。
勇敢で頭のいい犬なので、現在はお金や家を泥棒から守る警備犬として働いたり、警察犬として用いられることが多いようです。









でも・・・・









お隣さんとは仲が良いので良く知っていますが、ここだけの話(笑)、お隣の家は犬を飼っていないのです。ばらしてしまいました。moco0003.gifmoco.gif
















にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。文字をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

                              8fbc692b72c53f2a[1]d6c37248c42be27e[1]

theme : 日々出来事
genre : ライフ

AAスクール による夏の風物詩

バスで Tottenham Court Road へ向かう際に通りかかった Bedford Square でみつけた大きな木のオブジェ。↓↓↓



               P1020360.jpg






AAスクールというのは Architectural Association School of Architecture という名門建築学校のことです。





「Driftwood(流木)」という」タイトルのつけられたこの作品は第4回目にあたる今年のサマー・パビリオンとして、7月3日から設置されているそうです。






28層のplywood(合板)からなる「Driftwood」は、AAスクールの生徒、Danecia Sibingoさんと3人のチームメンバー(Lyn Hayekさん、Yoojin Kimさん、Taeyoung Leeさん)が、ヨルダンの世界遺産遺跡ペトラ (こちら) に影響を受け、7週間かけて作り上げた力作だそうです。
ぺトラは映画「インディー・ジョーンズ・最後の聖戦」の舞台となったことでも有名な世界遺産です。






「流木」という名の通り、流れるようなラインがとても素敵で不思議なオブジェですが、すっかりロンドンの街並みに溶け込んでいました。
来年のパビリオンはどんなものになるだろうと、今から楽しみです。
















にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。文字をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

                               b6ff8d2f4f57762c[1]
                               


theme : アート・デザイン
genre : 学問・文化・芸術

ミュージカル「WICKED」

招待券をもらったので「WICKED」というミュージカルを観に行ってきました。




              CIMG2163.jpg




招待席ということであまり期待していなかったのですが、劇場の前の方のかなりいい席をもらうことができ、迫力満点でした。



              CIMG2173.jpg





このミュージカルは「オズの魔法使い」の話を西の悪い魔女、エルファバの視点から描いている点がおもしろい作品です。
1995年に出版されたグレゴリー・マグワイヤの原作「オズの魔女記」をウイニー・ホルツマンが書き直し、スティーブン・シュウォルツが曲をつけてミュージカルとなりました。





エルファバ (Elphaba) という魔女の名前は『オズの魔法使い』の作者ライマン・フランク・ボーム (Lyman Frank Baum) の頭文字L、F、Baからつけられたそうです。





物語はドロシーがオズの国へ迷い込むずっと前の設定となっており、エルファバがどうして悪い魔女になってしまったのかを描いたちょっと悲しいお話です。





ミュージカルではオズの魔法使いにも出てくる、ブリキ男、カカシ、弱虫なライオンなどが誕生秘話も含めて登場します。
衣装が華やかで独創性があってとても素敵でした。





レミゼラブルやオペラ座の怪人と比べると少し物足りなさがありますが、 肌の色の違いや動物たちに象徴させた社会が抱える弱者への偏見や差別問題にメッセージが含まれている作品で、物事にはいろんな面があって今見えているものだけが全てではないと考えさせられるミュージカルでした。














にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。文字をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

                                20a527745bc8c82c[1]

theme : 観劇
genre : 学問・文化・芸術

魔法の庭

うちの庭は魔法の庭です。
芝を刈るくらいしかほとんど手入れをしていないのに、次々といろいろな植物が花を咲かせ、実をつけてくれます。

うちの庭でみつけました。↓↓↓



              2915048979_c59209eafa_o.jpg




お隣のおばさんによると「ブラックベリーに似ている」とのこと。
食べてみたら甘すっぱくて、おいしかったです。
ジャムにするほどの量でもなかったので、バナナやいちごやヨーグルトと一緒にスムージーにいれておいしくいただきました☆



              P1020324.jpg





ミキサーを買ってから、スムージーにはまっています。















にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。文字をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

                                efc45f259e10cffe[1]

theme : 日々出来事
genre : ライフ

ドア☆12

街で出会う色とりどりのドアに惹かれます。
まるで絵の具のパレットみたいです。




今日みつけたのはこのドアたち。↓↓↓



              door 12-6






このドアはステンドグラスがきれいで、個人的にけっこう好きなドアですが、写真がへたくそでこのドアの良さが上手く表現できていないのが残念です。


              door 12-7






このタイプのドアノッカーが1番よく見かけるポピュラーなものです。↓↓↓
どうしてライオンのついたものが多いかは (こちら) をご覧ください。



              door 12-3


              door 12-4






それから、こんなアラジンに出てくるランプの精みたいなドアノッカーもみつけました。↓↓↓



              P1010302 - Copy - Copy




B&Bのドアに掲げられていたこのドアノッカーはすごく大きくて、20cm くらいありました。
B&Bのオーナーにこのドアノッカーの由来を聞いてみましたがよくわからないそうで、由来がわかったら教えてよ、と逆に頼まれてしまいました。

知っている方がいましたら、是非教えてください☆















にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。文字をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

                                5bf4696df5f36c80[1]

theme : 住まい
genre : ライフ

洋ナシの木

家から最寄の地下鉄の駅に行く途中でみつけました。↓↓↓




             2754616118_2f21f4ae3d[2]





いつも雨の日に旦那さまが車で迎えに来てくれるまで雨やどりさせてもらってる木が洋ナシの木だったなんて、実がなって初めて気がつきました。













にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。文字をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

                                  500px-Eight_varieties_of_pears[1]

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

LOST!!

LOSTっていっても私じゃなくってこの子。↓↓↓




              P1020274.jpg




South Kensington 周辺を散歩しているときに、この張り紙をみつけました。
『COCKADTO』というのは、インコではなく、オオバタンやタイハクオウム、キバタン、コバタン、モモイロインコなどの白色系オウムのことだそうです。





こんな風に探してもらって、家族の一員として、大切にされていたんだろうな。





無事に家族のものとへ帰れますように。















にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。文字をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

                                  b4646aaf463c1f9a[1]

theme : 迷子ペット捜索業(ペット探偵)
genre : ペット

命日

今日、8月2日は友達「ぺチャ」の命日です。
お墓参りに行く事ができないから、今年も花を送りました。




              GetAttachment[1]






強くて、でも意外と涙もろくて、優しくて、カリスマ性があって、ちょっと斜めにまっすぐで(笑)、勉強は出来なかったけど(失礼)、頭のいい人で、この人がいたらきっと大丈夫だと周りに思わせることができるような器の大きな人でした。





進学や就職や結婚で環境は変わっても女の子4人男の子6人、中学の頃から変わらずずっと仲が良くて、よく他の同級生たちから羨ましがられた。
私の自慢でした。
これからも当たり前にそれが続いていくものだと思っていた。





あんなに悲しいことが、自分たちの間に起こるなんて思ってもみなかった。





それが誰にでも、どこにでも起きるかもしれないことだとわかってはいても、自分たちだけは大丈夫だと思っていた。
どこか遠くのかわいそうな誰かに起きた悲しい話なんだと思っていた。なのに。





あれから3年が経つけれど、今でも話の流れが中学の頃の事になるとみんな劇薬や爆発物でも扱うような慎重さになる。
話題が死んでしまった友達を避けるのは、きっと負い目に感じているからだと思う。
死んでしまう2日前にみんなで会っていたのにもかかわらず友達の抱えていたものに気づけなかったことに。打ち明けてもらえなかったことに。





最後に見た棺桶の中で花に埋もれた顔が蝋人形のようで、私のよく知っている友達の顔とは別人のようにみえたからか、火葬場で焼かれて骨だけになった姿までみたというのに、友達がいなくなった事実が未だにうまく受け入れられない。
頭ではわかっているのに心がついていかない。





悲しくて、悲しくて、思い出すたびに涙ぐんでしまう。
「あの日」をやり直す夢を何度もみる。







こういう風に生きている私たちをどこかで見ていて、死んでしまったことを少しは後悔してくれていたら、と思う。





子供っぽい考え方だと、今となってはもうどうしようもないことだと人が笑っても。







ブログに書くことで、たとえ一瞬だったとしても「ぺチャ」が命日にいろんな人の心のどこかで生きることができたら、と思います。
















にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。文字をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

                               angel.jpg f3d7f38cc0cab6d4[1]

theme : こころ
genre : 心と身体

07 | 2009/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。