スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーでみつけたおいしいもの ☆ Ella's Kitchen

今まで素通りしていたのに最近気になってしょうがないのがスーパーのべビーフードの棚。
妹に赤ちゃんが生まれてからというもの (こちら) 、甥っ子にメロメロです。




私のお気に入りはこの 「Ella's Kitchen」 シリーズ。
オーガニックなのも安心です。
いろいろな種類があったけれど、Stageごとにわかりやすくわけてあるので選びやすかったです。



              P1080122.jpg




パッケージもかわいいし、ヨーロッパならではの少し変わった日本にはないフレーバーもあるので赤ちゃんのいる人へのお土産にするのも話題性があっていいかも。


013[1] Peaches + Banana (桃とバナナ)
013[1] Strawberry + Apple (苺とリンゴ)
013[1] Apple + Banana (リンゴとバナナ)
013[1] Sweet Potatoes + Pumpkin + Apples + Blueberries (さつまいも、カポチャ、リンゴ、ブルーベリー)
013[1] Sweetcorn + Pumpkin + Peas (スイートコーン、カボチャ、豆)
013[1] Broccoli + Pears + Peas (ブロッコリー、洋ナシ、、豆)
013[1] Spinach,Apple,Swede (ほうれん草、リンゴ、ルタバガ)
013[1] Sweet Potatoes + Broccoli + Carrots (さつまいも、ブロッコリー、ニンジン)
013[1] Carrots + Apples + Parsnip (ニンジン、リンゴ、パースニップ)
013[1] Butternut Squash + Carrots + Apple + Prunes (バターナッツスクオッシュ、ニンジン、リンゴ、プルーン)




こっちはステージ2からのもの。
こちらもたくさんの種類が揃ってました。


              P1080137.jpg




元気にすくすく育ってくれたらいいな。
それだけ。












にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                             0339f1fd5d2f9bf6[1]
スポンサーサイト

theme : 買ってみた
genre : グルメ

付け合せのソース

日曜日はよくロースト料理を食べます。
オーブンに入れっぱなしにして、旦那さまと映画やサッカーを観ている間に簡単にできてしまうわりにいいお肉を選べさえすればまず失敗しない料理なのも日曜日向けかも。




イギリスではロースト料理を作る場合、たっぷりのグレイビーソースのほかに、そのローストがどのお肉を使っているのかによって組み合わせる付け合せのソースがかわってきます。




     例えば

        「ビーフ」--------------------「ホースラディッシュ(西洋わさび)ソース」
        「ラム」----------------------「ミントソース」
        「ダッグ」--------------------「オレンジソース」
        「ポーク」--------------------「アップルソース」
        「ターキー」や「チキン」--------「クランベリーソース」

                                              といった具合に。


         3320996650_361b6d150a_o.jpg




これは日本でいう「お刺身にはワサビ醤油」「おでんにはからし」「焼き魚には大根おろし」みたいなお決まりの組合せとなっています。





最初はご飯に甘いソースというのに抵抗がありましたが、食べているうちにクセになります。
特にラム肉にシャープなミントソースの組み合わせはお気に入りです。


















にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

                             mint.jpg

theme : 美味しいもの
genre : グルメ

隠れ家的博物館

ずっと前のことになりますが、 Chiswick にある Horgarth's House という博物館へ行ってきました。
小さい頃から両親が美術や芸術にふれる機会をたくさん与えてくれたからか、博物館や美術館へ行く事が大好きです。




William Hogarth(ウィリアム・ホガース)は18世紀の著名な彫刻家であり、また版画や風刺画家としても活躍した人です。
この博物館はホガースが実際に住んでいた家が博物館として一般公開されています。



              CIMG1918.jpg



ホガースの名前は日本ではあまり知られていませんが、社会の風俗的主題の中に痛烈な風刺精神を組み込み、独自の道徳的風俗画様式を確立し、イギリスを代表するアーティストとして知られています。




貴族階級や政治家、中産階級への辛辣な風刺とブラックユーモアのきいた作風が大衆受けし、英国中のパブの壁に風刺にとんだ彼の作品が掛かっていた、といわれる程絶大な人気を誇っていたようです。
またその当時の労働者階級が好んだ動物虐待や家庭内外でのいざこざを風刺的に捉えて題材とすることによって、人間の持つ残虐性や非道徳な習慣に光を当て、社会をより良いものにしたいというホガースの願いの込められた教訓的な作品もたくさんあります。
娯楽としてだけでなく、無学文盲の人が多い時代にモラルを説く教科書的役割も担ってように思います。




代表作に「ストロード家の人々」「当世風結婚」「娼婦一代」「放蕩一代」があり、「当世風結婚」はナショナルギャラリーで、「放蕩一代」は以前ブログに載せた Sir John Soane's Museum (こちら) の所蔵となっています。


              CIMG1914.jpg


              CIMG1901.jpg




2つのフロアが見学者に公開されており、ミントグリーンで統一された各部屋には予想以上に多くの作品が展示されていて驚きました。                            

最近リニューアルされてさらに多くの作品が展示されるようになったらしいのでまたいつか時間をみつけて行って来ようと思います。












にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                              Pap_euterpinus[1]

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

ドア☆ 44

街で出会う色とりどりのドアに惹かれます。
まるで絵の具のパレットみたいです。


今日みつけたのはこのドアたち。 95[1] 95[1] 95[1]




このドアは実は、Walthamstow というエリアでみつけた「葬儀屋さん」のドアです。↓↓↓
創業はなんと888年から。
Walthamstow というエリアのことは以前ブログにも書きましたが (こちら) 、ウィリアム・モリス博物館が有名です。


              door 44





ドアの持ち主によると、エジプト人のドアノッカーだそうです。
錆びた色合いがまるでドアとドアノッカーが時間をかけて馴染んでいったようで素敵でした。


              door 42-9


              door 42-4





このドアノッカーは昔うちで飼っていたマルチーズの「ラッキー」に似ていて、見つけたときちょっと切なくなりました。
とても賢くて優しい犬でした。


              door 44-7


        door 44-8





これと似たようなモチーフのドアノッカーはけっこう他にもみかけたことがあります。↓↓↓

              KORE - Copy
   

              3192344180_a0212718d8_b - Copy



















にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。文字をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

                                 ecd970a424331528[1]

theme : 住まい
genre : ライフ

Superstitions

Superstitions というのは迷信のことです。



イギリスでも 「はしごの下を歩くのは不吉」」 「部屋の中で傘をさすと不運が訪れる」 「塩をこぼすと不幸になる」 「鏡を割るとその先7年間は不幸が訪れる」 「幸運を祈るときには木に触れると良い」 「寝る前にチーズを食べると悪夢を見る」 などのたくさんの迷信が信じられています。




なかでも特に興味深いのは黒ネコに関するものです。NEKO.gif
ヨーロッパの他の国や日本やアメリカなどでは黒ネコが目の前を通り過ぎることは不吉だとされていますが、イギリスでは黒ネコは魔よけになると信じられており、幸せのシンボルとされ、黒ネコが目の前を通り過ぎるといいことが起こる、とされています。



         blackcat[1]




信じる信じないはともかく、原因や結果に上手くつじつまを合わせようとしたり、また、物事を上手く運ばせるためのはずだった迷信に人は逆にちょっとした安心感を得たり、不安を募らせたりしてしまうのが面白いなぁと思います。
 


















にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。 ここ をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

                             PP.jpg
                                 

theme : イギリス生活
genre : 海外情報

Hop Exchange

バラマーケット (こちら) へ食材を買いに行ったときにみつけた素敵な建物。 95[1]95[1]95[1]



              104338799saLfCr_fs[1]



建物の柱のところに 「Hop Exchange」 と書いてあったのが気になっていろいろ調べてみました。
この建物は R.H Moore のデザインによるもので、1868年の完成からビール醸造のためのホップ取引所として活躍していたようです。




この建物以外にも周辺にはビール醸造に関する建物の名残りをもつ建物が今も残っています。
この地域がビールの醸造に選ばれた理由にはサザークがロンドンの南東に位置し、ホップの産地であるケントから近かったことにあるようです。
また、ビール醸造は臭いので嫌われたようで、シテイー内ではなくここで作られたそうです。




中はこんなかんじ。


              456915677_c9fdd117a8[1]



現在はホップ取引所としては機能していませんが、イギリスの歴史的建造物を保護する目的で英国政府により設立された組織に推薦され、指定建造物リスト(グレードはⅡ)に載り、保護されており、ファッションショーや映画上映、ダンス会場やパーティー会場として活用されているそうです。













にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                e04787eb85aa6458[1] 
 

theme : 建築
genre : 学問・文化・芸術

ジャスミンティー

仕事を通して親しくなった上海在住の方からいただいたジャスミンティー。95[1] 95[1] 95[1] 



            P1040649.jpg




ジャスミンティーで有名な福健省産のものだそうです。
丁寧に手摘みされた白い産毛の残る新芽の茶葉に繰り返し香りづけをし、自然発酵させた後、3から4本の茶葉を絡ませて手揉みで珠状に丸めたものです。




お湯を注ぐと茶葉がゆっくりと広がっていき、ジャスミンのお花畑にいるような香りに包まれます。
新芽を使うことによって、お湯を注いだときに苦みが出ず、繊細な香りと味わいが楽しめるのだそうです。




ジャスミンの香りには自律神経の緊張を和らげリラックスし集中力を高める効果だとか鎮静効果、抗うつ作用がある事が知られています。
また婦人病などのホルモンバランスを回復する働きもあるそうです。





疲れた日には、心とからだにちょっと贅沢を deco~otomedojo~970[1]
飲み口がすっきりとしているのでアイスティーにしてもおいしいのも気に入っています☆



















にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

                               8b4e8ca21050d270[1]

theme : ドリンク
genre : グルメ

モザイク☆6

モザイクがすきです image009.gif
                  ※ っていっても変な方のモザイクじゃないってば(笑) vcv.gif



色ガラス、陶片、大理石、貝殻など素材はさまざまですが、ロンドンの街でもうっとりするくらい素敵なモザイクにたくさん出会います。



こちらは↓↓↓ Regents Canal をお散歩中にみつけたお魚のモザイク。


         regenyts canal



「Canal」 というのは運河のことです。
まだ鉄道や道路による交通網が発達していなかった時代に物資輸送の手段として開発されたものです。
かつては長さが6000キロにも及んだそうですが、現在では3000キロあまりに減少しました。
色とりどりのナローボートが行き交うのを見ながら散歩をするのがすきです。





この「リージェント運河」はロンドンでもお気に入りの場所のひとつなのでいつかブログに載せようと思っています。





モザイクでできた絵をすきなのは、作品そのものの美しさはもちろんだけど、完成にあたってかかった労力や手間がその作品から垣間見えるからなのかもしれません。












にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                               912723e67d4b56fe[1]

theme : 工芸
genre : 学問・文化・芸術

愛すべき老舗の専門店☆Bates

Jermyn Street にある 「Bates」 は小さいけれど老舗の帽子専門店です。
初代のジョージ・ベイツ氏が創業して以来、100年 以上もの長きにわたって営業を続ける老舗で、現在は甥のエドワード夫妻により運営されているそうです。




「こうもり傘」 と並んで 「山高帽」 が英国人紳士の代名詞とあげられるように、紳士にとって帽子はなくてはならないもののようで、ストローハットやパナマハットのようなソフト帽や、シルクハット、ハンチング帽などたくさんの種類の帽子が扱われていました。


               2816421946_04bc5a71eb_b.jpg


               3513329865_8ae2547665_o.jpg





ガラスのショーケースの中に入っているのは1921~1926年の間、このお店の名物ネコとして活躍した 「ブリンクス」 という名前のネコの剥製。95[1]95[1]95[1] 


               3513329603_407714e8fc_o-2.jpg




Bates は小さなお店ですが、世界各国の王室をはじめ、各分野の著名人にも贔屓にされているそうです。
写真はBatesが今年の3月に移転する前のものです。
移転後のBatesを見る機会が未だありませんが、紳士の美学を大切にしたコンセプトが店内や働いている人のサービスから感じられたあのお店の持つ素敵な雰囲気が損なわれてしまっていないことを切に願います。















にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                            8ff2576a05a51066[1]

theme : ロンドン生活
genre : 海外情報

Odd-Eye

友達のおうちのネコちゃん。


              3616493159_fb022a87e1[1]



こういう左右の目の色が違うことを 「Odd-Eye」 といいます。 
「Odd-Eye」は白いネコちゃんに現われやすいそうです。
ほかにも兄弟がいたのにこの子だけが真っ白でこういう目をして生まれてきました。





人見知りが激しい性格らしく、最初は遠巻きに観察されていましたが、しばらくしたら私のそばで毛づくろいをし始めました。
私のフェイクファーのバックが気に入ったらしく、もたれかかってまったりしているのがかわいかった3378_d[1]




こんな風に写真を撮らせてもらえる程度には仲良くなれた気がします 1865[1]













にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                   512f73afe7d57168[1]

theme :
genre : ペット

ニュートンのりんごの木

ケンブリッジには31のカレッジがあり、それぞれが独自自治、独立採算制で運営されています。
創立年や理念、審査基準が違うため、各カレッジはそれぞれ特徴的で、学生のカレッジへの帰属意識も顕著です。




よく 「オックスフォードとケンブリッジ どちらが優れているか」 ということを聞かれますが、両者を比べることは容易ではありません。
オックスフォード大学が人文・社会科学の分野で優れた実績を持ち、政治家や官僚を多く輩出しているのに対して、ケンブリッジ大学は自然科学の分野で優れた実績を持ち、多くの世界的科学者を輩出し、世界一のノーベル賞受賞者数を誇るからです。




写真はトリニティーカレッジ(Trinity Colledge)のグレートゲート。
トリニティーカレッジはヘンリー8世によって1546年に創設されたケンブリッジ最大の名門です。
門の中央にあるのは創設者ヘンリー8世の像です。
ニュートン、オリバー・クロムウェル、詩人バイロン、くまのプーさんのA.A.ミルンをはじめ、チャールズ皇太子もここで学びました。


              P1080090.jpg




数学橋については書きましたが、ケンブリッジで数学橋と同じくらい見てみたかったのがトリニティーカレッジにある 「 ニュートンのりんごの木apple[1]   95[1] 95[1] 95[1]      



              P1080083.jpg



りんごが木から落ちるのをみてニュートンが 「万有引力の法則」 のヒントを得たというのは有名な逸話ですが、そのきっかけとなったニュートンの生家の庭にあったりんごの木に接ぎ木をして残された、言わば 「ニュートンのりんごの木の末裔」 が偉大な物理学者を偲ぶ記念樹としてトリニティーカレッジのグレートゲート付近に植えられています。



 











にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                f42727ddf13e4188[1]

theme : イギリス
genre : 海外情報

ケンブリッジ☆数学橋

先週のことですが、ケンブリッジへ行ってきました。
お仕事で行ったので自分の為の時間はほとんどとれませんでしたが、お昼の休憩時間を使って「数学橋」までお散歩してきました。




ケンブリッジはロンドンから北へ100キロ程のところに位置する、言わずと知れた学園都市です。
街がケム川(River Cam)に沿って形作られており、主だったカレッジが川に敷地を接するように点在します。
そんな街なので橋も多く、ケンブリッジという地名も 「ケム川(Cam)にかかる橋(Bridge)」 に由来するのだそうです。




そしてこちらがお目当ての 「数学橋(Mathematical Bridge)」 95[1] 95[1] 95[1]  


             P1080079.jpg




ケム川の一番南、Queen's College にかかるこの木造の橋は William Etheridge によってデザイン、 James Essex によって1749年に建設されました。
現在かかっている橋はオリジナルではなく、 オリジナルを忠実に再現する形で1905年に再建されたものです。
接線がアーチを描くように作られ、トラスを形成するというその幾何学的な構造と木と木が綿密に計算されてボルトやネジを一切使わずに組み合わさってできていることから(実際はボルトやネジが使われていたようなのですがdeco~otomedojo~934[1] ) 「数学橋」 と呼ばれています。





ケンブリッジにはこの 「数学橋」 以外にも 「クレア橋」 「ためいき橋」 といった素敵な橋があります。
「パント(Punts)」 と呼ばれる底が平らなボートに乗って長い棒で川底を突きながら川下りを楽しむ人たちの姿をあちこちでみかけました。














にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                  b18f24284e8135c6[1] 

theme : イギリス
genre : 海外情報

10 | 2010/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。