スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーでみつけたおいしいもの☆Sea Salt Fudge

73e0329ca60ef4c0[1]   kgwlhmmv9457310.gif Sea Salt Caramel Fudge  kgwlhmmv9457310.gif



            P1020739-1.jpg


最近のお気に入りは Waitrose というスーパーマーケットの「Sea Salt Caramel Fudge」
Fudge(ファッジ)というのはソフトキャラメルのこと。
ブルターニュ地方のお塩が使われてた塩キャラメルです。



10月の末に一時帰国することが決まったので何をお土産にしようかな、と思って買ってみたらおいしかった☆
150g入りで2.95ポンド(日本円にすると450円くらい)でした。
他のキャラメルと比べると少し値段が高めかもしれませんが、フェアトレードにこだわっているところに好感がもてます。
パッケージもかわいいので気に入っています。




   ※フェアトレード turnbook[1] 
         国際貿易における先進国と途上国の公平さを図り立場の弱い途上国の
         生産者・労働者によい取引状況を提供し、彼らの権利を強化することで
         持続可能な発展が実現できるように貢献する運動。
         需要や市場価格の変動によって生産者が不当に安い価格で買い叩かれ、
         あるいは恒常的な低賃金労働者が発生することを防ぎ、また児童労働や
         貧困による乱開発という形での環境破壊を防ぐことが目的とされています。










にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                             9da1430e69861b22[1]  
スポンサーサイト

theme : おいしい☆
genre : グルメ

素敵カフェ☆Scooter Works

ウォータールーという地区にある「Scooter Works」というカフェへ行ってきました t00200020_0020002010469558832[1]
永住権の申請の際にお世話になった弁護士事務所の近くで、お店の前を通るたびに気になっていたお店にようやく行くことができました。 


       P1020347.jpg




スクーターのライセンスプレートだとかヘルメットだとかモーターバイクをテーマにヴィンテージテイストでセンスよくまとまった店内にはクラシック音楽が流れ、落ち着きます。


            P1020336.jpg

            P1020311.jpg
 



2000年にオープンした当時は、中古のイタリアン・スクーター 「Vespa」 を専門に扱うショップだったそうですが、バイク屋を訪ねてくる常連さん達にコーヒーを出しているうちに、なりゆきでカフェも始めてしまったそう870_d[1]



そして現在は、スクーター店ではなくカフェとして営業し、本業のスクーター店はバーモンジーというエリアで営業しているという異色カフェです。
We never meant to be a cafe. It just happened.
(カフェをやるつもりじゃなかったんだけど、なんとなくこうなった)
 
というオーナーのコメントが笑えます apani4c40d2ecb61ed[1] 



            P1020314.jpg

            P1020318.jpg
                 
            P1020324.jpg




店内にはボブとスタンリーという2匹のネコちゃんがいて、勝手気ままにしているのがかわいかったです。
私が行った時はすいていましたがネコちゃんと合い席することにしました。
どちらのネコもお気に入りのスポットがあるのかこだわりがあるのかお店が混み始めても(笑)ずっと同じ椅子の上でお昼寝をしていました。



昔の美容院にあったパーマをかけるマシーンみたいな照明だとかお店のいろんなところにインテリアへのこだわりが感じられました。


             P1020298.jpg




お食事はできませんが種類は多くないもののケーキやクッキーなどはあります。
私はポピーシードの入ったレモンケーキとラテをいただきました。
コーヒーはコスタリカとコロンビアの豆をこだわって使っているそうです。




それから地下にも座れるスペースがありました。
地下の内装はいたって普通でしたが、火曜日と水曜日にはライブミュージックや映画の上映があるそうです。
外には小さいけどお庭もあり、お気に入りのカフェのひとつになりました3378_d[1]












にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                               e8cfbed58faf5dda[1]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

気まぐれなジャム作り

日曜日はお天気がよかったので気まぐれな私は急にジャムを作ることを思いついててうちの近くにある森へブラックベリーを摘みに行ってきました。
小ぶりですが甘くておいしいのがたくさんとれました。



先日ブログに載せた Chiswickのカーブーツセール(こちら) で買ったルクルーゼのおなべを使って早速ことことジャムを作りました。

             P1020279.jpg


お砂糖を入れる前に味見してみたのですが、ブラックベリーの種が歯にひっかかるのが気になったので急遽布でこすことにしました。
そうしたらけっこうたくさん摘んだつもりだったのに結局できたのはこのひと瓶のみ。
でもおいしいのができました。
自分で作るとお砂糖の量だとかを調節できるのがうれしいです。
ブラックベリーの鮮やかな色にうっとりです。


             P1020290.jpg

    

ただ、おいしいけれど少し渋みがあって(食べ続けると意外とそれがくせになってきたりもするのですが)次回への課題が残るジャム作りになりました。













にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                             25843645_1768815256[1]
 

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

The Bridge Coffee House

ショーディッチというエリアにある 「The Bridge」 というコーヒーハウスへ行ってきました。
外観はコーヒーハウスというよりパブっぽいです。
「The Bridge」という名前のとおり、お店のすぐ近くに鉄橋がかかっています。


             68[1]



昔この近くに住んでいたころはおしゃれでアンダーグランドなかんじのレンタルDVD屋さんだったのにいつの間にか素敵なコーヒーハウスになっていました。



レジもコーヒーマシンもレトロでここだけ時間の流れが違うような心地よい懐かしさを感じます。


        bridge-cafe-counter[2]
 



トルコだったかキプロス出身の店員さんのとてもお話好きで陽気な人柄が印象的です。
ランチのようなごはん系のものはなくて、ケーキやスナックのみですがコーヒーがおいしかったです。
私たちが行ったのはお昼時だったのですが、ランチがないせいかすいていて貸切状態でした。




写真はお店の人自慢の2階にあるラウンジ。
色使いのセンスがよくってこういう内装がすごくすきです。
以前ブログに載せたサラストロというお気に入りのレストラン (こちら) に何となく雰囲気が似ているように思いました。


        5123096992_271ace808f_o[1]

        5122497845_4575a04643_o[1]



このコーヒーハウスのある界隈はおいしいベトナム料理屋さんがたくさんあるのでベトナム調理を食べたそのついでにでも足をのばしてみる価値ありです。













にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                              imagesCA2MTM62.jpg 

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

最近買ったお気に入りの本

最近購入したお気に入りの本 4966_d[1] 



            「LITTLE PEOPLE IN THE CITY」        
        P1010715.jpg



タイトル通り、ロンドンの街中で撮影された小さな住人たちの写真集。
くすっと笑ってしまうようなセンスの良さがあってすきです。
私たちの視線からみた景色と小さな住人たちをクローズアップしたものとがセットになって掲載されています。


         f0228575_12414258[1]


         f0228575_12421010[1]



         snail bus 2 - blog[1]


         snail bus 1 - blog[1]



本当にこんな人たちがこっそり生息していたら面白いなと思いながらページをめくっています。














にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                               29ab64c3890bd328[1]

theme : 本の紹介
genre : 学問・文化・芸術

Chiswick カーブーツセール 再び☆

先月に引き続き (こちら)  Chiswick という地区で開かれたカーブーツセールへ行ってきました。
季節のいい時期にいろんなカーブーツセールへいってかわいいものをたくさん集めたいなと思っています。

今日の戦利品はこちら deco49728faaae89f[1]
 
パイレックスのミキサーボウル。
かなり使い込まれた感はあったものの、かわいかったのでこのクリスマスカラーのふたりをうちへ連れて帰ることにしました。
ふたつで3ポンド(日本円にすると約400円くらい)にしてもらいました。
サラダを入れたりポップコーンを入れたり大活躍してくれそうです。


             P1020245.jpg




それからこのガラスのボトルも2つ購入。
写真ではわかりにくいかもしれませんがけっこう大きいのでショートパスタ入れに使おうかな、と思っています。

             P1020249.jpg



このボトルはふたの部分もかわいくて気に入っています。
チップなしでかなり状態がよかったのにもかかわらず、こちらもふたつで3ポンドにしてもらい大満足です。

             P1020250.jpg




それからこのネックレスも 2482_d[1]
こういう大きい石のネックレスがすきでたくさんもっているのですが、また誘惑に負けてしまいました。
色の組み合わせもめちゃくちゃこのみ☆

             P1020258.jpg


この夏の宝探しはまだまだ続きそうです。













にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                642f8fbd0ca640ba[1] 
 

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

ドア☆52

街で出会う色とりどりのドアに惹かれます。
まるで絵の具のパレットみたいです。


今日みつけたのはこのドアたち。 95[1] 95[1] 95[1]




              door 52





少し東洋っぽいかんじのドアノッカーをみつけました。↓↓↓
雷神みたいです。
菅原道真は死して雷の神になったと伝えられています。

               P1020888.jpg


               P1020889.jpg


菅原道真の亡霊が雷さまとなり、都に被害をもたらしたものの、道真の領地の桑原には雷が落ちなかったと言う伝承から、雷さまから逃れるためには、「くわばら・くわばら」と唱えたらいいといわれてきたそうです。




似たようなかんじではこんなドアノッカーもあります。↓↓↓
こちらの方はちょっと西洋っぽいかんじがしますが、どちらもユニークな表情をしているのが素敵です。

               29092424_70d0c51cd7_o.jpg





ところで、先日行ったコーンウォール (こちら) ではこんな風に半分だけ開閉できるドアの家をたくさんみつけました。
コーンウォール独特のの南国風で開放的な街の雰囲気がドアにも反映されているのを面白いな、と思いました。

               P1010600.jpg











にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                           ougontengu_m_v[1]

theme : 住まい
genre : ライフ

イギリス旅行記☆コーンウォール ③

コーンウォールのパドストゥという街ではリック・スタインというセレブシェフの経営するフィッシュ&チップス専門店へ行ってきました 3388_d[1]



この小さな港町にはフィッシュ&チップス専門店以外にリック・スタインの名前がついたホテル、レストラン、ビストロ、カフェなどもあります。
パドストウはリック・スタインの両親がここにサマーハウスを持っていてよく遊びにきていた思い入れいっぱいの場所なのだそうです。


              P1010656.jpg




オープンと同時にレストランが満席になるくらいの人気でした。 

              P1010674.jpg




何のお魚なのかはわかりませんが、シンプルな店内はこんなかわいいお魚のタイルがアクセントになっていました。

              P1010676.jpg




メニューはいたってシンプルで好きなお魚を選んでグリルするかフライにするかを決めるだけです。
つけあわせは全部チップス(フライドポテト)!
環境的にはどうなんだろ?と思わないでもないですが、何を頼んでもお皿ではなく全部こんなボックスにはいってサーブされます。



わたしはタラのフライにしました。
かなりのボリュームで食べきれないくらいでした。
でも衣がかりっとしててすごくおいしかったです。
美味しさの秘密は、素材の厳選と牛の脂で揚げると言う昔ながらのやり方にあるそう。

         P1010679.jpg




併設されているデリもおしゃれでおいしそうなもので溢れていました。
プレゼンテーションの上手さと地元でとれたものにこだわるコンセプトには好感がもてます。

              P1010657.jpg

              P1010663.jpg




普通のお塩とハーブやスパイスがミックスになったお塩を購入してみました 95[1] 95[1] 95[1]

          P1010721.jpg




そしてコーンウォールといえばアイスクリーム。
コーンウォールでは良質な乳製品が有名で、アイスクリームも名産のひとつとなっています。
老いも若きもみんなアイスクリームを片手に散策を楽しんでいました。
私はバナナ味のアイスクリームにしたけれど、濃厚でとってもおいしかったです。
ここのアイスクリームコーンも絶品でした。


              P1010596.jpg


アイスクリーム屋さんでみつけたかわいすぎる時計 1712[1]

              P1010699.jpg  










                img_90[1] img_90[1] img_90[1] おまけ img_90[1] img_90[1] img_90[1]


パドストゥへ行く途中にみつけたのどかな標識 deco49728faaae89f[1] 
飛び出してくるかもしれないアヒルに気をつけながらゆっくり車を走らせました。

              P1010494.jpg










にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                             defef637f610de00[1]
 

theme : ちょっとおでかけ
genre : 旅行

イギリス旅行記☆コーンウォール ②

先日コーンウォールへ行ったことをブログに載せましたが (こちら) はコーンウォールでみつけた素敵なヴィンテージ雑貨のお店 95[1] 95[1] 95[1]  


              P1010533.jpg


              P1010534.jpg


              P1010589-1.jpg


              P1010536.jpg


              P1010537.jpg


探していたT.G.Green社のコーニッシュブルーの陶器はみつけられませんでしたが、海辺の街らしい海にかかわるかわいいものがたくさんありました。








                1869[1]1869[1]1869[1]  おまけ  1869[1]1869[1]1869[1]


              P1010593-1.jpg



こちらはコーニッシュ・ピスキーと呼ばれる、イングランド南西部のサマーセット、デヴォン、コーンウォールなどに生息されるといわれる妖精のキャンディー 93[1] 93[1] 93[1] 



言い伝えによると髪は赤く、鼻は上を向いており、やぶにらみの目は緑色で、いつも緑の服を着ているそう。
困っている人、正直な人には気付かれないように手助けをするといわれるものの、イタズラ好きで、旅人を迷わせたりもするようですが、その場合は上着を裏返しに着ればよいそうです。
またピクシーは群れで生活し、踊りが好きなので、夜に虫やカエルの鳴き声に合わせて輪になって踊る、といわれており、現在は菌類の発生によって草にできる「菌環」と呼ばれる現象だと解明されたものの、草の葉などに残された環状の模様をこの土地の人は長い間「Fairy Ring(妖精の輪)」と呼びピクシーが輪になって踊った跡だと信じていたそうです。






にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                0a4d3ef4d8378926[1]

theme : ちょっとおでかけ
genre : 旅行

ぺチャの命日

今日、8月2日は友達「ぺチャ」の命日です。


       flowers-field[1]




ぺチャがいなくなって何年かはぺチャの不在が悲しくて仕方がなかったけど、それは今も少しもかわらないけれど、ここにいてくれたら、と思うことが何度もあるけれど、

でも今はそれ以上に、ぺチャがいないことになれてしまっていることに心が痛みます。




人は大切な人を失った喪失感から悲しみますが、 もしかしたらそれは、いつかそれを忘れてしまうであろうことをわかっているからこそ、それを心にとめようと、少しでも心に刻み込もうとして悲しむのかもしれません。




毎年このブログに書いているけれど (こちら) 、ブログに書くことで、たとえ一瞬だったとしても今年も「ぺチャ」が命日にいろんな人の心のどこかで生きることができたら、と思います。










にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                 e9cae33f7b489ef2[1]
 

theme : 生きること
genre : 心と身体

07 | 2011/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。