スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイスクリームグラス

現在日本に一時帰国中 2879_d[1]
1年半ぶりの日本を満喫しています。
昨日も美容師と看護師の道に進んだ高校の時の友達と遅くまで楽しい時間を過ごしました。
久しぶりに会ったのにふたりとも変わってなくて、でも幸せそうで、たくさん力をわけてもらったような気がします。



ところで一時帰国前に買ったのがこちら 1918[1]
近所のチャリティーショップでみつけました。


             P1020932.jpg



色もきれいだったのですが、決め手はこの部分 2482_d[1]


             P1020928.jpg



もっとぽってりした小ぶりの淡いピンクのアイスクリームのアイスクリームグラスを捜索中 3439_d[1]
なかなか思い描いているようなものに出会えずにいます。
この子はちょっと大き目のサイズなのでどんな風に使おうか検討中。
現在いい匂いのするキャンドル入れになっています。











にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                            ac31b3245f836c90[1] 
スポンサーサイト

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

スーパーでみつけたおいしいもの☆

73e0329ca60ef4c0[1]              kgwlhmmv9457310.gif PRETZEL  kgwlhmmv9457310.gif



最近はまっているのが↓↓↓ プレッツェル 667765[1]


             P1030557.jpg



北米ではスナックタイプのプレッツェルが一般的ですが、ドイツではベーグルのような生地を用いてパンのように柔らかく焼き上げたものが一般的で、どちらも同じPretzel(プレッツェル)の名称が使われています。
どちらもすきですが、イギリスのスーパーマーケットででよくみかけるのは写真のようなスナックタイプのものです。



プレッツェルの起源ははっきりわかっていないようですが、語源はその形が腕くみをしたような形をしていることからラテン語の Bracchium 「腕」 に由来しているようです。
腕くみをしているようにも見えますが、ハートのようにも見えて素敵です。



ポテトチップスやクッキーを食べるより罪悪感が少ない(笑)



  










にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                             1b3a0f53d44264a6[1]

theme : おいしい☆
genre : グルメ

Hornsea

Hornsea社の製品のデザインにはすごく好き嫌いがあるのですが、気に入ったデザインがあったので購入しました1863[1]
 


Hornsea社は1949年にイギリスはヨークシャー地方のHornsea(ホーンジー)という港町にできた小さなメーカーですが、イギリスではとても人気のあったテーブルウェアメーカーだったそうです。
イギリスのメーカーでありながら、北欧を意識したデザインが特徴です。
ところが不況の憂き目にあい、1988年に惜しまれながら閉鎖されました。
Hornsea社閉鎖してしまった現在はヴィンテージコレクタブルとして注目を集め、日本でも人気のあるメーカーのようです。



こちらは1973年に製造されたFleur(フルール)というパターンのカップとソーサー 95[1] 95[1] 95[1] 
Hornsea社独特の立体エンボス製法が使われており、お花の部分が凹凸になっています。
優しい色使いがされているところがすきです。

             P1030070.jpg



こちらは1973年にデザインされたTapestry(タペストリー)というパターンのカップとソーサー 95[1] 95[1] 95[1] 
こちらにも立体エンボス製法が使われているので織物らしい質感になっています。
内側と外側は微妙に色が違うのですが、どちらもきれいな水色が使われています。
このパターンが1番すきかも。
ハンドル部分がなければちょっとお湯呑みみたいで、意外とほうじ茶とかにも似合いそうなデザイン。

             P1030073.jpg



調べてみたらこのふたつは Sara Vardy という同じデザイナーが手がけたものだったことがわかりました。
どちらのパターンも6客ずつ購入しました。
日本ではけっこうなお値段で売られているようですが、日本で取り扱われている1客分のお値段で6客を手に入れることができました。

ティータイムが楽しくなりそう 
1893[1]
 












にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                               imagesCA683P2M.jpg

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

クリスマス・カクタス

新しくうちに来た子 95[1] 95[1] 95[1]



         christmas_cactus[1]



シャコバサボテンというのが一般的ですが、クリスマスの頃に花が咲くことからクリスマス・カクタスともいうそうです。
濃いピンクの花が咲くそうです。

枯らさずに一緒にクリスマスを過ごせるかな。











にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                   images[2] (3)

theme : サボテン・多肉植物・観葉植物
genre : 趣味・実用

運命の出会い☆ということにする

以前ブログに載せた (こちら) 買わなくて後悔したミッドウィンター社の「BLUE ALPINE」に再会しました。



1962年〜1975年にイギリスで製造されたちょっとサイケデリックでいかにもミッドセンチュリーな柄です。
「BLUE ALPINE」というその名前の通り高山植物がモチーフになっています。
そしてソーサーにつや消しの不思議な色のブルーを組み合わせてくるセンスがすごいなぁと思います。

            P1020896-1.jpg



というわけで買っちゃいました deco~otomedojo~34[1] 
しかも4客で9ポンド(日本円にすると1200円くらい)という破格で。



1910年にイギリスの陶磁器メーカーの集まる街、ストークオントレントに設立されたミッドウィンター社は第二次世界大戦後人々が目指した明るく、平和で豊かな生活とミッドウィンター社の提案する作風がマッチしたことやJessie Tait(ジェシー・テイト)、Hugh Casson(ヒュー・カッソン)、Terence Conran(テレンス・コンラン)らのデザイナーの起用もあって一躍有名陶磁器メーカーとなったものの、その後次第に衰退し、1970年にウェッジウッドグループの傘下に加わりました。
1987年まではミッドウインターの名前で製品が作られてはいたものの惜しまれながら同年に工場が閉鎖され、ミッドウィンター社の歴史はここで幕を閉じることとなりました。

そんな今はもうない会社のものだからこそ大切に使いたいな、と思います。













にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                 thumbnailCAENYDIR.jpg 


theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

Wimbledon カーブーツセール

土曜日に開催されるWimbledon のカーブーツセールへ行ってきました。



ウィンブルドンスタジアムというドッグレース場の駐車場で開かれるこのカーブーツセールは規模こそ大きいものの質は全然よくなくって、お洋服や日用品を扱うストールばかりでアンティークやヴィンテージを扱うストールはほとんどありませんでした。ウィンブルドンという地区に期待していったので正直がっかりしました deco~otomedojo~315[1]



そんな中で今日の唯一の戦利品はこちら 95[1] 95[1] 95[1]
インテリアとしてキッチンに置いたらかわいいかなと思って購入したSalter社の計量器。
3ポンドで購入しました。
ヴィンテージじゃないのかもしれないけどいいかんじに使い込まれた感があって気に入っています。

             P1020636.jpg   



ウィンブルドンのカーブーツセールはハウスクリアランス業者のような一般家庭や企業の引越しなどで出た どうしようもない 不用品の運搬から廃棄までを請負う業者の出すストールが多かったように思います。
ひび割れた食器だとか使いかけのケチャップだとかが売られていて闘争心が萎えました(笑)



ところが時計が12時をまわったころ、その業者のひとつが突然
「もう帰るからみんな適当に持って行っていいよ、どれも無料でいいから早く持って行って!」 となげやりなオファー 寛大なオファーがあったので買いたいとは思わないけどあってもいいかな、と思うようなものをいくつかもらってきました。



業者のおじさんがくれたもの 95[1] 95[1] 95[1] 


アンティークショップでみかける度に気になっていたガラスの容器。
ゼリーだとかババロアだとかを入れる型のようです。
アンティークショップだとだいたい8ポンド前後で売られています。
高さ9cm 型の大きさ15x9cm とけっこう大きいのでなかなか使うチャンスがありませんが、この涼しげなガラスの型にゼリーを作ったら素敵だろうなと思います。

             P1020654.jpg



こちらはパンチの効いたブルーの鉢。
友達から分けてもらった多肉植物を植え替えようかなと思っています。

             P1020674.jpg



もうひとつゴールドの鉢。
青の鉢と喧嘩しそうなのでどうやって使おうか画策中。

             P1020679.jpg



そのほか小さいサイズと中くらいのサイズの透明なパイレックスのボールとカラーで挿絵の入った新品同様の鳥の図鑑をもらってきました。



今まで行った中で1番魅力的じゃなかったカーブーツセールだったものの、皮肉にも1番大きな荷物を抱えての家路となりました。







にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                            imagesCAAU8RHQ.jpg

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

素敵カフェ☆Emporium Tea Room

Muswell Hillというエリアにある「Emporium Tea Room 」というカフェへ行ってきました。
メインストリートからはなれた所にあるのでちょっと隠れ家的なかんじのする素敵なお店です。




かわいらしいケーキの看板が目印です。

             P1020708.jpg




ここも 「Shabby Chic」 がコンセプトになっていてポットやお皿に不揃いのヴィンテージが使われ、キャスキッドソンのファブリックでかわいくまとめられていました。


             P1030042-1.jpg


             P1030044.jpg




それぞれのテーブルにお花が飾ってあるのもかなりポイントが高いです。

             P1030049.jpg




メニューは素朴でブリッティシュなケーキがほとんどでしたが、どれもおいしそうでした。
すべてホームメイドだそう。

             P1030006-1.jpg




私はアールグレイの紅茶とバナナケーキをいただきました。
バナナケーキはしっとりもっちりしていてすごくおいしかったです。
どうやって作ったのか知りたいくらい。
後から来た友達が頼んだスクオッシュのスープもやさしい味がしておいしかったです。

         P1030015.jpg




3段のアフタヌーンティーもやっているそうですが、事前の予約が必要だそう。
カフェに隣にはヴィンテージ中心の雑貨のお店も併設されています。
女の子ならきっとうっとりする空間です。

             P1030025_20111012085401.jpg


             P1020997.jpg

             P1020994.jpg

             P1020996.jpg



裁縫や編み物のワークショップも定期的にここで開かれているそうです。
またひとつお気に入りのカフェが増えました。








            1736[1] 1736[1] 1736[1]  おまけ  1736[1] 1736[1] 1736[1] 


ドア好きの私としてはこのカフェのドアノブが気になりました。

             P1020707.jpg











にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆





 








theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

ドア☆53

街で出会う色とりどりのドアに惹かれます。
まるで絵の具のパレットみたいです。


今日みつけたのはこのドアたち。 95[1] 95[1] 95[1]



              door 53-0



このドアはコロンビア・フラワーマーケットの近くでみつけました。
 
              P1020495.jpg  



ライオンやゾウほど多くはないものの、ヤギのドアノッカーもけっこういろんなところでみかけます。

              door 53-8





              door 53-7



色違いのヤギのドアノッカー☆

              door 53-6





このピンク色のドアは Bayswater といういわゆるB&Bとよばれる格安ホテルがたくさんあるエリアでみつけました。
ドアのそばにちょこんと座っているのはここの看板娘。
すごく人懐っこくて、サービス精神旺盛な?かわいいおばあちゃんネコちゃんでした。

              door 53-1











にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆
 

                                  10771193_1547546997[1]


theme : 住まい
genre : ライフ

ピンクのがま口サイフ

先日偶然辿りついた素敵なブログになんと!私のブログがリンクされてました。
ブログはゆるゆるやりたいと思っていて、なるべくブログ間のしがらみにかかわらないようにマイペースにやってきただけだったのでリンクしてくださってる方がいたのは嬉しかったです。



ところで、久しぶりに行ったプライマークでみつけたピンクのがま口さん 3378_d[1]
欲しい物が何もみつからなくって、帰ろうとしたときにみつけました 1865[1] 


         P1020811.jpg


小銭入れにしては少し大きめのサイズです。
しかも £2.5 という安さ。
大きさを比較するために i-phone を並べてみました deco49728faaae89f[1] 
どんな風に使おうかな、と考え中。









にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                ac041f08bec9a582[1]

theme : 財布
genre : ファッション・ブランド

ポートベローでみつけたかわい子ちゃん

ロンドンではここ数日、真夏日のような暑さが続いています。
こんな風に晩秋から初冬にかけて夏の様に暖かくなる事を英語では 「インディアン・サマー」 というのだそうです。
諸説はいろいろあるみたい。
日本語では「小春日和」がそれにあたります。




日本から遊びに来てくれた友達が行きたいというので久しぶりにポートベローマーケットへ行ってきました。
最近はカーブーツセールの方が面白くってすっかり足が遠のいてしまっていたポートベローでしたが、観光地化されてしまっているのは否めないものの、それなりに楽しかったです。
知名度のわりにお値段が良心的なお店が多かったことも、ちょっとポートベローを見直しました。


             P1010172.jpg



「BOOKS FOR COOKS」 というお料理本の専門店の前でかわい子ちゃんに遭遇 img091012045149_1_d[1]
(写真を撮る前にちゃんとこのかわい子ちゃんのママに許可をとりました)


             P1010175.jpg


             P1010176.jpg



「BOOKS FOR COOKS」 はそんなに大きなお店ではありませんが、世界中のお料理の本が取り扱われていて、その数は8,000冊以上にも及ぶそうです。
日本食の本もたくさんあって嬉しくなりました。



そして本屋の奥には「テスト・キッチン」と呼ばれる小さなカフェスペースがあって、お料理本のレシピの中から、日替わりでランチメニューやケーキが作られるそうです。
料理本を出版したシェフが実際に新作を作ることもあるそう。
またお店の2階はお料理教室になっており、平日の夜や土曜日にお料理・お菓子教室が開催されているそうです。


             P1010177.jpg



なんとかわい子ちゃんのママはこのお菓子教室の講師のひとりだそうでこの日はお店の前でアイシングできれいにデコレートされたクッキーを販売していました。



この本屋さんのお向かいはノッティングヒルの恋人という映画のモデルになった旅行専門書店です。
以前ブログに載せた旅行専門書店の方をご覧になりたい方は (こちら) をどうぞ☆












にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                thumbnailCAK5YG8P.jpg

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

09 | 2011/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。