スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Enamel Flour Bin☆

買っちゃいました deco4a782b115d229[1]   ホウロウ製の小麦粉入れ deco4a782b115d229[1]


              P1030577.jpg



探していたのは Bread Bin だったのですが、みつけたのは Flour Bin です。
蚤の市やアンティークマーケットでずっーと探していたものの、いまいち思い描いていたものをみつけられずにいましたが、とうとう出会っちゃいました。 
大きさも、色も形もフォントも自分の好みにぴったり image031.gif   



高さ30cm、直径25cmと中くらいの大きさ。
小麦粉入れではありますが、ジャガイモやタマネギ入れとして使っています。










にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                 437866db9139e962[1]

スポンサーサイト

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

メリーポピンズのグラフィティ

先日東ロンドンをぶらぶらしているときにみつけたグラフィティー。
以前にブログに載せたもの (こちら) も素敵でしたが、今日みつけたものなかなか素敵です。
ふつうのメリーポピンズじゃなくて顔にモザイクがかけてあるところがなんとなくコンテンポラリーで東ロンドンだなぁ、と感じます。

               
        Graffiti_MaryPoppins(1)[1]


ちなみに今日は雨の上に強風だったのであやうくメリーポピンズみたいになりかけました。








にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                               17f392ce20e8d2e6[1]

theme : ロンドン
genre : 海外情報

小さなチーズ専門店☆

チーズの匂いに誘われて Muswell Hill という地区でみつけたかわいらしい小さなチーズの専門店。


            P1020705.jpg


チーズ専門店らしくこんな看板が掲げられていました。


            P1020701.jpg


店内はこんなかんじ。
主にイタリア産のチーズが取り扱われているそうです。


            P1020702.jpg



常連さんらしき人がお店の人と挨拶を交わしながら量り売りのチーズを買っていくところに出くわしました。

スーパーで何でも手に入る時代だけど、チーズを買うためにわざわざこういう小さな専門店に出向くってことが「粋」なことだな、と思いました。











にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                  thumbnail[3] 

theme : こんなお店行きました
genre : グルメ

Figgjo ☆ Lotte

以前ブログに載せた (こちら) ノルウェーのFiggjo(フィッギオ)社による 「マーケット」 シリーズを手がけたのと同じデザイナーによるカップ&ソーサーを 6客 みつけました2437_d[1] 



こちらは「ロッテ」というシリーズ 95[1] 95[1] 95[1]
青、紫、オーリーブグリーンの三色の色鉛筆で描いたみたいな優しいタッチがすきです。
ティーポットやミルクジャグなどこのシリーズの他のテーブルウェアも集めたくなってしまいました。
Figgjoシリーズの中でも人気がある理由がわかるような気がします。


              P1030219-1.jpg


              P1030220-1.jpg


「Lotte」は多分この女の子の名前。
シャーロッテ (Charlotte) の愛称なのだそう。
全然関係ないけれど、日本の大手製菓メーカー、ロッテの社名は由来もたくさんの人に愛される会社になりたい、という想いから、ゲーテの「若きウェルテルの悩み」という小説の中で、みんなから愛される女性として登場するシャルロッテという小説の登場人物の名前から「ロッテ」とつけられたそう。









にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                  9522dda0e8f639eb26bd2f313413a96d[1]


theme : *可愛い雑貨たち*
genre : ライフ

素敵カフェ☆Candid Café

ここは Angel という地下鉄の駅のすぐ裏手という便利な立地にあるのに隠れ家的な感じがするのが気に入っていて、近くにある Sadler's Wellsシアター に行くときによく待ち合わせ場所として使っています。


             P1000983.jpg


ギャラリーや、貸しアトリエ等を含む Candid arts trust の建物内にあるカフェで、入り口からカフェに辿りつくまで不思議な構造になっています。
Candid arts trust はアートとアート教育の促進、そして卒業後1年以内の新進アーティストやデザイナーに展示の場を与えることを目的としているそうです。
お客さんの中には関係者と展示の打ち合わせをしている人もいました。


             P1010065.jpg


             P1010061.jpg


             P1010069_20111226024756.jpg



建物の中にはカフェスペースの他に展示スペース、ギャラリー、アーティスト用のアトリエや、会議やイベントなどを行える貸しスペースも備えているようです。
小さいけれど中庭もあります。


             P1010063.jpg


             P1010058_20111226015042.jpg




雰囲気はとても素敵で落ち着くのですが・・・・


ご飯がまずい・・・ 2735_d[1] のが難点。



メニューの種類も少ないのですが、たくさん作り置きしておいたものを温めて出す感じで、卵の殻のかけらが入ったすごく水っぽいキッシュを食べてからはここではいつも飲み物だけにしています(笑)
みるからにハズレな・・・


       P1010066.jpg



食もアートとして改良してくれたらいいのに。










にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                   images[4]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

ドア☆56

街で出会う色とりどりのドアに惹かれます。
まるで絵の具のパレットみたいです。


今日みつけたのはこのドアたち。 95[1] 95[1] 95[1]



全体的なレイアウトが素敵なこのドアは Muswell Hill というエリアでみつけました。
同じようなドアがいくつもあったのでお家ができたときからあったオリジナルのドアなのかな、と思います。

              door 65-2


 
このドアは Bounds Green というエリアでみつけました。
写真からもみてとれると思いますが、修復の途中のようです。
こんな風に古いものに手を加えながら大切にしていく、という考えが素敵だな、と思います。

              door 79-1



次の青い色のドアは、世界有数のお医者様がクリニックを構えることで有名なHarley Street という名医街でみつけました。

              P1020799 - Copy - Copy



リアルでちょっと怖い、トラみたいな変わったドアノッカーがついていました。
ドアノブがユダヤ教あるいはユダヤ民族を象徴する六芒星に似ているので、もしかしたらユダヤ人のお医者様が開業するクリニックなのかもしれません。
ドアも青いし。

              P1020794.jpg


              P1020795.jpg



六芒星は、2つの三角形が合体した形であることから 「相対するエネルギーの調和」 という意味をもつそうです。(陰と陽だとか、男性と女性だとか)
六芒星について調べてみたら、 「日ユ同祖論」 という 「日本人とユダヤ人は共通の先祖を持つ兄弟民族」 という面白い説をみつけました。 (こちら)
強引なものもありますが、天皇家に関わる共通点、ヘブライ語と日本語の3000語以上の類似、伊勢神宮の参道にある灯篭に六芒星が彫られていること、祇園祭りとシオン祭りが同じ日であること、平安京が古代イスラエルの聖地エルサレムに酷似していること、などこじつけとして簡単に片付けてしまえないような指摘も多く、興味をもちました。




似たようなドアノッカーをみつけました。
これをみるとライオンのようにみえます。

              3360776711_bd71b79bb0[1]


                                                   
              3361593226_ff98c547f5[1]




ドアを通していろんな知識やものの考え方を学んでいるような気がします。
「ひきだし」に例える人が多いけど、私にとっては自分の中にもっとたくさんのドアを持って、ささやでも人生に彩りを添えていけたらいいな、と思います。

















にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                   1ecd39b99bd49850[1]


theme : 住まい
genre : ライフ

おひとりさまティーセット☆

最近買って気に入っているのがこちら 771_d[1] 
ポットとカップが一体になってデザインされている「ティーフォーワン」というタイプのかわいいティーセットを
みつけました。


             P1030129.jpg



ポットの下にカップが重なっているのでポットに紅茶をいれて、茶葉を蒸らしている間にカップも温まって、とても合理的です。


             P1030133.jpg


             P1030131.jpg


サーモンピンクの色やゴールドで縁どりされているところ、小さすぎず大きすぎないぽってりしたデザインも気に入っていますが、重ねて置けるので収納場所をとらない優れものでもあります。










にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                 imagesCA30LD05.jpg

theme : *可愛い雑貨たち*
genre : ライフ

おりこうさん

今日お店の前でひたすら飼い主さんの帰りを待つワンちゃんをみつけました 2668_d[1]



           untdditled.jpg



飼い主さんしかみえない3378_d[1] なかんじがかわいすぎ。
リードなしでもお店の中にいる飼い主さんをじっとみて吼えずにちゃんと外で待っていたおりこうさんでした h10_p[1] 











にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                              d72065b4f59ffc5e[1]

theme : 犬のいる生活
genre : ペット

ニューイヤーズパレード 2012

kado2-4[1]あけましておめでとうございます  kagami1-1[1]   



今年はニューイヤーズパレードを観に行ってきました deco~tounyutounyu~28[1] 
毎年世界中から集まったダンサーやパフォーマー、マーチングバンドなどを含む、1万人以上の参加者がロンドン中心部を練り歩くパレードです。
全長約3キロのルートには50万人を超えるの見物客が集まり賑やかでした。。
今年はオリンピックの開催を控えているほか、女王陛下の即位60周年の年でもあるので例年以上の華やかさが期待されていたものの、あいにくの雨 2735_d[1]

ロンドンらしいといえばロンドンらしい幕開けなのかもしれません。




雨が降ってきたので早々に引き上げてしまいましたが、パレードの様子はこんなかんじ。


             P1030486.jpg


             P1030516.jpg



個人的にはこの馬が結構すきでした。


             P1030500.jpg
   

             P1030488.jpg


             P1030496.jpg




ヘンリー8世とアン・ブーリンだそう。

             P1030497.jpg


             P1030520.jpg




中でも渋くてかっこよかったのがこのおじさんたち  95[1] 95[1] 95[1]


             P1030494.jpg


             P1030491.jpg


「Perly King(パーリーキング)」と呼ばれる人たちでスーツ全体にパールボタン(貝ボタン)を装飾したコスチュームに身を包んでいるのが特徴です。




起源は1875年にまで遡ります。
ロンドンの下町の孤児院で生まれ育ち、道路清掃員として働いていたヘンリー・クロフトという人が自分よりも不幸な境遇にある人々を助けることはできないかと、募金活動を始めたことがきっかけだといわれています。
当時市場の行商たちの間でボタンやズボンの裾、帽子の縁などに貝ボタンをあしらうことが流行していたようなのですが、ヘンリーはマーケットの掃除をしながら拾い集めた貝ボタンを自分のジャケットやパンツや帽子のあちこちに縫いつけました。
たくさんの寄付を集めるためには街の名物となり、人々から注目を集めることが必要だと感じたヘンリーのパフォーマンスでした。




その後ヘンリーの活動に賛同した人々がヘンリーに習って、それぞれに思い思いの衣装を手作りし、ヘンリーの活動を手助けし今に引き継がれているそうです。











にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                    68859b4c9443fbbc[1]

theme : イギリス生活
genre : 海外情報

12 | 2012/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。