スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国会議事堂の名称変更

ロンドンの観光名所として知られる英国会議事堂の大時計(正式名称クロックタワー、愛称ビッグベン)のある塔が、在位60年を迎えたエリザベス女王の功績をたたえて「エリザベス・タワー」と改名されることに決まりました。



今日って4月1日だったっけ?と思わず確認してしまいそうになるほど、エイプリルフールのジョークみたいなお話かと思いきや、ヴィクトリア女王が在位60年を迎えた際にもウェストミンスター宮殿の西側の塔が従来の「キングスタワー」から「ビクトリアタワー」に改名されているのだそう。



              Big_Ben_free_pictures_London_01[2]


事前の世論調査で改名に賛成したのはわずかに30%と名称変更に反対を唱える声が多い上、「ビッグベン」としての知名度が高いため新名称が今後どの程度人々に浸透するのかは不透明だという見方が強いものの、デービッド・キャメロン首相ら多くの国会議員が時計塔の改名に賛同する署名をしていたことを受け、英議会下院の委員会で27日までに了承されました。





「・・・ 微妙 2735_d[1] 」 










にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                thumbnailCAT310QS.jpg   
スポンサーサイト

theme : イギリス生活
genre : 海外情報

東ロンドンでみつけた不思議なお店

ずっと気になっていた東ロンドンはべスナルグリーンというエリアにある
「The Last Tuesday Society」というお店へ行ってきました。     
外観はこんな感じ 95[1] 95[1] 95[1]  


            P1000039.jpg
  


店の壁にはきれいな蝶や昆虫の標本が、店内には動物の剥製が所狭しと置かれています。
鹿やバッファローなどの壁掛けになる首だけの剥製の他にワニやベンギンや白くまの剥製までありました。
仕切られた奥のスペースは動物の骨格標本ばかりが展示・販売されていました。
これらは全て売り物だそうでちゃんと値段がつけられていました。


       IMG_0777[1]



入場料2ポンドがかかりますが、地下にもスペースがあり、「The Little Shop of Horrors」というお店のうたい文句にぴったりの不思議でちょっと気味の悪いものがミュージアムさながらたくさん展示・販売されていました。
(どういうガイドラインで値つけをしているのか興味があります)


            P1000027.jpg


            P1000038.jpg


            P1000035_20120627085700.jpg


            P1040565.jpg


            P1040573.jpg




これは人魚のミイラだそう。
ちなみに「Made in Japan 」笑
昔日本はこういうのをたくさん作っては西洋へ輸出していたようです。

            P1000028.jpg




他にもエイリアンのホルマリン漬け、アマゾンのヒバロ族がこしらえた人間の干し首、ゾウの足、おまじないの道具など・・・
本物と明らかに想像上のものを模造したものだとわかるものなど(そのどちらともよくわからないものが大半を占めているのですが)グロテスクで不思議なものを集めたエキセントリックなお店です。



人によって好き嫌いがきっとはっきりあわられると思いますがブラックユーモアがわかる方には面白いので是非足を運んでみてください。










にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                  0b9d5a820d46885a[1]

theme : イギリス生活
genre : 海外情報

ゴーストバイク

街を歩いていると時々交差点などにとめられた白い自転車をみかけます。
この白い自転車はゴーストバイクと呼ばれ、2003年に米国はミズーリ州セントルイスで始まったといわれています。




お花で飾りつけがしてあったりと様々ですが、共通して言える事は乗り手がもうこの世にいないこと。



            P1000065-001.jpg



自転車に乗っていて事故に遭い、亡くなってしまった人を追悼するものとしてだけでなく、事故現場に設置することで事故が起きた危険スポットであることを 他のライダーに知らせ、注意を促すための意味も込められているそうです。




現在では20カ国以上の都市で、被害者の遺族や友人、サイクリストコミュニティーのボランティアなどによって自転車に優しい街づくりを求めるべく、ゴーストバイクを設置する運動が世界中に広まっていっているようです。











にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                             17091346_2636262910[1]    

theme : イギリス生活
genre : 海外情報

エリザベス女王のグラフィティ

大英博物館の辺りをお散歩していたときにダイアモンド・ジュビリーのときに描かれたであろうエリザベス女王のグラフィティをみつけました。
再建設中のビルを覆う壁に大きく描かれていました。


             P1000199.jpg


             P1000201.jpg


「God Save the Queen 」という事実上のイギリス国歌となっている歌(法律で制定されているわけではない為)のタイトルをもじったものだと思うのですがかなり人目をひいていました。

コーギーまでいるし(笑)



このグラフィティーは「Mr Brainwash」というアーティストの作品なのだそう。
この「Mr Brainwash」、もともとはただのカメラマニアだったのですが、バンクシーの作品に惚れこんだ結果、絶対に顔はださないという条件のもとバンクシーのドキュメンタリー映画の作成にまでこぎつけた人物です。
ただその映画のあまりのできの悪さにがっかりしたバンクシーが逆にこのカメラマニアを主役にした映画を作ることになったそうです。



また「アーティストにでもなって個展でもひらいてみたら?」というバンクシーの冗談のようなアドバイスを真に受け、アーティストになってしまった、という面白い経歴の持ち主です。
作品の良し悪しは賛否両論あるものの、メディアの動かし方が上手く、目下グラフィティーアーティストとして活躍中です。









にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                 image[7]

theme : イギリス生活
genre : 海外情報

蝶の標本

蝶の標本が好きで(誰よ、悪趣味って思った人! 笑)フラットのあちこちに飾っています。
最近買ったものの中で素敵な出会いがありました。


             P1040353.jpg



アンティークの古い標本なのですが、「Heliconius congener」というペルーの蝶のようです。


             P1040357.jpg


ドクチョウ属の蝶で、その名の通り体内に毒を持ち、まずい味がするので鳥などに捕食されにくいそうです。
幼虫のときに食べた植物に含まれる有毒成分を体内に蓄積させているのだそう。
鳥などはドクチョウを捕食すると嘔吐し、二度と捕食しないそうです。








にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                 reginae[1] 

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

素敵カフェ☆Fazenda

おいしいコーヒーが飲みたいなぁと思いながらペチコート・レーンのあたりをうろうろしているときにみつけたカフェ。
お店のガラス越しでやたらニコニコしている濃い顔の人の良さそうなおじさんに惹かれて引き寄せられたかんじ。
看板も店名も書いてなかったので(開店している気配もなかった!)最初はカフェだと思いませんでした。


               P1040524.jpg



お店の中に入ると麻の袋に入ったコーヒー豆が産地別にたくさん並んでいてコーヒー専門店らしいこだわりがかんじられます。
お店のウェブサイトによるとイタリアはローマの約60km南にあるFiuggiという街の家族経営のコーヒー焙煎業者によって経営されているのだそう。  
昔ながらの薪を使ったハンド・ロースト製法で煎られたコーヒーがこのお店の自慢です。


               P1040522.jpg



私が行った時には素朴なケーキが4種類くらいおいてありました。
全てオーナーの奥さんの手づくりだそうです。
平日はケーキだけでなくちょっとしたおかず系デリが並ぶそうです。




この人がガラス越しでやたらニコニコしていたオーナーのおじさん 95[1] 95[1] 95[1] 
一緒に行ったイタリア人の友達とおじさんの話がはずみ、ケーキをサービスしてもらいました2482_d[1]
なにやら男同士熱く語っていて、そりゃ異国で暮らしてたらつもる話もあるわな、と思っていたらフェンシングの話をしてたみたい。
あくびが出そう(笑)

               P1040521.jpg




コーヒーも濃厚でとってもおいしかったけれど、イタリアの田舎町を思わせるお店の内装や気さくに話しかけてくれるオーナーの人柄で素敵なコーヒーブレイクになりました。










にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                              thumbnail[5]    

theme : こんなお店行きました
genre : グルメ

ROAのウサギ

先日「ROA」という大きな動物のモノクログラフィティを多く残しているベルギー人アーティストの巨大なハリネズミのグラフィティについて載せましたが (こちら)  このウサギのモノクログラフィティもうちの近くで発見しました。95[1] 95[1] 95[1]


             P1000053.jpg


作風が独特ですぐ「ROA」だってわかるから何だかみつけると嬉しい 01_02_15_13005347[1]







にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                             thumbnailCAJUFUJC.jpg 

theme : アート・デザイン
genre : 学問・文化・芸術

Girly CupCakes Weekend

「ささっと手際よくカップケーキを焼けちゃう」おもてなし上手さんになるべく、大好きなさとちゃんと一緒に週末はカップケーキ作りに励みました。



スポンジはプレーンだけじゃなく、バナナを生地に入れたもの、アールグレーの紅茶の葉を生地に練りこんだものと3種類作りました。
上に乗せるクリームにもこだわってバタークリームとクリームチーズを使ったものと2種類つくりました。


かなり満足なできばえ 1712[1]



            P1000150.jpg


食用色素を使ってクリームにそれぞれ色をつけ、家にあったものを適当にトッピンクとしてかわいくデコレーションしていく過程が1番楽しかった 1863[1]
 


しかも 2668_d[1]


勢いに乗ってスコーンまでつくちゃった。95[1] 95[1] 95[1]  


            P1000152.jpg



この日摂取したカロリー 496_d[1] のことはおいておくとして、すごくおいしくできました。
お菓子作りにはまりそう。



あとはお洒落なフィリングのサンドイッチを極めて、この夏のうちに3段のケーキスタンドで本格的アフタヌーンパーティーを開きたいなぁ、なんて密かに計画中。









にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                 image[6]    

theme : 手作りお菓子
genre : グルメ

「Off with their heads! 」

おうちから歩いて5分の所にあるコロンビアフラワーマーケットでみつけたダイアモンド・ジュビリーの落書き。


             P1000014.jpg


「Off with their heads!'(首をはねておしまい!)」 なんて不思議の国のアリスに出てくるトランプの女王の言葉が添えられていました。



ちなみに不思議の国のアリスのお話は一説によると世界中で聖書の次によく読まれている本だそうで、当然日本でも翻訳出版されたようなのですが、明治時代に丸山英観氏により訳された「不思議の国のアリス」は 「愛ちゃんの夢物語」 というタイトルだったそうです・・・・・

この丸山英観氏にかかるとあの有名な「フランダースの犬」のネロの名前も清、パトラッシュは斑(ぶち)となります・・・・・



当時の外国文学の翻訳の慣習にのっとり、登場人物名が日本人に置き換えられているとはいえ、何だかちょっと笑えます。










にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                             d4c0d797927ecd4a[1]
  

theme : イギリス生活
genre : 海外情報

ダイヤモンド・ジュビリー熱冷めやらず

タイトル通りダイヤモンド・ジュビリー熱冷めやらず、オイスターカード(SuicaみたいなICカードのこと)もジュビリー限定仕様にかえちゃいました。


             P1000109.jpg


近くで見るとこんなかんじ。
 

             P1000103.jpg



もう普通のを持っているからどうしようかな、と思っていたら駅員さんがデータをそっくりそのまま新しいカードの方にトランスファーしてあげるよ、と言ってくれたのでこのジュビリー仕様のものに変えました。
駅員さんによっては、やってくれないところもあるようです。(←イギリスっぽいなぁ)

25万枚の限定発売だそうです。









              deco~otomedojo~727[1]  deco~otomedojo~727[1]  おまけ  deco~otomedojo~727[1]  deco~otomedojo~727[1] 

地下鉄だってダイアモンド・ジュビリー仕様 95[1] 95[1] 95[1]  


        7300483954_87a5bb55e3_o[1]


このかわいらしいデザインは一般公募から選ばれたチェスター在住の10歳の女の子のものなのだそう。







  

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                    687328e2de1c5ae8[1]

theme : イギリス生活
genre : 海外情報

05 | 2012/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。