スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素敵カフェ☆Dalston Eastern Curve Garden

おうちから二駅ほど歩いたところにある 「Dalston Eastern Curve Garden」 へ行ってきました。


        P1010950.jpg



この地域に住む住民の手によって2010年7月にオープンしたこのカフェはかつて Dalston Junction Station と North London Line をつないでいた Eastern Curve鉄道 の廃線跡を活用したコミュニティ農園を兼ねています。


             P1010953_20120828101001.jpg

             P1010956.jpg



植物を寄付したり、廃材を持ち寄って農園の屋根や椅子・テーブルなどの家具を製作するなど、住民たちの草の根の工夫と努力によってこのコミュニティー農園は創設されました。
農園の運営も、地域のボランティアによって行われているそうです。


             P1010951.jpg

             P1010955.jpg



そして創設以来地域住民のコミュニケーションの場として活用されています。
子ども向けの料理教室や大人を対象とする食育講座などが定期的に開催されているほか、毎週土曜日はボランティアが集まり農園内の植物を手入れするガーデニングが実施され、作業が終わった後には、農園で収穫した野菜やハーブを使ったランチを楽しむのだそうです。
カボチャやズッキーニなどが元気に育っていました。


             P1010952.jpg


Farm じゃなくて Garden という名前がついているように規模はそんなに大きくないけれどこんな施設がコミュニティーにあったらいいな、と思えるような場所でした。
もうすぐコンサバトリースペースもできるみたい。
ボランティアの人たちが一生懸命作業をしていました。








  

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                   7f1d49872700e7e0[1]


スポンサーサイト

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

パブ巡り☆The Hole in't Wall

少し前のことですが湖水地方はウィンダミアに行った時にみつけた素敵パブ「The Hole in't Wall」
1612年の創業でこの辺りで1番古いパブなのだそう。



私が行った時はちょうどこのパブの400周年!にあたる日でお店の常連さんたちが中世の時代のコスチュームを着て集まり、お祝いをしていました。
パブで働いている人たちまで中世の時代のコスチュームを着ていました。


            P1000605.jpg


            P1000607.jpg


            P1000608.jpg


            P1000609.jpg



400年の歴史を感じさせるパブの内装もとても素敵でした。
天井は低く、ビームと呼ばれる梁がめぐらされていて、暖炉があって。
動物の剥製もたくさん置いてありました。
しかもこの日はパブの400周年ということもあって椅子代わりに干草がおいてありました。


            P1000636.jpg

            P1000633.jpg

 


パブの外では水を入れたバケツにりんごを浮かべ、手を使わずにりんごを口でくわえて隣のバケツに移した数を競うゲームをやっていました。
こういうゲームのことを「 ダック・アップル (Duck Apple) 」というのだそう。


        P1000677.jpg


        P1000683.jpg


        P1000665.jpg



イギリスのりんごは日本のものよりずっと小ぶりではありますがなかなか難しそうでした。
十字軍の騎士とヘンリー8世の隣りで教皇と修道士が仲良くお酒を飲む姿はなかなか面白く、一緒に写真をとったりしてとっても楽しい時間を過ごしました。

こんな風にして地元の人に愛されて続いてきた400年なんだろうな、と思いました。








にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                               f42727ddf13e4188[1]  

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

素敵カフェ☆Crimson Heart Cafe

ショーディッチにある「Crimson Heart Cafe」というカフェに行って来ました。
先日ブログに載せた「The Book Club」 (こちら) のすぐ近くにあるカフェです。



一階部分がヴィンテージのお洋服、アクセサリー、キッチン雑貨を販売するショップに、地下スペースがカフェになっています。

お店はこんな感じ 95[1] 95[1] 95[1] 

              
             P1010037.jpg

             P1010039.jpg

             P1010042_20120820094545.jpg
 



お店の壁には1階も地下スペースもこんな風に雑誌や新聞が貼られていました。


             P1010035.jpg

             P1010047_20120820094544.jpg



カフェスペースはこんな感じ。
Shabby chic というよりはレトロな感じにまとまっていました。

             P1010031.jpg

             P1010032.jpg



お花が生花じゃないことや紅茶がティーバックなのがちょっとがっかりでした。

             P1010024.jpg

             P1010028_20120820094619.jpg


最近ロンドンのお洒落カフェのトレンドになりつつあるヴィンテージテイストを取り入れた遊び心いっぱいの洗練されたカフェにはあと一歩足りない感じはするものの、照明をおとした落ち着いた雰囲気の中でまったりすることができました。









にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                images[1] (5)

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

またまたROA

先日ブログに載せた (こちら) ROA の新しいグラフィティをみつけました。


             P1010926.jpg


何ていう名前の動物かはよくわからないけど、独特のタッチだからすぐ ROA だとわかります。
サイズもわりと大きくてインパクトがあり、遠くからでもよく目立っていました。



最近会社から家まで歩いて帰るようにしているのですが、オールドストリートとショーディッチの間はグラフィティがたくさんあって面白いエリアです。



その日の気分で遠回りをしてみたり、近道を探してみたり、ひとつ手前の角で道を曲がって知らないルートを通ってみたり。
そうやって小さな発見に出会うことが楽しくて家までの道のりがあっというまです。








にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                         87f1fe956f22572c[1]

theme : アート
genre : 学問・文化・芸術

Gifts of the Olympic Gods

テムズ川沿いを散歩した後、ウォータールー駅の近くを歩いていたらこんな面白いイラスタレーション・アートをみつけました。


        godsshot[1]


「Gifts of the Olympic Gods」というタイトルがついたアートのひとつで、オリンピックの神々がギフトとして投げ落とした砲丸投げの球なのだそう。
直径が3mもあります。
本当に空から落ちてきたように衝撃で地面が割れたような工夫までされています。
他にも槍投げや弓と矢のインスタレーションもあるみたいです。










にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                  hgv.jpg

theme : ロンドンオリンピック
genre : スポーツ

オリンピックその後

予想以上のメダルラッシュに沸いたイギリスですが、金メダルをとった人の出身地やゆかりの地で郵便ポストが金色に塗り替えられています。


            gold3[1]


イギリスでは1874年以来ずっと 「ポストの色は赤」 という風に決まっていましたが、イギリスの郵便会社 Royal Mail は、金メダリストの記念切手発行だけでは飽き足らず、こんなユニークな方法で金メダル獲得を祝福することにしたようです。



Royal Mail 担当者は「これほど多くの金メダルがとれるとは予想しておらず、塗る方も大忙しです」とコメント。
イギリスのこういうところ、けっこう好きかも。
 こちら のサイトで金色のポストを探すことができます。
地図上のポストをクリックすると、どの選手にゆかりのあるポストなのか、どこにあるのかも表示されます。



この先パラリンピックも開催されますし、来月にはロンドン市内でイギリス選手団を祝福するためのパレードも計画されており、お祝いムードはしばらく続きそうです。










にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                      b4c098dba86436fe[1]

theme : ロンドンオリンピック
genre : スポーツ

マラソンの応援

楽しかったオリンピックがとうとう終わってしまいました。
交通機関だとかも当初多くの人が懸念していたほどの混乱もなく最後まで無事に終わったように思います。
ちょっとイギリスを見直した☆



先週の日曜日の女子マラソンに引き続き、昨日は男子のマラソンの応援に行ってきました。
女子の時のような土砂降りでのスタートではなく、快晴のお天気に恵まれたことやオリンピック最終日だったこともあってか沿道はかなりの人で埋め尽くされていました。



コースの関係上同じところを選手が3回も通るので観ている方としては何だかちょっとお得なかんじがしましたが(笑)、こういう周回コースは五輪では初めてなのだとか。
しかもちょっとした坂や石畳、直角に曲がるカーブなどがあって選手にとっては総合的にみてあまり理想的なコースではなかったようです。



選手が戻って来るまでの間は近くのパブでお約束の一杯。
パブに設置されているビッグスクリーンの方でもちろんレースの状況をチェック。


             P1010676_20120814095042.jpg



日本の女子の結果は本当に残念でした。
結構早い段階で先頭集団から引き離されてしまい、木崎選手が16位、尾崎選手が19位、重友選手は79位結果に終わりました。
ポーラ・ラドクリフは選手は欠場だし、日本人のご主人を持つイギリス代表のマーラ・ヤマウチ選手のことも応援していたのですが、彼女は8km付近で棄権してしまったそうです。
国外ともにスター選手のいない何とも華のないマラソンレースでした。


             P1010685.jpg

             P1010686.jpg



選考会でいい成績を出し、日本代表として選ばれて出場した3選手なのだということはよくわかっているつもりなのですが、メダルは無理でもせめてひとりくらいは入賞してほしかったなぁという思いは拭いきれません。




そんな中で男子は中本選手が6位と大健闘しました。
最初はそうでもなかったのですが、どんどん順位を上げていったのにはびっくりしたし観ていて面白かった。


             P1010886.jpg

             P1010899-001.jpg



藤原選手は私のかわいい甥っ子と同じ名前なのと(字はちょっと違う)経歴が面白かったので注目していたのに、中本選手とは逆にどんどん順位が下がっていってしまったのが残念でした。

             P1010900.jpg  

 









こんな傘の機能がついた帽子の人がいて面白かった。

             P1010895.jpg







にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                   runner-female[1]

theme : ロンドンオリンピック
genre : スポーツ

なでしこ☆

昨日はウェンブリースタジアムで行われたオリンピック女子サッカーの決勝を観戦してきました。
絶対なでしこが勝ち進んでくると信じていたのでオリンピックチケット発売と同時にこの決勝のチケットを購入していました。


ほぼスタジアムの真ん中、前から7列目のお席だったのでなでしこ達の間の掛け声が聞こえるほどピッチに近く、臨場感たっぷりの中観戦することができました。



             P1010715_20120811005905.jpg



これは試合前のウォーミングアップをしているところ。
ほら、澤さんがすぐそこに。

        P1010726.jpg

        P1010734.jpg



決勝の対戦相手は宿敵アメリカ。
声がかれるくらい一生懸命応援しました。

             P1010756.jpg




後ろの席に座っていたドイツ人の親子も一所懸命日本を応援してくれてすごく嬉しかった。
7歳くらいのフェリックス君という男の子で、クラスメートの中で1番仲良くしている子が日本の子だから僕は日本を応援しているんだよ、って。
「ティーポット!」「ティーポット!」と声の限り叫んでお母さんから「違うわよ、みんなはニッポンって言ってるのよ」とつっこまれていたのに一緒に行った友達と爆笑、癒されました。
ありがとう。



感動した、といいたいところだけどもうずっとドキドキ・ドキドキして試合が終了した途端に疲れてぐったりしてしまいました(笑)

       P1010785.jpg



試合が終わってしまえばもう敵も味方もなく、ただ笑ってお互いの健闘を讃えあうだけ。
日本戦で負けたブラジルの監督みたいにみっともないことは言いたくない。
結果が全てだと思うから。

             P1010833.jpg




ただその銀色がくすんでしまうのか、銀以上に輝くのか、ここで銀メダルをとったことでこの先彼女たちがどんな風に変わっていくかがすごく楽しみ。

        P1010822_20120811005904.jpg




あの日、あの時、あの場所にいられたことに感謝。










にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                8fbc692b72c53f2a[1]

theme : ロンドンオリンピック
genre : スポーツ

素敵カフェ☆The Book Club

紹介をするのも今さらなShoreditchで人気のカフェThe Book Clubに行ってきました。
うちから近いのでよく行くカフェですが、クラブイベントになったりアートの展示場になったり、映画の上映会が開かれたりと幅広いイベントが行われる賑やかなカフェです。



入ってすぐのスペースもとてもすきです。
たくさんの植木鉢が壁に。


           P1010013_20120805100927.jpg



店内はユニークな作風のアーティストの作品を1〜2カ月ごとに展示しているのですが、展示替えの度に壁を白く塗り直して新たな絵を描き重ねているのだそう。
今回私が行った時は多分時期的にもオリンピックがテーマになっていると思われる展示になっていました。


           P1000989_20120805100820.jpg

           P1010004_20120805100926.jpg

           P1000999_20120805100819.jpg



ラテが濃厚でおいしかった。

           P1000983_20120805100821.jpg
 



こんな風に壁がくり抜いてあったり、ピアノが置いてあったりと空間の使い方が上手いなぁと感心するばかり。
壁いっぱいにポストイット(日本語で何と言うのか忘れた)みたいなのが貼ってあってカラフルでした。
お店の中に遊び心が溢れていて展示がかわる度にわくわくします。


           P1000994.jpg

           P1000981.jpg

           P1010006.jpg



一階の奥の部屋は卓球台が置いてあっていつも誰かしら遊んでいるのに今日は誰も使っていませんでした。
ラケットもこんな風にしたらアートみたい。


           P1000975.jpg




地下スペースはそんなに広くありませんがスヌーカーテーブルもおいてあります。


           P1010007_20120805100925.jpg



オリンピック期間中は道路を挟んだお店のお向かいにある駐車場スペースに大きなスクリーンが設置されていて観戦を楽しむことができます。
ストリート・キッチンという屋台が出ていたりとても賑やかでした。









にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                  pingpong.jpg    

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

Underdogger と ぺチャの命日

昨日は先日ブログに載せた通り (こちら) またまたオリンピック女子バレーの日本戦の応援に行ってきました。
午前中だけ会社からお休みをとっていたので日本戦しか観られないかなと思っていたのですが、素晴らしいことに日本がドミニカ共和国を相手にストレート勝ちしたのでその後のロシアvsアルジェリア戦も観戦することができました。



ロシアの選手はみんなありえないくらい背が大きくて(アバターみたいだった ユニホームも青いし 笑) 技術的にもとても優れていてミスが少なく、アルジェリアは最初っからおされっぱなしでした。
1セット目なんて7対25、時間にして17分で決着がついてしまいました。



そんな中2セット目中盤くらいから会場全体がアルジェリアを応援する雰囲気に変わりました。
アルジェアリアがサーブをする番になるとあちこちで掛け声が上がったり、アルジェリアが得点したりボールを拾うと大きな拍手や歓声や声援が沸き起こったり。



アルジェリアの選手にもきっと伝わっていたはずで、嬉しかっただろうなぁと思ったら何だかこっちまで嬉しくなりました。
予選全試合を通してもアルジェアリアがとったのはイギリス相手の1セットだけで、あえなく予選敗退となってしまいましたが、あの日観客の気持ちががあんな風にアルジェリアに寄り添ったという出来事が選手たちの心の中に優しく積もって、世界の舞台で一生懸命戦ったことがこの先の彼女たちの人生の中でメダルみたいに輝いたらいいな。



思えば、ごく平凡な普通の人たちがある局面で当たり前のようにみせるさりげない優しさをこの国に来てずいぶんとたくさん見てきたように思います。


         c0021891_4114926[1]




今日、8月2日は友達「ぺチャ」の命日でした。
あれからもう6年が経つなんて。
今さら何を言ったところでしょうがないのはわかっているけれど、生きていくことはそんなに捨てたものじゃないよ、ってあの日のぺチャに伝えられたらいいのに。



たくさんの人がぺチャのお墓参りにいってくれていたら、と思う。
あれでけっこう淋しがりやなところがあった人だから。



毎年このブログに書いているけれど (こちら) 、ブログに書くことで、たとえ一瞬だったとしても今年も「ぺチャ」が命日にいろんな人の心のどこかで生きることができたら、と思います。











にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                               imageCA8T2NTG.jpg

theme : ロンドンオリンピック
genre : スポーツ

07 | 2012/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。