スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイヤーキング☆デザート ボウル

大好きなファイヤーキングのピンク色のフルーツ/デザート ボウルを3つ買ってしまいました。


             P1030512.jpg


「Pink swirl(ピンク スワール) 」というシリーズです。
翡翠色のファイヤーキングはたくさんあるけれどピンク色をみつけたのははじめてでした。
透明感のある繊細なピンクなのでデザート入れにぴったりです。


この「Pink swirl 」は1949~1962年にかけて製造されたシリーズで、白鳥の羽がモチーフになっているそうです。
ゆるく大きなうねりがあり、ふちの部分が丸くきれいにカットされているのが特徴です。

ピンクのティーセットも欲しいなぁ。







にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                   4194bc2753fbce26[1]


スポンサーサイト

theme : 最近のお気に入り
genre : 趣味・実用

素敵カフェ☆Violet

「Violet」というカフェに行ってきました。
カウンシルハウスの立ち並ぶ住宅街の中にぽつんとある隠れ家的素敵カフェです。


             P1030368.jpg



入ってすぐのところにノスタルジックなガラスケースがありおいしそうなケーキが並びます。


             P1030384.jpg

             P1030378.jpg

 

長い間大切に使い込まれてきたようなレトロなテイストの家具を上手にとり入れたインテリアはすごく居心地が良くていつまでも長居してしまいそうでした。


             P1030377.jpg



グランドフロアの一角がオープンキッチンのようになっていて、ガラスケーキに並ぶおいしそうなケーキたちは全部ここで作られています。
ふたりの女性スタッフが一生懸命に次から次へといろんなケーキを作ってました。
2枚目の写真はフラップジャックというオートミールを使ったお菓子を作っているところ。


             P1030408_20130212073047.jpg

             P1030386.jpg



私が行った日は不在でしたがこのお店でケーキを焼くClaire Ptak さんは人気レストラン Ottolenghi のコラムの仕事もしているフードスタイリストだそうでここのケーキがおいしいと評判なのもなるほど、納得です。


2階にもゆったりとすることのできるスペースがあります。
2階の雰囲気はこんなかんじ。
標本の収納に使うような引き出しのたくさんついたキャビネットだとか温かみのある古い家具たちが使われていていたり、カリンの実やレモンがディスプレイしてあって、きれいな黄色がお店のインテリアのアクセントに使わていたりとあちこちにお手本にしたくなるさりげないセンスが光っていました。
 

        P1030389.jpg



アールグレーの紅茶を頼んだら南部鉄瓶みたいなのに入って出ててきました。


            P1030405_20130212072845.jpg




焼きたてのケーキの匂いのするカフェで素敵なインテリアに囲まれて、「その焼きたてのケーキをひとつくださいな、」なんて言えたらそれはなんて贅沢だろう。






にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                         2ed88a62b201c91c[1]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

お気に入りガジェット☆ミルクフローサー

2月19日は私の誕生日でした。
ガジェット好きな私に友達が誕生日のプレゼントとしてくれたミルクフローサー 95[1] 95[1] 95[1]
ピストルの形をしています。


             P1030497_20130218103041.jpg


これがあればおうちでも簡単にふわふわミルクの本格的なカフェラテやカプチーノを作ることができます。 
コーヒーはすきだけどミルクがないと飲めないのでとってもうれしいプレゼントでした。 


組み立てたらこんな感じ2482_d[1]
何だかジェームス・ボンドみたいな気分になって(笑)、我が家の「Solar Queen、エリザベス2世」と写真を撮ってみました。
以前ブログに載せた「Solar Queen、エリザベス1世」をご覧になりたい方は (こちら) をどうぞ。

   
       P1030494_20130218103041.jpg


「Solar Queen」というその名前の通り、女王の持つ黒いハンドバックの部分がソーラーパネルになっており、コンセントも電池も衛兵交代式もいらず、半永久的に手を振り続けてくれます。
このラベンダー色の服を着たのはダイヤモンドジュビリー限定バージョンです。



ちなみにいただいた誕生日のケーキはの中で1番かわいかったのがこちら 1863[1]


            P1030567_20130221094937.jpg


大好きなファイヤーキングのお皿を使ってます。






にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                               thumbnailCAVWH70I.jpg

theme : 最近のお気に入り
genre : 趣味・実用

黄色いエナメル製のポット☆

ずっと探していた理想のポットに出会いました 2730_d[1]
 

             P1030447.jpg


スウェーデンの人気メーカー、KOCKUMS(コクムス)社製のもので、こういう全体的にぽってりと丸みのあるフォルムのポットが欲しいなあと思っていてやっと出会えました。
色も私が欲しかった黄色!
しかも新品みたいに状態も良好でした。



KOCKUMS(コクムス社)はスウェーデンで1893年に創業したホーローメーカーです。
キッチン用品はもちろんのこと、耐食性や耐摩擦性、非吸着性など琺瑯の特性をいかしてシンクや病院設備など様々な分野で活躍し、1930年代に最盛期を迎えたものの安価で大量生産が可能なプラスチック製品などの勢いにおされ、1970年代には惜しまれながら製造終了となってしまいました。



世の中の発展によって新しい素材から新しいものがつくりだされ古きよき時代のものが失われていくのはとっても残念なことです。



もう今は製造されていないメーカーのものだからか日本では15000円くらいするみたいです。







にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                  thCAG2P67L.jpg
  

theme : 最近のお気に入り
genre : 趣味・実用

白くまのボリス

ちょっと前のことになりますがスローン・スクエアで大きな大きな白くまをみつけました。


            Boris-the-Bear[1]



Adam Binderというアーティストによって作られたこの白くまは高さが3.6メートルもあり、実物のホッキョクグマと同じ大きさなのだそう。
青銅製で重さは700キロもあるそうです。
絶滅の危機に瀕した動物たちの窮状へ意識を高めるために1月14日から4週間という期間限定で置かれていました。




除幕式にはロンドン市長ボリス・ジョンソンの父親であり、熱心な環境保護活動家としても知られるスタンレー・ジョンソン氏が参加しました。
だからなのかこの白くまの名前も息子と同じ「ボリス」



こんな白くまを設置したところで絶滅の危機に瀕した動物を救えるとは思わないけれど、そのインパクトは大きくて、問題意識を投げかけるきっかけにくらいにはなったかも。








にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                  34ad8c5e0c8e2478[1]

theme : イギリス生活
genre : 海外情報

週末はヴィンテージハントへ☆

週末は友達と郊外へヴィンテージハントへ行ってきました。
普段は持って帰るのが大変なのであまり重たいものを買わないようにしているのですが、今回は友達の車で行ったこともあり、たくさんお買い物をしてしまいました。



今日一番の掘り出し物はこのパイレックスのディナーセット 1865[1]
  

        P1030428_20130211035400.jpg



写真では色が上手く伝えられないのですが、「Coral」という名前がついている通り珊瑚みたいなきれいなオレンジ色で縁がゴールドです。
こういうゴールドの縁になったデザインが好きです。




ディナーセットというだけあってグレイビーボートやシュガーボール、ミルクピッチャーなども揃ってました。
もともと丈夫なのがパイレックスのいいところでもあるのですが、どれもすごく状態がよくてまるで新品みたい。


             P1030432.jpg

             P1030437.jpg




今度フィッシュパイを作るときにはこの入れ物を使おうかな、なんて使いみちを考えだけで楽しくなります。両サイドにちいさなハンドルもついているから使い勝手も良さそう。


             P1030440.jpg



ただ、いっきにこんなに食器が増えてしまって収納をどうしましょう。困ったなぁ。







にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                df09daf0a85b2bf4[1]

theme : インテリア・雑貨
genre : 趣味・実用

素敵カフェ☆FARM SHOP

「FARM SHOP」というカフェに行ってきました。
大きくカフェという看板が出ていないので友達に教えてもらうまではどんなお店なのかわからないままいつもお店の前を通りすぎていました。


        P1030326.jpg



店内はカフェというより実験室みたいな空間ですが、常に水の流れる音がしてすごく癒されます。
ただこの水は癒し効果を演出するためのものではなく、ちゃんとこのお店のリサイクルシステムの一環として機能しています。


        P1030328_20130208091819.jpg



このお店のリサイクルシステムがまた素敵で、お店に置かれている魚の水槽の水を植物に与えることによって水に含まれる栄養素が植物が育つための助けになり、育った植物が店内の空気をきれいにするのだそうです。
屋根から壁一面に吊るされたプランターは、上から順に、すべての作物に水が行き渡る仕組みになっています。


             P1030332.jpg

 

ここのカフェでサーブされるサンドイッチやサラダには実際にカフェのリサイクルシステムで育ったレタスやハーブが使われるのだそうです。
販売もされていました。
水槽の中にいる「Nile tilapia」という種類の魚も食用だそうで、味や食感は鯛に似ているそうです。


             P1030335.jpg



小さいけれどカフェの後ろにお庭もあり、ニワトリが3羽いました。
温室にもテーブルがあり、ここでお茶をすることもできるようになっていました。


             P1030350.jpg

             P1030365.jpg



2階にはミーティングルームとして使われるスペースがあり、ここでもそれから2階に続く階段でも限られたスペースを有効に使って植物が栽培されています。


      P1030360.jpg



こういう機能的なのにデザイン性にも優れた空間がすきです。
都会で生活する人々に向けて部分的自給自足を取り入れたライフスタイルを提案するワークショップやイベントなどが毎週月曜日に開催され、地元コミュニティとの交流の場としても活用されているそうです。
壁を拡大するとこんな感じ。


             P1030356.jpg


カフェのコンセプト「WORK・EAT・PLAY・FARM」に納得です。
誰もが昔学校でならった自然の法則の実践をこの小さなカフェでみることができます。
知っていたけれど実際に形になったところをみるのはとても面白く、お気に入りのカフェになりました。









にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                  0a3aa1f9d0c01072[1]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

ドア☆65

街で出会う色とりどりのドアに惹かれます。
まるで絵の具のパレットみたいです。


今日みつけたのはこのドアたち。 95[1] 95[1] 95[1]



Mayfair でかっこいいライオンのドアノッカーをみつけました。
ドアとのバランスをみていただくとわかると思いますが、かなり大きなドアノッカーです。


              door 66-2




              door 66-7





こちらのドアには魚のドアノッカーがついてみました。
このタイプのドアノッカーはライオンのドアノッカーと同じくらいよくみかけるポピュラーなドアノッカーです。
凝ったつくりが素敵だったので角度を変えて写真を撮ってみました。
何ていう名前の魚なのかは不明。
青いドアがまるで海みたいで魚のドアノッカーがよく映えます。


              door 61-7


              door 61-9


              door 61-8

 


これは魚ではありませんが、海つながりでいえば、こんな珍しい「くじら」のドアノッカー↓↓↓なんかもあります。
シンプルでモダンなつくりですがちゃんとギザギザの歯がついているところなどけっこうこういうデザインがすきです。
握り心地もよさそう。


              3089799956_3d64f4f845_o.jpg

             












             

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                             e6bd9383bdf84c9c[1]


theme : 住まい
genre : ライフ

01 | 2013/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。