スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス旅行記☆Arundel

仲良くさせてもらってるブルーバッチガイドさんにロンドンから2時間くらいで行けるイギリスらしいかわいらしい街に行きたいのだけれど、と相談したところすすめてもらった「Arundel 」という街へ行ってきました。



「Arundel 」の街並み
この写真を撮った後入ったアンティークショップでみたロッキングホースに心を奪われ、買うか買わないか迷っていた為(笑)、街並みの写真を撮るのをすっかり忘れてました。


           1-P1080876.jpg



Arundel はロンドンから南東へ80kmくらいのところにあるウエスト・サセックス州の城下町。
Arundelは丘に横たわる街なので、あちこち坂道でいい運動になりました(笑)
丘の上にはこの街のランドマークでもあるArundel城がそびえ、なかなかの景観でした。
小さな荒廃した城跡みたいなのを想像していたのにとっても大きくて保存状態の良い立派なお城でした。


      1-P1080878.jpg


Arundel城の歴史はノルマン・コンクエスト時代までさかのぼるものの、現在のお城は18世紀に修復されたものだそうで、保存状態の良さに納得です。
このお城は現在もThe Duke of Norfolk(ノーフォーク公爵)の住まいとなっています。
このノーフォーク公はDukeの中でも最高位のDukeだそうで、The State Opening of Parliament(議会開会式)の取り纏めなども務める伝統ある家柄なのだそう。



チケットは4種類に別れており、値段によって見学のできる場所が決まります。
せっかく来たのだからと全部みることのチケットを購入しました。
お城の中はマネキンが置いてあったりして当時の様子が再現されています。



ノーフォーク公爵の住まいとなっているだけあって、素敵な壁紙のはられたベッドルームには洗練された家具がおかれていたり、ちょっと東洋的なテイストがアクセントに取り入れられたライブラリー、ビリヤードの部屋などお部屋がたくさんあってお城というよりはマナーハウスを改築したホテルのように感じました。
今も現役の居城というのがすごいなと思います。



兵士が武器庫でお城を守っている所があったのですが、私がそのエリアに入っていったらマネキンのそばにしゃがみこんでいた小学生くらいの小さな女の子が急いで逃げて行ったので、いたずらでもしてたのかなと思ってみてみたら。


            1-IMG_8354-001.jpg


バンドエイドしてあげてたみたい deco~otomedojo~1333[1]  
兵士が負傷してて痛そうにみえたのかな。
バンドエイドが発明されたのは1920年のことで(知ってた?)、この兵士がいた時代にはまだバンドエイドはないけんだけどね。


            1-IMG_8355-001.jpg


展示物に触ってはだめだとか道徳的な見方もあるけれど、こういう優しい心をいつまでも忘れずにいてほしいな、と思います。



「The Collector Earl's Garden」 という Arundel城のエキゾチックで素敵なお庭についてはまたあらためてたくさんの写真と一緒に次のブログに載せようと思います。







にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                               th_201405290958200f7.jpg    
スポンサーサイト

Chelsea in Bloom

今年も世界最大の花の祭典、チェルシーフラワー・ショーが開かれました。
この時期会場近くのスローンスクエアというエリアでは「Chelsea in Bloom 」と題して、この界隈に軒を連ねるお店が、たくさんの生花を使ったディスプレイでショーウィンドウを飾ります。
RHS(Royal Horticultural Society)によって優勝店が選出される、れっきとしたチェルシーフラワーショーの一環イベントです。



今年の優勝は Kate Spade New Yorkでした。
派手でインパクトは強かったのですが私個人的にはあんまり好きなディスプレイではありませんでした。



私のお気に入りは「Moyses Stevens」というこのお花屋さん。

    1-P1080947-001.jpg



お花屋さんだけあって色遣いが素晴らしかったです。
「Moyses Stevens」は1867年創業の老舗のお花屋さんで、王室御用達になっているほどそのクオリティーの高さに定評があるのだそう。

            1-P1080943.jpg

            1-P1080950.jpg



これは「J Crew」による「JCrewv Loves Bees」 キャンぺーンの一環。

            1-P1080951.jpg



JCrewvはスローンスクエアにロンドン第4店舗目を作るにあたって蜂を始めとする都市における昆虫の生態系を守ろうとする取り組みを始めました。
だから JCrewv の外観もこんな感じ。
マーケティング戦略のひとつだとしてもこんな風に都市緑化に貢献する企業がこれからも増えていくといいのになぁと思います。


    1-P1080936-001.jpg



不動産屋さんのこのカラフルな長靴のディスプレイもなかなかでした。

            1-P1080924.jpg

            1-P1080922.jpg







にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                 yjimagen (1)   
  

theme : 花と生活
genre : 趣味・実用

素敵カフェ ☆ Issy's Milky Way‏

日が長い上、お天気のよい日が続いたので外で過ごす時間が増え、最近ずっとブログが全く手につきませんでした(笑)


行ったのはもうずいぶん前のことなのですが、エンジェルでみつけたアメリカンな素敵カフェ。
ヴィンテージショップやお洒落なカフェが集まる Camden Passage にあります。
ヴィンテージというよりは50'sとエルヴィスがテーマになっています。


            1-P1050923.jpg

            1-P1050925.jpg



カフェの中はこんな感じ。
ピンク × 水色 がテーマカラーになっていてかわいかった☆
ピンクのジュークボックスまでありました。


            1-P1050926.jpg

            1-P1050928.jpg



カフェの中にあるものたちがかわいすぎてめちゃくちゃツボでした。
ほとんどのものがオーナー自身によって集められた、思い入れいっぱいのものなのだそう。
こまごましたおもちゃやレトロな雑貨、かわいいパッケージに入ったアメリカのお菓子などが上手くディスプレイされていてわくわくする空間でした。


            1-P1050930.jpg

            1-P1050927.jpg



50'sの音楽が流れる中、カフェで働いている人の髪型まで50's風になっているこだわり様 01_02_15_13005347[1]


            1-P1050921.jpg



パフェをオーダーした人のがとっても素敵でした。
パフェや飲み物の他にペイストリーの種類も充実していて、どれもおいしそうでした。
おすすめはホットドッグだそう。


            1798584_679936408724926_648858908_n.jpg






              1863[1] 1863[1] 1863[1] おまけ 1863[1] 1863[1] 1863[1]

            
1-P1050933.jpg


エルヴィスの腰から下の部分が振り子になっていて左右に動くのが面白い時計。
他には「Kit-Cat Klock」というネコの時計もあって、販売もされていました。(欲しかった!)

こういうオーナーのこだわりやセンスが光るお店っていいな、と思います。








にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

Petersham Nurseries

ちょっと前のことですが、日本から遊びに来てくれた友達を連れて行きたくて、Petersham Nurseriesへ行ってきました。
「Nurseries」というのは種や苗から植物を育てるガーデン・センターのこと。
入り口の所にこんな風に素敵にお花が飾ってあってありました。
このディスプレイの仕方をみただけで中への期待が高まります。


            1-P1080571.jpg


屋内と屋外にカフェスペースがあって植物に囲まれながらお茶や食事が楽しめます。
これは外のカフェスペース。
外でお茶をするには少しまだ少し風邪が冷たかったので中でお茶をすることにしました。


            1-P1080575.jpg



これは中のカフェスペース。
セルフサービスになっています。
温室になっているので暖かく、たくさんの自然光を浴びながらジャスミンの香りのする温室の中でお茶をしました。
レモンのケーキとエルダーフラワーのケーキを友達と半分ずつにしました。
エルダーフラワーのケーキははじめて食べましたがどちらも素朴な焼き菓子という感じで、でおいしくいただきました。


      1-P1080573.jpg

            1-P1080609.jpg

            1-P1080595.jpg

            1-P1080610.jpg



こっちはレストラン。
混まない時間帯を、と思って午前中に行ったのでこの時レストランはまだ準備中。
好きなように写真を撮らせてもらうことができました。



インドみたいなエキゾチックな雰囲気がインテリアにとりれられていました。
ここも温室になっているので自然光がたくさん入ります。
ガーデンセンターで採れたハーブや、自家菜園で採れた野菜を使った新鮮な料理が食べられるのだそう。
しかもとってもおいしいと評判です。


            1-P1080602_201404230737253cf.jpg

            1-P1080598.jpg

            1-P1080596.jpg 



レストランやカフェ以外にガーデニング用品、本、アンティーク雑貨を扱うショップがあり、お洒落なインテリア雑誌でとり上げられているような洗練された空間になっていました。
どこも下が土の床なのが何だか新鮮。


            1-P1080588.jpg

            1-P1080589.jpg

            1-P1080592.jpg

 
いくつかのディスプレイの仕方はうちでもまねしてみたいな、と思いました。
いつも東ロンドンばかりで遊んでるから西もなかなかいいじゃないと思わせられた一日でした。






にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                               download.jpg  

theme : 花と生活
genre : 趣味・実用

パリで買った紅茶 ☆ Russian Earl Grey

ロンドンでは売っていないので (これ) と一緒にパリに行ったら必ずいくつか買って帰るもののひとつがこの紅茶。
「Russian Earl Grey」


           1-P1080869.jpg



特別な紅茶じゃなくてどこのスーパーでも買える Lipton のものだけれど、フランスじゃないと売ってないみたい。
普通のティーバッグじゃなくて、ガーゼみたいな布のサシェに入っています。
個包装はされておらず、箱に20包無造作に入っています。



「Russian Earl Grey」というだけあって、クーポルという玉ねぎ型をした屋根が特徴のロシア正教会の教会がパッケージに描かれています。
どこが「Russian」なのかはわかりませんが、普通のアールグレイよりものみやすいかも。








にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                               yjimage (3)

theme : 美味しかった♪
genre : グルメ

ブーゲンビリアと日曜日

バンクホリデーの日曜日はコロンビアフラワーマーケットに行ってきました。



マーケットでみかけたこのストリートアーティストたちの演奏がとてもよかった。
すごく不思議なメンバー構成だったけれど。
お天気がよかったのでマーケットに来ていた人たちがみんなおひさまの下、好きなところに座って思い思いに音楽に聞き入っているのがいいなぁと思いました。


      1-IMG_8238.jpg



本当はテーブルに飾るためのラナンキュラスかペオニーを買おうと考えていたのですが、結局買ったのはまたまたブーゲンビリア。
大好きな花のひとつです。
今回はちょっと小ぶりのものにしましたが、しっかりと添え木がしてあって育てやすそう。



           1-P1080874.jpg



ブーゲンビリアという名前も響きも好きです。
18世紀後半、ブラジルのリオデジャネイロでこの植物を発見したフランス人探検家の「ブーゲンビル」の名前に由来するのだそう。





にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                     image.jpg

theme : 最近の出来事。。
genre : ライフ

鳥の集合住宅☆

日が長くなったのが嬉しくて会社帰りに散歩を兼ねて遠回りをして家に帰った時にClerkenwell でみつけました。
Clerkenwell はけっこう好きなエリア。



木に何かくっついてるなぁと思ったら鳥さんたちの集合住宅になってました。


           1-P1080861.jpg


近くで見るとこんな感じ。


           1-P1080863.jpg


「Secret Garden Project 」の一環として地元の市会に依頼され、London Fieldworks のアーティストたちによって2011年にデザイン、設置された「Spontaneous City in the Tree of Heaven」という作品。
公園に生息する鳥や昆虫、無脊椎動物のための「棲息地」として機能することを目的に作られたこの作品は近隣の集合住宅にヒントを得てデザインされたのだそうです。



入居待ち殺到、な感じではありませんでしたが(笑)面白いなと思いました。







にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                   yjimage (2)
   

theme : 最近の出来事。。
genre : ライフ

04 | 2014/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。