スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Coffin Works

またまた週末はバーミンガムへ。
今回はまだ行った事のなかった Jewellery Quarter というエリアを散策してきました。



バーミンガムには、Jewellery Quarter と呼ばれる300年以上の歴史を持つ宝飾産業の盛んなエリアがあります。
Jewellery Quarter には宝石を用いたアクセサリを製作するワークショップや専門学校をはじめ、宝石をつくる為の道具、材料屋さんなど、宝石に関連する業者や機関が集積しています。
1900年頃に全盛期を迎えるも、その後は衰退の一途たどり、規模がずいぶんと縮小してしまったそうですが、今もたくさんの宝石商が軒を連ねていました。



そんなエリアの一角に 「Coffin Works」 という小さな博物館があります。
「Coffin」 は棺のこと。
Newman Brothers という棺メーカーがオープンしたのは1894年のこと。
ウィンストン・チャーチルやエリザベス女王のお母さん、ダイアナ元妃の棺もここで仕立てられるほど格式がある棺メーカーでしたが、真鍮のかわりにプラスティックが用いられるようになったり、安価な外国製の棺の台頭で1999年に廃業となってしまいました。



しかし何とかこの場所を文化遺産として残そうという地元の人の努力で2014年の10月に博物館として再オープンしました。
入場料は5ポンド。
ガイドによる無料の博物館ツアーに参加しました。
私たちが訪問した時は Martinさん が案内役をしてくれました。


            1-IMG_2300.jpg



まず最初に案内されたのは中庭に面した作業所。


      1-IMG_2324.jpg



ここでは棺に装飾としてつける真鍮のプレートや棺につけるハンドルが作られていました。
ロープで重しを引っ張ってメタルプレートにスタンプの要領で型をつける作業がここで行われていました。


            1-IMG_2315.jpg



型の種類もこんなに。


            1-IMG_2327.jpg



ここでは型がついた部分を切り取ってプレートにする作業が行われていました。
ガイドがを実演をしてくれました。
博物館にあるいろんなものが当時のまま保存され、今もちゃんと機能するところがすごいなぁと思いました。


            1-IMG_2310.jpg
 


2階では1階で作られたものが製品として発注される作業がされていました。


      1-IMG_2285-001.jpg

      1-IMG_2335-002.jpg



ひとくちに棺のハンドルといってもたくさん種類がありました。
デザインは一緒でも値段によって素材が違ったり。
いろんなものがガラスケースに納められているている博物館と違って実際に気になったものを自由に手にとってみることができ、歴史を身近に感じることができました。
 

            1-IMG_2339.jpg



ここは奥のオフィススペース。


      1-IMG_2355.jpg



ここも当時のまま保存されています。
上着がラックにかけられていたり、定期的に電話がなるような仕掛けがされていて、以前ブログに載せたロンドンの「Dennis Severs' House (こちら) 」に行った時のように、物語の中に自分たちだけが取り残されてしまったような不思議な感じがしました。



3階はミシンがたくさん並び、死者に着せる衣装や棺の内装に使われる布の製作がされていました。
死装束は土地柄青と白のコンビネーションもしくは臙脂と水色のコンビネーションがとても人気だったとのこと。
(理由にピンときた方がいらっしゃるかしら? バーミンガムシティーとアストンヴィラという2つの地元の人気サッカーチームの色です☆)


            1-IMG_2366.jpg



ミシンが稼動している音が音響効果として使われていたり、ミシンに縫いかけの布がおいてあったりして、まるで今でもここで人が働いているような感じがしました。



どの階もできた製品をすぐ発送できるように、この木製のエレベーターみたいなもので下の階へ運べるようになっていました。
 

            1-IMG_2353.jpg



最初に棺メーカーの博物館があると聞いたときはあちこちに立てかけられたたくさんの棺をイメージしていましたが、現在この博物館にある棺はこのひとつだけ。


      1-IMG_2357.jpg

      1-IMG_2368.jpg



博物館の中にはみたこともないようなレトロなタバコの販売機だとかタイムカードの機械もそのまま残っています。
この機械も今もちゃんと機能していて実際にタイムカードをパンチインさせてもらいました。


            1-IMG_2269-001.jpg

  

博物館そのものもとても素敵でしたが、ここで働いている人たちの知識が豊富で博物館のことをすごく大切に、誇りに思っているのがよく伝わってきました。

そういう人たちに守られて存在するタイムカプセルのようなおすすめの博物館です。







              1863[1] 1863[1] 1863[1] おまけ 1863[1] 1863[1] 1863[1]

棺に装飾するプレートとハンドルを模ったチョコレートが販売されていました・・・
いろんなこと考えるね。



      
1-IMG_2296.jpg






にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                            images (2) 
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

Hendrick's

Hendrick's というお酒のボトルがかわいかったのでハンドソープ入れとして使っています。


            1-IMG_2396.jpg


Hendrick's はスコットランドはGirvanという街でつくられているジンです。
セイヨウナツユキソウ、エルダーフラワー、レモン、オレンジピール、ジュニパー、アンジェリカルーツ、キャラウェーシード、カモミール、コリアンダー、キュベブベリーズ、オリスルーツ
の11種のボタニカル(香草、薬草、種子類)にバラの花びらのエキスやキュウリのエキスが加えられているちょっと珍しいジンなのだそう。
(下戸なので中身のお酒にはあんまり興味ないのですが)



ウェブサイトもめちゃくちゃセンスがよくて素敵☆
https://uk.hendricksgin.com/a-gin-made-oddly 



ボトルにテープをまいて市販のポンプを差しただけだけど気に入っています☆






にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                  images_20150226164743390.jpg   

theme : お酒
genre : グルメ

Pineapple のランプ☆

パイナップルモチーフがすきな私の誕生日にパートナーがプレゼントしてくれました。
Pineapple の形をしたランプ。
32cm x 22cm と本物のパイナップルよりもずっと大きなサイズです。


            1-IMG_2138.jpg



「I Pine For You (君が恋しくてしょうがない)」 というメッセージが書かれた素敵なカードが添えられていました☆

    
            1-IMG_2386.jpg






にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                           download (1)  

theme : 注目雑貨!
genre : 趣味・実用

Cereal Killer Café

殺人鬼という意味を持つ 「Serial killer」 とコーンフレークの 「Cereal」 をかけちゃってるブリックレーンに新しくできたシリアル専門店です。


       1-IMG_2024.jpg


朝食メニューとしてシリアルやオートミールのポリッジをおくカフェはありますが、シリアル専門のカフェはロンドンではじめてです。
毎日朝7時から夜10時までオープンしています。


             1-IMG_2021.jpg

             1-IMG_1942.jpg

             

カフェを経営するのは Gary さんと Alan さんというシリアル好きの北アイルランドはベルファスト生まれの出身の双子の兄弟。
小さいころから毎日食べていたシリアルが大好きだからハンバーガー店やピザ屋のように街の中にシリアルを気軽に食べられるお店があったらいいのに、というのが形になったのだそう。


       1-IMG_1944.jpg

       1-P1090887.jpg



店内には、1980~90年代に発売されたシリアルのパッケージや牛乳瓶などの他に色使いが鮮やかなアメリカのポップでキッチュなおもちゃ達がたくさん飾られ、レトロな雰囲気の中シリアルをいただくことができます。


             1-P1090876.jpg

             1-P1090877.jpg

  

地下のカフェスペースはこんな感じ。

 
       1-P1090849-001.jpg

       1-P1090868.jpg

       1-P1090847.jpg

       1-P1090873.jpg

       1-P1090860.jpg
  


これは壁にかけられていたシリアルでできた「シリアルキラー」のシリアルアート☆
左が、「羊たちの沈黙」など作家トマス・ハリスの複数の作品に登場する連続猟奇殺人犯ハンニバル・レクター、右はアメリカのテレビドラマ「Dexter」の主人公となっている連続猟奇殺人犯デクスター・モーガン。(それにしても邦題何とかならなかったのかなぁ)

       1-IMG_2008 (2)



専門店だけあって国内のみならず海外からも取り寄せられたシリアルが120種類以上も取り揃えられていました。
シリアルにかけるミルクもアーモンドミルクから豆乳まで30種類もあるそうです。
そういったベイシックなもの以外にマシュマロだとかルーツ、チョコレートなど20種類のトッピングも用意されており、好きなように組み合わせることができるになっていました。
サイズも大・中・小と選べます。
シリアルに興味がない人の為には、コーヒーやトースト、ケーキなどもありました。



私はお店の人にすすめられた「Lucky charm」というアメリカ産のオーツ麦シリアルの小を低脂肪のプレーンな牛乳でいただきました。
もともとカラフルなかわいいマシュマロの入ったシリアルですが、さらに違った食感のやわらかいマシュマロをトッピングとしてつけました。
これで3.6ポンド。


       1-P1090843.jpg


イギリス人の友達からは「シリアルに4ポンド近くも払うなんて嫌だ」という意見が多かったし、確かに少し高いかなあとは思うけれど、お店の雰囲気も含めて個人的にはなかなか気に入りました。
近々カムデンに2号店ができる予定なのだそう。





にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                  download_20150216001106fac.jpg

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

Hunterian Museum

ロンドンにある小さな博物館が好きです。
週末は以前ブログに載せた 「Sir John Soane's Museum」 (こちら) の公園をはさんだお向かいにある 「Hunterian Museum」 という博物館に行ってきました。
The Royal College of Surgeons(王立外科医師会) の2階にあります。




展示は「実験医学の父」「近代外科学の開祖」と呼ばれ、兄と共に近代医学の発展に貢献したことで知られる英国の外科医 ジョン・ハンターによって製作・蒐集された18世紀の医学に関するコレクションが中心となっています。
残念ながら、博物館内は写真撮影禁止なので公式サイトから。


       hunterian-new.jpg

       Foundling, Dickens and Hunterian Museums 026



ホルマリン漬けにされたありとあらゆる生き物の解剖学的な標本、骨格標本、外科器具などその圧倒的な数にびっくりしました。
ホルマリン漬けの標本のコレクションの数だけでも4000点を超えるのだそうです。
珍しい生物だけでなく、病気を煩った生物、奇形をもった特徴的な人をみつけては、葬儀業者に金をつかませたり、勝手にお墓を暴いて死体を手に入れたりと医学の名の下、非合法的に手段を問わず集めた物も少なくないそうです。




左側は1780年代のロンドンで大衆の注目を集めた Charles Byrne (チャールズ·バーン) という巨人症を患っていたアイルランド出身の男性の骨格標本。


             5577277.jpg


身長が240cmもあったそうです。
22歳で亡くなりました。
解剖学者たちに自分の死体を切り刻まれてしまうのではないかと恐れたバーンは、死の床で友人たちに亡骸は海に葬ってほしいと依頼したものの、結果的に彼の亡骸は500ポンドでジョン・ハンターが入手し、バーンの希望に反して現在一般公開されています。
隣の骨格標本は背骨に病気を患った男性の骨格標本なのだそう。




グロテスクなものが多いので好き嫌いがわかれる博物館だとは思いますが、いつもとちょっと違った博物館に行ってみたいという方におすすめです。






にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                   1-images.jpg   

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

Anger release machine‏

Clapham というエリアに行ったときにみつけました。
スイス人アーティスト Yarisal とデンマーク人アーティスト Kublitz のコンビが発明した?「Anger release machine」


          1-IMG_1781-001.jpg



最初に見つけたときはヴィンテージのソーサーを売っている自動販売機がある!と思ってびっくりしたのですが、 「Angerr release machine」 という文字を自動販売機にみつけてさらにびっくり。
思わず笑ってしまいました。



出てきたお皿を振りかざして勢いよくパリンと割ったらすっきりするかしら。
料金は3ポンドでした☆






にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                      images (8)    

theme : イギリス生活
genre : 海外情報

01 | 2015/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。