スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Barbican Conservatory‏

ロンドンのBarbicanセンターへ行ってきました。
バービカンは戦後復興計画によって建てられた約40エーカーに及ぶ巨大建築群。
ドイツ軍の空爆によって焼け野原となった一帯は、荒々しいコンクリートによる立体都市として再開発されました。



1950~70年代にかけて流行した「ブルータリズム」という、コンクリートを多用した近代建築はバービカン=砦というラテン語の名称が示すように灰色のいかつくて威圧的な感じのする外観が個人的にはあまり好きではありませんが、そんなコンクリートジャングルの中に秘密のガーデンがあると知って行ってみたかったのです☆



中はこんな感じ。
思っていたよりもずっと奥行きがあって広かったです。
人口の池まであって、鯉や亀もいました。


        1-IMG_2121.jpg

        1-IMG_2150.jpg

        1-IMG_2125.jpg

        1-IMG_2138_20150413055655dab.jpg

        1-IMG_2127.jpg



あんまりその存在が知られていないのかすごくすいていました。
都市の中にあるのに喧騒とはほど遠く、コンクリートの建物があちこちたくさんの植物でおおわれている様子はまるで文明が滅びた後の場所みたいで、ちょっと悲しいような切ない気持ちになりました。


    1-IMG_2144.jpg

    1-IMG_2142.jpg



一般へのオープンは毎週日曜日のみ。(イベントが開催される際は一般公開されないので、事前にウェブサイトをチェックされた方がいいかも)
温室なので雨の日の日曜日の散歩におすすめです。






にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                           imagesCA6L0EQG_20150413055815733.jpg  
   
スポンサーサイト

theme : イギリス生活
genre : 海外情報

KK Outlet @ Hoxton Square

うちからわりと近くて何度も前を通ったりしていたのに入った事のなかった「KK Outlet」というギャラリーへ行ってみました。



そしたらIan Stevensonというアーティストの「CLICK HERE TO UNSUBSCRIBE」というエキシビションが開かれていました。
けっこう好きなアーティストなのでなんてラッキーな偶然☆



ギャラリーの外に出ていたこの看板に目がとまって。
スーパーマンが 「I'm busy.Save yourself」だって。


        1-IMG_2179.jpg


Ian Stevenson は、ロンドンを拠点に活躍するグラフィックアーティスト。
作風がちょっとDavid Shrigleyに似ていますが、(Ian Stevensonの方がもう少しマイルドかも)
イタズラ描きのような絵に独特のシュールさとウィットと皮肉が込められています。



壁や路上の大きなゴミ箱、捨てられたゴミなどにまでグラフィックを描いてしまうことでも有名で描くことがとてもすきで彼にとってのライフワークなんだなと思います。




にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                                           large[1]  

theme : art・芸術・美術
genre : 学問・文化・芸術

Slinkachu

Slinkachuというお気に入りのアーティストが 「Miniaturesque」 と題したエキシビションをやっていたのでサウスケンジントンにある 「Andipa Gallery」 へ行って来ました。


    1-The-Glade-1-website.jpg



規模は小さいものの、「Andipa Gallery」はイギリスで800年以上の歴史を持つ老舗のギャラリーです。
アート市場にはプライマリーマーケットとセカンダリーマーケットというのが存在するのですが、ギャラリーがお抱えアーティストの作品をコレクターに売るというのがプライマリーマーケット。
セカンダリーマーケットというのはそのコレクターがその作品をまた別の画商を通したりオークションハウスを通したりして売買することなのですが、Andipa Galleryはセカンダリーマーケットで、Banksyのショーを最初に開催したギャラリーとしても有名です。



遊び心いっぱいだけど風刺が利いていて、おもわずクスッと笑ってしまう Slinkachu の世界観がすごくすきです。
絶妙なカメラワークとミニチュアを使って私たちの日常のありふれた風景や現象を全く異なるものに変えてしまいます。
これまでアーティストが出版してきた写真集と同じように、私たちの視線からみた景色と小さな住人たちをクローズアップしたものとが一緒に展示されていました。
作品の数は少なかったものの、ミニチュアの人の列をテムズ川にたとえて描いたロンドンの様子など、好きな作品がありました。

以前にブログに載せた Slinkachu の本についてのブログ・作風をご覧になりたい方は (こちら) をどうぞ☆






にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                              imagesCAOW721G_20150413080314ea9.jpg   

theme : art・芸術・美術
genre : 学問・文化・芸術

03 | 2015/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。