スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The house of dreams

先週末はずっと行ってみたかったStephen Wrightというアーティストの「The house of dreams museum」へ行って来ました。
East Dulwichの「Blue mountain」というカフェに行ってから気になっていたアーティスト。



East Dulwichの静かな住宅地にあるこの博物館はStephen Wright氏の自宅だった場所。
もともと文房具やテキスタイルのデザイナーをしていましたが、社会常識の枠にはまら ない独自の思想で活躍するアーティストに刺激を受け、自分もずっと残る何か実体のあるものが作りたいと、ウエストエンドのショーでコスチュームデザイナーとして働いていたパートナーのDonald Jones氏と「The house of dreams」の製作を始めました。



しかし、プロジェクトプロジェクトをはじめから2年後にDonald Jonesさんががんで亡くなってしまいます。
悪い事は重なってしまうもので、その次の年にはStephen Wright氏のご両親が亡くなってしまいました。
愛する人たちを相次いで亡くし、プロジェクトを続けていくべきかわからなくなったり、迷ったり、辛くて家にいられなかった時間を乗り越えて自分が安心できる場所を作るためにプロジェクトを再開。
2006年に新しいパートナーMichael Vaughan氏と出会ったことも製作を続けていく後押しになったのだそう。



訪問に当たってStephen Wright氏のご本人と何度かメールのやりとりをさせてもらったのですが、応対がきめ細やかで丁寧でチャーミングなとっても優しい人柄の方。
「The house of dreams」を訪れた人ひとりひとりに対して親しみを込めて接しているところが素敵でした。
もっとエキセントリックな人を想像していたのでいい意味でびっくりしました。



「The house of dreams」の中はもっとびっくりしました。
入り口のところはこんな感じ。


      1-IMG_0476.jpg

      1-IMG_0500-001.jpg



牛乳のボトルのふた、壊れた人形、ビーズのネックレス、クリスマスクラッカーのおまけ、入れば、ペンのふた、陶磁器、ブリーチの容器、めがね、おもちゃなどが壁のいたるところにモザイクのように貼り付けられていていました。


  1-IMG_0509-001.jpg

       1-IMG_0499.jpg

       1-IMG_0513.jpg

       1-IMG_0516.jpg



近くでみるとこんな感じ。


       1-IMG_0503.jpg



外観を上回るカラフルでパワフルだった中の様子は写真撮影が禁止されていたのでお見せする事ができないのが残念。



2階では「The house of dreams」の製作に関するドキュメンタリー映画を鑑賞しました。
奇抜さの中に隠れた、たくさんの想いが伝わって、こんな風に自分の子供のころの思い出や愛する人たちとの思い出を形にした人がいることにちょっとうらやましくなりました。



Stephen Wright氏のご近所さんや友人の中には愛する人たちが生前愛用していたものを「The house of dreams」の一部として保存して欲しいという人たちも少なくないのだそう。
ここだったらきっと寂しくなさそう。



Stephen Wright氏が管理できなくなった後この家はNational Trustに寄贈されることになっているのだそうです。





にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                     Triangular-Colour-Pencils-1_2_6[1]     

スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

Galette des rois(ガレット・デ・ロワ) 2016

ちょっと前のことになりますが、今年の「Galette des rois」は今年はお友達カップルをランチに招いて一緒にお祝いをしました。
今年もペイストリーはLaduréeのものにしました。


      1-P1100386.jpg



地方ごとに少しずつ異なるそうですが、最も一般的なものはアーモンドペーストの入ったパイの中に1つだけ「フェーヴ」と呼ばれる小さい陶器の人形が入っていて、切り分けられた自分のピースにそれが入っていれば「当たり」。
パイを買うともらえる紙の王冠をかぶって「ロワ・ド・ジュール(rois de jour 今日の王様)」としてみんなから祝福されます。
フェーヴを引き当てた人は幸運が1年続くのだそうです。



お友達のエマにフェーヴが当たりました☆
今年のフェーブはこんな感じ。


      1-IMG_6004.jpg



今年の王冠は繊細な感じがして好きだけど、フェーヴはネコの形をした去年の方がかわいかったな。
去年の「Galette des rois」の様子がご覧になりたい方は (こちら) をご覧ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                              imagesCAHPIOAL.jpg       





theme : 日々の暮らし
genre : ライフ

ラーメンバーガー☆Ramen Burger

めまぐるしく入れ替わるロンドンの食ブームですが、最近特に人気なのはハンバーガー。
ハンバーガーというとファーストフードの代名詞なのでジャンクフードと思われがちですが、食材にこだわった高品質の「グルメバーガー」がブームとなり、あちこちでハンバーガー専門店がオープンしています。
最近のグルメ情報といったら、ハンバーガーの話題ばかりです。

ということであちこち食べ歩いてどこが1番おいしいかを調査中☆




週末はお正月にたくさん食べた分歩こう!ということになり、家からグリニッジまでテムズフットパスに沿って歩きました。
グリニッジについた後でマーケットを散策していたところ「Pimp My Ramen」というストールでラーメンバーガーをみつけました。



    1-IMG_5953.jpg




バンズの代わりに一度茹でた後で水分を切って円形に整えられた麺が使われているのがユニーク。
パティの他にはレタス、チーズ、目玉焼きが挟まれていました。
麺のぱりぱりした食感を予想していたのですが、意外としっとりして食べやすく、おいしくいただきました。



    1-IMG_5959.jpg



私たちが食べたのは「Quarter Pounder Beef」という1番ベーシックなタイプのバーガー 5ポンド
パティは普通だったけれど斬新なアイデアがいいなと思いました。
ソースのチョイスが市販のプレーンなものだけだったので、こだわりのオリジナルソースみたいなものがあればいいのに。



勝手にバーガーランキングつけてます☆

 1. Mother Flipper
 2. Bleecker St. burger
 3. Patty & Bun
 4. Ramen Burger
 5. Tongue 'N Cheek




にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                         imagesCAI2B9B8.jpg
 

theme : B級グルメ
genre : グルメ

12 | 2016/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。