スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Frieze Art Fair 2014 @ Regent’s Park

日曜日はVIPパスを持っている友達が、リージェンツパーク内で開かれる10月恒例のアートイベント 「Frieze Art Fair」 に連れて行ってくれました。



世界中から150以上もの一流のコンテンポラリーアート・ギャラリーが集結する国際現代アート見本市。
チケットが高額なことでも有名。
普通にチケットを買うと33ポンドもするのだそう!deco~otomedojo~889[1] 



会場はそれぞれのブースごとにゆったりと区切られているので歩きながら気に入ったアートのブースに入ってみるという感じに楽しみました。
いわゆる商業アートフェアというものなので値段は書かれていないものの、気に入った作品があれば購入することも可能なのでクオリティの高いコンテンポラリーアートを鑑賞したい、という人のほかに投資目的で来ている人もいたりで最終日ということもあってかとてもにぎわっていました。



個人的には彫刻を使ったこの作品がすきでした。


             1-IMG_0267.jpg

             1-IMG_0269.jpg


ところで今年の Frieze Art Fair は UNITED BROTHERS という名前で活動する福島県いわき市出身の荒川兄弟が 「Does This Soup Taste Ambivalent?」 という作品名で福島産の野菜を使ったスープをパフォーマンスアートとして出展することになり開催前に話題を集めました。
もちろん野菜は日本の機関によって安全を保証されたものが使われるそうですが、飲むか、飲まないかという感情の板挟みになるジレンマを訴えるのがこのパフォーマンスアートの狙いなのだそう・・・



私が行ったのは 「Masters」 の最終日だったので実際の反響をみることはできませんでしたが、 「コンテンポラリーアートだから」 とくくられるのかもしれませんが、個人的にはこういうデリケートな問題を奇抜なアイデアで 「売りにする」 のは悪趣味だなぁと批判的に思いました。
アーティスト自身が福島県出身なので彼らなりに考えるところがあって今回のこの作品になったとは思いますが(そう思いたい)東北の復興が軌道に乗るかどうかという微妙な時期なだけに、今回のパフォーマンスアートが福島県に思いやりのある展開になったらいいな、と思いました。



リージェンツパークの屋外にも「Sculpture Park」と題して20人のアーティストによるコンテンポラリーアートが展示されており、草間弥生のかぼちゃの作品もありました。

芸術の秋☆






にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                               yjimage (1) 
スポンサーサイト

theme : アート・デザイン
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけ表示を許可する

06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。