スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Birmingham Library

週末は2泊3日でバーミンガムへ行ってきました。
バーミンガムは人口100万人の首都ロンドンに次ぐイギリス第2の大都市です。
ロンドンからは電車で1時間半くらい。



バーミンガムに連れて行ってくれた友達のお母さんがバーミンガム図書館のツアーをしてくれたので効率よくみることができました☆
バーミンガム図書館は彼女のお気に入りの場所なのだそう。
わたしも図書館と言う空間が大好きなので嬉しかったです。



バーミンガム図書館は2013年9月3日に開館した、総面積35,000平方メートルのヨーロッパでも最大の公立図書館です。
オランダの建築事務所メカノー・アーキテクツ(Mecanoo Architects)とエンジニアリング・コンサルティング会社ブロ・ハッポルド(Buro Happold)によって建築費約1億8,800万ポンドをかけて設計されました。
100万冊の蔵書のうち40万冊が一般公開されています。


       yflx_28oct12lob6.jpg



外観は金色と黒の塗装の上に金属の輪を組み合せたすごくモダンなつくりです。
バーミンガムの産業と歴史からインスピレーションを得てデザインされたものだそう。
デザインの素晴らしさだけでなく、立地、設計、建設、運営、維持管理、改修、解体におよぶライフサイクル全体を通じて、環境に配慮した、資源効率に優れた建築物なのだそう。



            1-IMG_1199_20141216100254d72.jpg



中はこんな感じ。
中央部が円形の吹き抜けになっているのでたくさんの自然光が入り、とても明るくて開放的な空間でした。
宇宙ステーションみたいな感じがしました。
ロンドンにある大英図書館も好きだけれど、ここの方がもっと本と人の距離が近く、来館者がのびのびとしているように感じました。



            1-IMG_1202_201412161002534bf.jpg

            dezeen_Library-of-Birmingham-by-Mecanoo_37.jpg

      1-IMG_1218_20141216100253f93.jpg



10階建ての建物の 4階と8階にはガーデンテラスになった部分があり、バーミンガム市内を一望できるようになっています。
散策できるような植栽スペースやベンチが置かれ、来館者が四季の移り変わりや自然の美しさを体感できる様なオアシス的な役割を担っていました。



他にはゆったりしたスタディースペースやバーミンガムの歴史がディスプレイされたギャラリー、好きな映画を鑑賞することのできるスペースもありました。


      1-Library-of-Birmingham-Rotunda-Skylight.jpg



最上階のロタンダには「Shakespeare Memorial Room」というビクトリア時代の書架があります。
1882年にバーミンガム中央図書館に設計されたのシェークスピアの部屋をそのまま移築したものなのだそう。
木彫や寄せ木細工、真鍮や金工など職人技があちこちに光る見事なつくりになっています。



(シェークスピアとはあまり関わりがなさそうな土地だと思っていましたが、)貴重な蔵書を含む4万4千冊の世界最大規模のシェイクスピア・コレクション所有するのだそう。
モダンな建物の最上階に待ち受ける小さなドアを抜けると素晴らしく繊細な100年以上前の書架があることが不思議なかんじ。


             1-Library-Of-Birmingham-001.jpg

             1-10001042763_53f9c6585e_h.jpg   



週末だったのもありますが、図書館全体がとてもたくさんの人で賑わっていました。
実際に本を借りに来た人よりも図書館そのものに惹きつけられて来ていた人がほとんどだったように思います。
Mecanooの建築家ハウベン(Francine Houben)氏がこの図書館を「人々の宮殿(People's Palace)」と表現し、すべての人に開かれた図書館であるようにと思いを託したのが形になったのだなぁと思いました。



「Rewriting The Book」というキャッチコピーのもと、21世紀における図書館の目的を再定義していくことや、バーミンガムの人々の生活を変化させていくことにはまだまだ時間がかかると思いますが、こんな風に人が集まる図書館って素敵だなと思いました。






にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                      download (5)  
スポンサーサイト

theme : 建築
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。