スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Highgate Cemetery 東区

こちらはHighgate Cemetery 東区。
東区にはカール・マルクスをはじめ、数々の亡命者や活動家、作家、芸術家が眠っています。
西区に比べてもっとオープンな感じで、入り口でもらう地図を片手にどんな人のお墓があるのかをガイドなしで自由に散策することができます。



こういう十字をたくさんみかけましたが、ケルト式の十字なのだそう。
この十字はキリスト教的な十字の意味に加え、十字の横線は地上世界への導線、縦線は霊性的世界への導線、円形は 永遠の神の愛や、尽きる事ない力を示しているのだそうです。


            7616754562_e52303bb9f_z.jpg 



こういうドルみたいなマークはラテン語で 「Iesus Hominum Salvator (救いの人イエス)= Holy Name of Jesus」 の頭文字 I H S を略称としてとったものを重ねたシンボルなのだそう。


            1-IMG_1548.jpg



これは小説家 George Eliot のお墓


            1-P1090811.jpg



これは作曲家マーラーの娘で彫刻家の Anna Mahler のお墓。

            1-P1090809.jpg  



生前は音楽家だったのでしょうか、墓石がピアノになっているお墓もありました。


            1-IMG_1536.jpg



これは伝説的パンク・ロックバンド、セックス・ピストルズ)の生みの親で、その洞察 力とコンセプチュアルな作品で音楽シーンを大きく動かしたミュージシャン兼ファッション・ デザイナー Malcolm McLaren のお墓。


            1-IMG_1540_20150126091829252.jpg



これはテレビプレゼンターとして活躍した Jeremy Beadle のお墓。


            1-IMG_1541_2015012609182937f.jpg



これは大胆でシンプルな色使いと構図のポップアートキャンバスで人気のあるアーティストPatrick Caulfieldのお墓。


            1-IMG_1544.jpg



そしてこれはHighgate Cemetery 東区のハイライト的存在になっている、イギリスを中心に活動した哲学者、思想家、経済学者、革命家 Karl Marx のお墓。
包括的な世界観および革命思想として科学的社会主義、いわゆるマルクス主義を打ちたて、資本主義の高度な発展により共産主義社会が到来する必然性を説いたことで有名ですが、彼は生涯をひどい貧困の中で過ごし、生前はあまり有名ではなかったそうです。
しかしロンドンでの彼の運動と著作はその後の世界の社会主義運動に大きな影響を与えました。



マルクスの死後、友人のエンゲルスらによって敷地内の無宗教墓区域にある彼の奥さんの眠る質素な墓に葬られましたが、た、1954年に現在の場所に移されたのだそう。
墓石には「万国の労働者よ、団結せよ」という彼の最も有名な言葉と「フォイエルバッハに関するテーゼ」から取った「哲学者たちはこれまで世界をさまざまに解釈してきただけである。問題は世界を変革することである」という言葉が刻まれています。


           1-P1090812.jpg



いろいろ個性的なお墓があり、そのどれもが素敵でしたが、中でも東地区の入り口近くにあった「This is it(これで終わりだ)」と墓石に刻まれているお墓が個人的になかなか粋だなぁと思いました。





にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                      yjimage_2015012610182205f.jpg 
スポンサーサイト

theme : イギリス生活
genre : 海外情報

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。