スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dino Snores for Grown-ups

1月23日はいつかのブログにも書いて (こちら) 、ずっと行きたいと思っていた「Dino Snores for Grown-ups」というイベントに参加してきました!



恐竜(dinosaur)という単語を「Dino(英語で恐竜を意味する略)」と「snore(いびき)」にかけたこのイベントは自然史博物館で一晩お泊りしてしまおうという大人限定の楽しい企画です。


       1-IMG_1675.jpg

       1-IMG_1722-001.jpg



18:30の集合時間より少し早めに博物館に行きましたが、すでに門のところに列ができていました。
列に並んでレジストレーション手続きができた人から各自持参した寝袋の下にひくヨガマットみたいなものをわたされ、その夜眠る場所を決めます。
私たちはわりと到着が早かったので博物館の中央ホールに展示されている「Dippy」という愛称で親しまれ、自然史博物館のシンボルにもなっているディプロドクスという恐竜の脊椎骨化石標本の下に場所をとることができました。


            1-IMG_1667.jpg

            1-IMG_1666.jpg

            1-P1090814.jpg

            1-P1090818.jpg

            1-IMG_1618.jpg



7時にオーガナイザーからのあいさつと行程の説明があり、申し込み時にすでに振り分けられていた「Cambrian(カンブリア紀)」「Jurassic(ジュラ紀)」「Miocene(中新世)」という3つのグループにわかれてアクティビティーを楽しみました。
参加者が300人と多いので、ひとつのグループが食事をしている間に他のグループはジンについてのレクチャーと試飲、コメディーショー、サイエンスショーとローテーションをくみながらすすみました。



私のグループはMiocene(中新世)で、最初に昆虫同士のセックスを特集した笑いたっぷりのサイエンスショーがありました。
メスのカブトムシのフェロモンで自分をカバーし、自分より強いオスにメスのふりをして近づいてだまし、最終的には自分のお目当てのメスをものにしちゃう体の小さなオスのカブトムシの話やトンボのアクロバティックな交尾の体位、交尾をしながら相手を食べちゃうカマキリの話には特にびっくりしました。
カマキリのオスは交尾中食べられても、性器さえ残っていればそのまま交尾が可能なのだそう。
進行役の女の人の話が面白くて会場は笑いっぱなしでした。



その後はジンについてのレクチャーと試飲会。
ウィリアム・ホガースの「ビール通りとジン横丁」という風刺画を使ったジンの歴史や製造の仕方などを学びました。


            1-IMG_1613.jpg

            1-IMG_1609.jpg



その後はウクレレによる弾き語りのコメディーショー。
物理学を専攻していたというバックグラウンドをもつコメディアンによる皮肉たっぷりのとってもイギリスらしいパフォーマンスで面白かったです。



いよいよ食事。
テーブル割りはすでにレジストレーション時にされていたので自分の番号のテーブルにつきました。
スタッフは親切だし、いろんなことがちゃんと計画的にオーガナイズされていて万事がとってもスムーズでした。



10人掛けのテーブルの上には自然史に関係するクイズが10問くらいかかれた紙がおいてあり、料理を待つ間同じテーブルの人たちと一緒にクイズをしたりしてすっかり仲良くなり、打ち解けた雰囲気の中で食事を楽しむことができました。



食事は3コースで、スターターはグリルされた鯖が軽くトーストされたフォカッチャの上にのったものにGremolataというニンニク、レモン、パセリのイタリアンドレッシングがかけられたものでおいしかったです。
メインは鴨。
キャラメライズされたエンダイブとスイートポテトのグラタンが付け合せ。
鴨も柔らかくておいしかったけれど、スイートポテトのグラタンが特においしかったです。



デザートはほんのりジンジャーで味のする梨のコンポートみたいなのにカスタードがかけてありました。
そんなに甘くなくておいしくいただきました。
隣の席の人は甘いものが苦手ということで「よかったらどう?」とデザートをくれました。
ベジタリアンメニューの人のデザートはベリーがのったチーズケーキでした。
とっても濃厚で甘酸っぱいベリーのソースと良く合い、パートナーと半分ずつおいしくいただきました。



ディナーの後は普段は観光客で混みあう博物館の中をじっくりゆっくり時間をかけてみることができました。
「Wildlife Photographer of the Year」という特設展なども自由にみることができ、濃い時間を過ごしました。


            1-IMG_1692.jpg

      1-IMG_1707.jpg



また、食べられる昆虫の試食コーナーも設置されており、5種類の昆虫を食べました。
博物館のスタッフによると将来、人口の増加などで予測される食料危機に対して昆虫が日常食になる可能性があるとのこと。
報告によると昆虫は肉や魚に比べてタンパク質の含有量や質が高く、食物繊維や銅、鉄分、マグネシウム、リン、セレン、亜鉛などの栄養分まで豊富なのだそう。
うーん、でも・・・・


             1-IMG_1658.jpg

             1-IMG_1659.jpg



ハープの生演奏を聴きながら眠りに着きました。
ハープの優しい音色がホールに響いて心地よく眠ることができました。
一晩中起きていたい人のためにはエンドレスに映画が用意されていました。
明け方少し寒くて起きた時にホールのどこかですごく大きないびきをかいている人がいたのですが、ホールの音響効果も手伝ってそれがまるで恐竜と寝ているみたいに感じられて面白かったです。



朝8時ころに起床のアナウンスがあり、レストランでイングリッシュブレックファーストをいただき、9時半に博物館を出ました。
朝食は準備ができた人からみんな一斉にだったので混むかなと心配していたのですが、夕食同様ちゃんとオーガナイズされておりとてもスムーズでした。
充分な人数のフレンドリーなスタッフがいてそれぞれがちゃんと自分の持ち場をわかって効率よく動いているのに好感をもちました。



180ポンドと少し参加費は高いですが、それだけの価値のある素敵なイベントでした。







にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                              images (5)  
スポンサーサイト

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけ表示を許可する

03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。