スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dismaland‏ へ行ってきました ☆ ①

2015年8月22日から5週間の期間限定でオープンしている 「Dismaland」 に行ってきました。
「Dismaland」 は Banksy が企画した、ディズニーランドを皮肉たっぷりのパロディーにしたテーマパークのこと。
「Dismal」 は 「陰気」 「憂うつな」 という意味をもちます。
「Bemusement」 は 「理解できないことによる混乱」 という意味で娯楽や楽しみという意味を持つ 「Amusement」 にかけているのだと思います。


        IMG_4200.jpg 



Damien Hirst、Josh Keyes、Kate MacDowell、Polly Morgan など、Banksy 自らが声をかけた世界各国の新進気鋭の若手アーティストが集結したグループアート展ということもあり、かなり話題になっているエキシビションです。
入場料は3ポンド(予約手数料込みで5ポンド)と良心的でチケットは1日4000枚限定。
収益が目的というよりは入場者数を限定する為に設定されたのだと思います。



場所は 「Weston-super-Mare」 というイギリスの寂れた海沿いのリゾート地にあるトロピカーナという閉鎖された屋外プール。
バンクシーの生まれ故郷であるブリストルからも程近く、バンクシー自身も声明で 「小さな頃、トロピカーナが好きだったので、この場所のドアを再び開けることができたのは真に栄誉なこと」 と語っており、故郷への恩返しの意味もあるようです。



プロジェクトは極秘に進められ、準備期間中、地元の住人や観光客には 「映画の撮影のセット」 と伝えられていたのだそう。
奇抜なエキシビションですが、この土地をたくさんの人が訪れることによる経済効果を期待して、地元住民からは歓迎されているようです。



入り口のところでセキュリティーチェックがあるのですが、X線スキャナーや金属探知機、コンピューター、椅子など全てが段ボールでできていました。
これは Bil lBarminski というアーティストの作品なのだそう。



ダンボールでできているのにゲートをくぐったらブザーが鳴ってセキュリティーに 「ナイフを持っているんだろう?」 とつめよられ、 「持ってない」 と答えたら 「じゃあなんでブザーが鳴るんだ!」 って叱られ、ダンボールでできた金属探知機で身体検査をされました。
めちゃくちゃ愛想がなくてヒースローのイミグレーションよりこわかった(笑)


       1-IMG_4470.jpg

       1-IMG_4474.jpg



持ち込み禁止物の中には拳銃や爆発物のほか、ミッキーマウス状のものやユニコーンなども含まれていました。
また、「ウォルト・ディズニー社の法定代理人」の入場も禁止されているそうです。



まず最初に目に入ったのは古いアイスクリームバンを利用したインフォメーションセンター。
「Customer Service Desk Closed 24h」 だって。


    1-IMG_4475.jpg



約3000坪の敷地内にはたくさんのアトラクションが所狭しとあったのでたくさんの写真と一緒に紹介します。
朽ちかけて廃墟みたいになったたシンデレラ城。
池には歪んだアリエル像。


    1-IMG_4477.jpg

        1-IMG_4625.jpg



池の向こうには「POLICE」と書かれた警察車両が沈んでいます。
これは、Dismalandは秩序を保つ警察が機能していない無法地帯であることを象徴しているのだそう。


    1-IMG_4489.jpg



これは池の近くにあった看板
「ホットドッグにどんな動物が入っているか想像できる人は、無料でお持ちください」


        1-IMG_4487.jpg



これはシンデレラ城の中。
王子様の持っていた靴はシンデレラの足にぴったり合い、結婚して末永く幸せに暮らすため、王子様とシンデレラは馬車に乗って去って行く…という映画のラストシーンをお城の入り口付近に設置されている古いテレビで観た後、暗闇の中先へ進むと・・・


       1-IMG_4628.jpg



馬車が横転しており、馬車の中ではシンデレラが窓の外から半分身を乗り出して死んでいます。


    1-IMG_4670.jpg

       1-IMG_4636.jpg



そしてそのまわりではこの悲劇のスクープを何とかカメラにおさめようととパパラッチたちは容赦なくカメラのフラッシュをたき続けます。
これは映画「シンデレラ」のラストシーンの後、語られることのなかった本当の結末の再現なのだそう。
いうまでもなく、パリで亡くなったダイアナ妃が、残忍でショッキングに表現されていました。

つづく





にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                     imagesCAKIFXMD.jpg    





スポンサーサイト

theme : イギリス生活
genre : 海外情報

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。