スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Birmingham Museum Collections Centre

週末はまたまたバーミンガムへ。
私たちが行ったときはオープンハウスウィークエンドだったので(ロンドンはバーミンガムより1週間後の今週末 )「Birmingham Museum Collections Centre」 という Birmingham Museum に展示しきれないものたちを収納しているウェアハウスの一般公開に行ってきました。



通常は毎月最後の金曜日の午後の限られた時間(予約制)とオープンハウスウィークエンドの日しか開いていないので毎日開いている博物館よりも実はずっと貴重な場所なのかも。



まず最初にみたのは小さな展示品の部屋。
動物の剥製や燭台、古いブリキ製のおもちゃ、エジプトの装飾品(なぜにバーミンガムへ?)、オルゴール、カメラなどこまごましたものがジャンルごとにわけられて鍵のかかった棚に入れられていました。


       1-IMG_4920.jpg



そしてこちらは大きな展示品の部屋。
天井まで棚が所狭しと並んでいて IKEA みたい。


       1-IMG_4923_20150918055603d51.jpg

       1-IMG_4926_20150918055602038.jpg

       1-IMG_4927.jpg

       1-IMG_4980.jpg



博物館ではないので置かれているものに対する詳しい説明書きはありませんが、船首像からジュークボックス、彫刻、蒸気機関車、ロッキングホース、ヴィンテージカー、ネオンサイン、産業用の機械までさまざまなものが無造作に置いてあって、博物館に行くときよりももっとずっと気軽なかんじで自分の好きなように所蔵品の間を歩くことができたのがとても楽しかったです。
こういう場所がすごく好きです。


    1-IMG_4933.jpg

    1-IMG_4936.jpg

    1-IMG_4941_20150918055755092.jpg

    12019820_10153318822084160_3989286223319609902_n.jpg

    1-IMG_4945.jpg



 


スタッフの人たちに所蔵品の中からそれぞれの個人的なお気に入りを教えてもらったりしたのも面白かったです。




にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                        images[4] (2)   
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。