スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素敵カフェ☆Edith’s House

「Edith’s House」は北ロンドンはCrouoch Endにある「おばあちゃんのおうち」がコンセプトになったノスタルジックなカフェ☆



オーディションを受けたり、台詞を覚えたりすることにストレスを感じ、役者としてのキャリアの岐路に立っていたEatonさんがお気に入りのカフェでくつろいでいるときに携帯に届いた「次の日曜日はおばあちゃんの誕生日よ、忘れないでね」というお母さんからのメッセージがパートナーのMichaelさんとこのカフェを立ち上げるインスピレーションになったのだそう。



お店の名前になっている「Edith」というのも実際にEatonさんの今年95歳になるおばあちゃんの名前がつけられました。



お店の中は70年代の一般家庭のインテリアが忠実に再現された空間になっています。
オーナーが役者さんだった人たちだということもあり、まるで舞台装置のように細かいところまでこだわった内装になっています。
入り口のところにはおばあちゃんたちがよく買い物に行くときに持って行っている「グラニートローリー」や杖までありました。


        IMG_0188.jpg



リビングルームを抜けるとバスルームがあるのですが、ここも席になっていました。
(本当のおトイレはお店の奥にありました)


        IMG_0140.jpg



さらに奥へ進むとおばあちゃんの寝室があります。
古めかしいミシン、鏡台、花柄の壁紙など

    IMG_0180.jpg

    IMG_0169.jpg

    IMG_0164.jpg



ここのおすすめはスコーン。
シナモン、ホワイトチョコレート、ピーナッツバター、はちみつ、アーモンド、ココナッツなどのフレーバー・スコーンがあり、例えばシナモンスコーンならイチジクとオレンジのジャム、アーモンドスコーンならラズベリーバニラジャムというように、それぞれのスコーンにマッチするひねりのある各種ジャムを提案した魅力的なメニューになっています。



私ははちみつフレーバーのスコーンをジンジャーのジャムとクローテッドクリームでいただきました。
外がかりっとして中がふわふわなとってもおいしいスコーンでした。


    IMG_0161.jpg



古きよき時代のイギリスの一般家庭の様子を垣間見る、という貴重な経験ができるおすすめのカフェです。
運がよければつぶらな瞳をしたお店の看板犬、フレンチブルドックのRouxちゃんに会えるかも☆





にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                      images (3)

スポンサーサイト

theme : こんなお店行きました
genre : グルメ

comment

管理者にだけ表示を許可する

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。