スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドア☆13

街で出会う色とりどりのドアに惹かれます。
まるで絵の具のパレットみたいです。




今日みつけたのはこのドアたち。↓↓↓
写真を撮るときはできるだけその持ち主さんと話をするようにしているのですが、持ち主さんによると、ヴィクトリア時代のドアノッカーだそうです。
白いドアノブも素敵だったので写真をとりました。


              P1020422-1.jpg


              P1020423-1.jpg


              P1020425-1.jpg







このドアについていた羊のドアノッカーもとても素敵でした。↓↓↓


              door 13-9


              door 13-8






数字にまつわる迷信・象徴的意味はたくさんありますが、キリスト教文化を背景に持つ英語圏では「13」を不吉な数字とする傾向にあります。
日本人が「4」や「9」を避けるように、建物の13階を作ることが忌避されたり、アパートやホテルの部屋番号や飛行機の座席番号などに13という数字を使わないところがあるようですが、ロンドンの番地に関しては特にそういった特定の数字を避ける習慣はないようです。





13が不吉だとされるのは、いくつか諸説があり、ヘビに誘惑されたイブがアダムに知恵の実を食べさせたのが13日の金曜日だったといわれること、ノアの箱舟の大洪水も13日の金曜日に起こったとされていること、イエス・キリストが亡くなったのが13日であったとされること、キリストの弟子は12人で、13番目がキリストを裏切ったユダだったこと、など聖書に記されている邪悪な出来事の多くが13という数字に関係していることにあるようです。
また、北欧の神話にも13番目に招かざる客が来て大きな事件を起こし、それがきっかけで神々の世界が崩れていくという物語があります。






現実には、古代から暦の必要性によって時間や方位に六十進法が用いられたため、12か月や12方位、12時間などのように時間や方位にも12が用いられてきましたが、12に対してその次の13は調和を乱すものとして不吉な数とされた見方が強いようです。




















にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。文字をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

                                 77ff1a7901dfda62[1]
スポンサーサイト

theme : 住まい
genre : ライフ

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。