スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドア☆27

街で出会う色とりどりのドアに惹かれます。
まるで絵の具のパレットみたいです。



今日みつけたのはこのドアたち。↓↓↓




このドアはドアよりもドアノブに惹かれました。
やはりイングランドではライオンが用いられることが多いようです。
詳しくは(こちら)    

              door 27-5


              door 27-4


              door 27-3



              

白鳥の形をモチーフにしたドアノッカーをみつけました。
とても年季が入っていて、大切に使われてきたかんじがしました。


              door 27


              door 27-1




白鳥というとバレエ「白鳥の湖」が思い浮かびます。
おすすめは Sadler's Wells というシアターで上演される Matthew Bourne氏 による演出・振付の「白鳥の湖」です。
Matthew Bourne氏 による「白鳥の湖」はチュチュを着た細い女の人がくるくるとまわるような(失礼pp.gif)本来のバレエとは程遠く、「男性がスワンを踊る」のが特徴です。↓↓↓
衣装も個性的で素晴らしく、舞台設定も現代になっているのでこれまでと全く違った「白鳥の湖」が楽しめます。
現在、老舗のデパートフォートナム&メイソンのウィンドーディスプレイもこの白鳥の湖がテーマとしてとりあげられている程です。

今年は明日、12月23日のチケットを購入しています☆
楽しみです。


        20070122_247502[1]




イギリス北部の炭坑町の少年がバレエに目覚める映画「Billy Eliot」(邦題「リトル・ダンサー」)のラストで、成長したビリー少年(アダム・クーパー)が白鳥の湖の音楽とともに華麗なジャンプを披露するシーンはMatthew Bourne氏による「白鳥の湖」のものです。





友達に誘われて観に行って以来、私の中で冬の風物詩になりつつあります。

              


              















にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。文字をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

                         7.jpg
スポンサーサイト

theme : 住まい
genre : ライフ

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。