スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パブ巡り☆The George Inn

The George Innはガイドブックなどにもよく取り上げられているロンドンでは有名なパブです。
シェークスピアやディケンズもこのパブの常連客だったといわれています。



              PB020895.jpg


         PB160826.jpg



現在の建物は1676年の火災の後、すぐに再建されたものですが、その大部分が築300年以上の歴史を誇り、「歴史的遺産」として1937年からナショナル・トラストによって保護されています。
建築物としても回廊式のバルコニーが残っているのはとても珍しいそうです。


         PB020893.jpg





中世の時代から現在の場所にあったとされる The George Inn は、もともとは馬車用旅籠として建てられた建物です。
回廊に囲まれた中庭も、馬車が乗り付けられるように工夫されたものだそうです。
周囲にも同じような馬車用旅篭がたくさんあったそうですが、時代の流れとともに取り壊されてしまい、現在は The George Inn を残すのみとなりました。




ロンドンでは1576年に英国で初めての常設劇場、The Theatre が建てられるまでは、商業的な演劇は貴族の館か、こうした「Inn」の中庭に仮設の舞台を設けて上演されていました。
この The George Inn のあるサザーク地区は、当時から演劇のメッカとして有名な場所で、芝居小屋を兼ねる「Inn」がたくさんあり、旅まわりの役者一座の舞台としても大きな役割を担っていたといわれています。





今でも夏になると、当時を偲びシェークスピア劇がここで上演されています。





また、このパブには1878~1903年にオーナーを務めたアメリア・マレーという人の幽霊がでるそうです。
彼女の幽霊が現れるのはきまって深夜で、従業員が泊まる部屋のあたりでしばしば目撃されているそうです。
幽霊が出てもおかしくない雰囲気がします。
そしてそんな歴史のある建物が今も現役で機能している、ということに改めてイギリスってすごいな、と感じます。




Borough Market (こちら) からすぐなのでマーケットの散策に疲れたらここで足を休めてみては。


















にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。 ここ をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

                             beer.jpg
スポンサーサイト

theme : こんなお店行きました
genre : グルメ

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

>元オーナーの幽霊
 
うっし、次にロンドン行ったら訪ねるぞー♪
 
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。