スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬用の信号

ロンドンの街は道路を馬が歩くことが日常的にあります。
そのほとんどは騎馬警官ですが、ハイドパーク内が乗馬のできるようになっていることから近くに厩舎もありますし、ハロッズとフォートナム&メイソンは荷馬車による配達を行っています。(エリアは郵便番号SW1, SW3, SW7, SW10, W8 に限られていますが)





馬が歩くので、ちゃんと馬用の信号もあります。↓↓↓


                P1040526.jpg




正しくは馬に乗った人用の押しボタン式の信号機です。
写真の信号機の下の方についているのが通常の押しボタン Pedestrian(歩行者用)、そのかなり上の方に馬に乗った人の高さに合わせた位置についているのが Equestrian(馬に乗る人用)です。





イギリスはいろんなものの発祥の地ですが、灯火式の交通信号機もイギリスが発祥地だそうです。
現在のような電気で光る LED(発光ダイオード)ものではなく、ガス灯だったそうですが、1868年にロンドン市内に設置されたものが、世界初の信号機だといわれています。


















にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

                          5881ce516a6f3704[1]
スポンサーサイト

theme : 日々のできごと
genre : ライフ

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

馬用の信号があるんですね。

ステキだ。

馬は乗ったことないけど、毛並と体躯の美しさには見とれます。
ただの道でもいろんな発見があるのですね。

雰囲気があって楽しそう。

No title

馬さん用って・・・凄いv-221
本当世界は広いし知らない事だらけですね。
これからも楽しく読ませてもらいますv-20
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。