FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Burlington Arcade

Burlington Arcade は Lord George Cavendish(ジョージ・キャベンディッシュ卿) の依頼によって建築家の Samuel Ware(サミュエル・ウェア) が建設し、1819年に完成したアーケードです。



              3456911952_0153afe0fb[1]



全長は180mあり、竣工当初は店舗ユニットが2階建てで70軒以上ありましたが、現在は統合や改修によって40軒程度にまとまっています。
ひとつひとつの店はとてもこじんまりとしていますが、時計やジュエリー、カシミヤ、香水、銀製品やエナメル細工など皇室御用達の証明であるロイヤル・ワラント (こちら) がついていたり、歴史や格式の高さでは申し分のないお店がずらりと並んでいます。




天窓の面積が広く、自然光の入る明るいアーケード内を歩くとフロックコートに身を包み、シルクハットをかぶった人をみかけます。
この人たちは 「Beadle」 と呼ばれ、アーケード内の秩序を守るためにアーケード設立当初から存在しました。



              196489400_62669d4414[1] - Copy



摂政時代(Regency1810-20) の法律に則って今でもアーケード内では走ること、口笛を吹くこと、歌うこと、楽器を奏でること、傘をさすこと、大きな荷物を抱えて歩くことなどが禁止されています。














にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                  images[5]
  
スポンサーサイト

theme : イギリス生活
genre : 海外情報

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

決まりが色々あるんですね。
歌ってしまったら・・・罰金??ですか?

No title

このキャベンディッシュ卿が、自宅前を通る人が牡蠣の殻、その他ごみをしょっちゅう自宅にポイ捨てされるのに業を煮やして、それを防ぐために作ったのがこのストリートなのですね。お金持ちのすることはスケールが違いますね(笑)。

この南にあるクリスティーズに仕事のお使いでよく行っていました。その時バーリントンアーケードを通るとショートカットになるので、よく利用していました。いつも小走りだったのですが、不思議と怒られたことは無かったです。運が良かったのかな(笑)。

No title

様々規制があってこそ
この素敵な景観が維持されてるんですねー

なんとなく歴史感じます^^
05 | 2019/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。