スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケンブリッジ☆数学橋

先週のことですが、ケンブリッジへ行ってきました。
お仕事で行ったので自分の為の時間はほとんどとれませんでしたが、お昼の休憩時間を使って「数学橋」までお散歩してきました。




ケンブリッジはロンドンから北へ100キロ程のところに位置する、言わずと知れた学園都市です。
街がケム川(River Cam)に沿って形作られており、主だったカレッジが川に敷地を接するように点在します。
そんな街なので橋も多く、ケンブリッジという地名も 「ケム川(Cam)にかかる橋(Bridge)」 に由来するのだそうです。




そしてこちらがお目当ての 「数学橋(Mathematical Bridge)」 95[1] 95[1] 95[1]  


             P1080079.jpg




ケム川の一番南、Queen's College にかかるこの木造の橋は William Etheridge によってデザイン、 James Essex によって1749年に建設されました。
現在かかっている橋はオリジナルではなく、 オリジナルを忠実に再現する形で1905年に再建されたものです。
接線がアーチを描くように作られ、トラスを形成するというその幾何学的な構造と木と木が綿密に計算されてボルトやネジを一切使わずに組み合わさってできていることから(実際はボルトやネジが使われていたようなのですがdeco~otomedojo~934[1] ) 「数学橋」 と呼ばれています。





ケンブリッジにはこの 「数学橋」 以外にも 「クレア橋」 「ためいき橋」 といった素敵な橋があります。
「パント(Punts)」 と呼ばれる底が平らなボートに乗って長い棒で川底を突きながら川下りを楽しむ人たちの姿をあちこちでみかけました。














にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                                  b18f24284e8135c6[1] 
スポンサーサイト

theme : イギリス
genre : 海外情報

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ケンブリッジといえば竿で操るボートが有名ですね。低い橋の下をくぐるときは橋にぶつからないよう、皆さん上手にかがんでやり過ごしておられますが、以前ケンブリッジを訪れた時、自分だけかがんで、竿を横にするのを忘れた方を目の前で見ました。もちろん竿は橋に引っ掛かり、しかしボートは惰性で前へ前へ…。その方落ちないよう、かなり頑張ってこらえていましたが、最後は秋のツメタイ水の中にドボーンとなってしまいました。その後まわりで何故か拍手喝さいが(笑)。

No title

良い感じの橋かげんですね。
とりあえず無事帰ってきました。
また宜しくです。
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。