FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dulwich Picture Gallery

今日はお休みだったのでバスにゆられて「Dulwich」というエリアに行ってきました。
ガイドブックに載っていうようなエリアではないけれど、時間がゆっくり流れるとても素敵な所でした。




目的はDulwich Picture Galleryという美術館に展示されているレンブラントの 「窓辺の少女」という作品だったのですが、ポーランド王からの依頼で美術品を集めていたアートディーラーがロシアの圧力による王の退任で自ら作品を維持することになった為、というこの美術館設立にいたった背景にも興味をもちました。




         CIMG1350.jpg






ダリッチ美術館は英国最古の公共美術館で1811年の創立です。
まだナショナル・ギャラリーもない頃で莫大な作品の引き取り手がみつからず困ったそうです。






が・・・






月曜日は休館日で閉まってました ・・・
急に思い立って行ったので、休館日とか全然調べてなくて。




しばらく立ち直れず(笑)ベンチに座っていたら品のある年配の夫婦に声をかけられました。




どうやらこの日は招待客限定の特別展が開かれていたらしく、その夫婦がレセプションの人に話をしてくれたおかげで私も一緒に美術館の中にいれてもらうことができ、お目当ての絵を鑑賞することができました。




              CIMG1338.jpg


              CIMG1339.jpg


              CIMG1342.jpg




ちなみに、美術館の後ろにまわると、霊廟の上に屋根が飛び出ているのが見えます。
イギリス名物の赤い電話ボックスはスコットというデザイナーがこの屋根にインスピレーションを得てデザインしたものといわれてます。














にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。文字をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

                                        299592_1482870374[1]



スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2018/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。