スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン水族館

少し前のことになりますが、友達から招待券があると誘われてロンドン水族館へ行ってきました。




水族館は英語で「Aquarium」というのですが、言葉の響きが水族館というあの独特な雰囲気を持つ空間にふさわしいような気がしてすきです☆




ロンドン水族館は大観覧車 London Eye のすぐ隣り、カウンティーホールという旧市庁舎の地下一階と二階部分に作られています。
カウンティーホールは水族館だけではなく、レストラン、ホテル、ダリ美術館などいろいろな施設が入っている多目的な建物で、現在は日本の不動産会社の所有になっているそうです。




水族館の中は14のゾーンに分けられ、最初は淡水魚から始まり、海水魚と続きます。
そして海水魚は太平洋、大西洋、インド洋などに分類され、どういうところにどんな魚がいるのかが比較的わかりやすく展示されていました。




              P1010166.jpg



太平洋と大西洋の水槽はそれぞれ巨大で2レベル分の深さがあり、水深の浅い部分と比較的深い部分に生息する種類の魚が一緒に入れられており、それぞれが自分の適した環境の中で泳ぎ回ることのできる工夫がなされていました。
太平洋の水槽にはなぜかモアイ像のレプリカが何体も入っていて、その間をサメが他の魚と交錯しながら回遊していました。



              P1010064.jpg




ヨーロッパ最大級の水族館ということで期待して行ったのですが、全体的に地方の寂れた水族館というかんじで(ノスタルジックな気分を味わえますが 笑)少しがっかりしました。
入り口のところで料金表をみたら大人は£13.25(約2000円)だったので割りに合わない感があります。
水族館に関しては規模、魚の種類、演出の仕方などどれをとっても日本に軍配があがるようです。




私がロンドン水族館に行ったときにも既に少しずつ始まっていましたが、今後大規模な改装工事が行なわれるらしいのでどんな風になるのか楽しみです。















にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。文字をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

                              schleich-white-shark[1]
スポンサーサイト

theme : ☆水槽の中☆
genre : ペット

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。