スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hornsea

Hornsea社の製品のデザインにはすごく好き嫌いがあるのですが、気に入ったデザインがあったので購入しました1863[1]
 


Hornsea社は1949年にイギリスはヨークシャー地方のHornsea(ホーンジー)という港町にできた小さなメーカーですが、イギリスではとても人気のあったテーブルウェアメーカーだったそうです。
イギリスのメーカーでありながら、北欧を意識したデザインが特徴です。
ところが不況の憂き目にあい、1988年に惜しまれながら閉鎖されました。
Hornsea社閉鎖してしまった現在はヴィンテージコレクタブルとして注目を集め、日本でも人気のあるメーカーのようです。



こちらは1973年に製造されたFleur(フルール)というパターンのカップとソーサー 95[1] 95[1] 95[1] 
Hornsea社独特の立体エンボス製法が使われており、お花の部分が凹凸になっています。
優しい色使いがされているところがすきです。

             P1030070.jpg



こちらは1973年にデザインされたTapestry(タペストリー)というパターンのカップとソーサー 95[1] 95[1] 95[1] 
こちらにも立体エンボス製法が使われているので織物らしい質感になっています。
内側と外側は微妙に色が違うのですが、どちらもきれいな水色が使われています。
このパターンが1番すきかも。
ハンドル部分がなければちょっとお湯呑みみたいで、意外とほうじ茶とかにも似合いそうなデザイン。

             P1030073.jpg



調べてみたらこのふたつは Sara Vardy という同じデザイナーが手がけたものだったことがわかりました。
どちらのパターンも6客ずつ購入しました。
日本ではけっこうなお値段で売られているようですが、日本で取り扱われている1客分のお値段で6客を手に入れることができました。

ティータイムが楽しくなりそう 
1893[1]
 












にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                               imagesCA683P2M.jpg
スポンサーサイト

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

comment

管理者にだけ表示を許可する

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。