スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブループラークのついた家

イギリスには現在は店舗やオフィスとして使われている通り沿いの建物や、一般の人々が暮らしている建物の中にも、100年以上の歴史を持つものがたくさんあります。




そしてその中にブループラーク(Blue Plaque)と呼ばれる、青い陶器製の銘板が壁に埋め込まれた建物があります。
これらは英国内外を問わず、歴史的な著名人が住んでいた建物にその人物の没後20年、またはその人の誕生より100年以上経ってから認定され、壁にかかげられます。




              CIMG1260.jpg


              CIMG1258.jpg




ブループラークの設置が始まったのは1867年。
イングリッシュ・へリテッジという団体が選定、管理をしているそうで 最初に登録されたのは詩人バイロンだそうです。
日本人としては、明治時代にロンドンに留学した夏目漱石のプラークが2001年に認定されています。




また、実在した人物以外にもシャーロック・ホームズのような架空の人物にブループラークが認定されたケースもあります。




現在ロンドンにはおよそ800枚のブループラークが認定されており、 街を歩いていると結構頻繁にみかけることができるので、こういったブループラークの背景を知っておくと街歩きがいっそう楽しくなります。





ちなみに写真は映画監督アルフレッド・ヒッチコックが住んでいた家に掲げられたブループラークです。
















にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキングに参加してます。文字をクリックしてもらえたら嬉しいです☆

                                 ch-pasikup[1]






スポンサーサイト

theme : 建物探訪
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。