スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペチャの命日

今日8月2日はペチャの命日。
友達「ぺチャ」がいなくなって8年が経ちました。
みつけたのは昨年ですが、とても心に残った記事があったのでペチャの命日に載せようと思います。



アメリカは ノースカロライナで本当におきたお話です。
ある夫婦と息子2人の家族がレストランで食事をしていたところ、8歳の息子のひとりが母親の携帯で遊ぼうとしたものの思ったようにいかず、苛立って奇声を発したりテーブルをたたいたりし始めたのだそう。



この8歳の息子には障害があり、言葉を話すことができず、そのため不満がたまると叫び声を上げたりすることがあり、この日も近くのテーブルにいた他のお客さんたちから非難の視線が向けられて、家族は肩身の狭い思いをしていたそうです。



そこへウエイトレスの1人が、あるお客さんから預かったという1枚のメモをテーブルに運んできました。
そのお客さんは一家の食事代を払うと申し出て、伝票にメモを書きつけてウエイトレスに託したのだそう。
伝票には「神は特別な人たちだけに、特別な子どもを与えるのです」という言葉が添えられていました。


             1-Image pechas (1)


成長に伴いますますコントロールが難しくなっていく息子を抱える家族のストレスや不安は私たちが想像する以上に大きかったのだと思います。
メモを読んだ夫婦はこの時の自分達が最も必要としていたのは、まさにこうした思いやりだった、と泣き崩れてしまったのだそう。



ごく平凡な普通の人たちが人生のある局面で当たり前のようにみせる損得やかけひきのない人としての強さをずいぶんとたくさん見てきたように思います。



ペチャがいなくなってしまったことをただ悲んだり、悔やむのはもうやめようと思う。
この日は「生きていく、ということはそんなに捨てたものじゃないよ」って改めて大切に思う日にしたいなあと思います。



今年もたくさんの人がぺチャのお墓参りにいってくれていたら、と思う。
あれでけっこう淋しがりやなところがあった人だから。



毎年このブログに書いているけれど  (こちら)  、ブログに書くことで、たとえ一瞬だったとしても今年も「ぺチャ」が命日にいろんな人の心のどこかで生きることができたら、と思います。







にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                              yjimage (3)
スポンサーサイト

theme : 「生きている」ということ
genre : 心と身体

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。