スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

God's Own Junk Yard

今日は walthamstow というエリアまで足をのばして「God's Own Junk Yard」という所へ行ってきました。
駅から少し離れた辺鄙なところにあるのであちこち迷ってやっとたどり着くことができました。



これが入り口。
倉庫街にしかみえないわかりにくい場所にあります。
小さくてみえないかもしれないけれど入り口の上のところに「God's Own Junk Yard がクローズしているときは God に電話してください」って電話番号が書いてある!(笑)


      1-P1080354.jpg



これは中の入り口。
入り口の上のところに「Licensed sex shop」っていうネオンサインをもってくるセンスが面白いなぁ。


           1-P1080430.jpg



そして一歩踏み入れると夢の国。
ネオンというとけばけばしいイメージがあるけれどディスプレイの仕方が上手でとても幻想的でした。
倉庫いっぱいにネオンが所狭しと飾られています。


      1-P1080398_20140309204408ef6.jpg

      1-P1080409_20140309204406bb8.jpg

      1-P1080435.jpg



このすごさは言葉では伝えられないと思うからたくさんの写真を載せます。


           1-P1080406_2014030920440795b.jpg

           1-P1080363.jpg


           1-P1080366.jpg


           1-P1080358.jpg


           1-P1080393.jpg



LED(発光ダイオード)の台頭によって急激にその姿を街中から消しつつあるネオンサインですが、ここでは「God's Own Junk Yard」のオーナーの Chris Bracey さんによって集められた、さまざまなネオンサインが公開されています。
ホテル、バー、劇場などの看板としての役目を終え、ゴミとして捨てられてしまうはずだったネオンサインたちが修理をされて生まれ変わりのチャンスを与えられています。


           1-P1080447.jpg


           1-P1080389.jpg


           1-P1080423.jpg


           1-P1080448.jpg

 
           1-P1080421.jpg 


           1-P1080377.jpg



オーナーの Chris Bracey さんはハリウッドで人気のネオン・アーティストの1人だそうで「バットマンシリーズ」や「チャーリーとチョコレート工場」などの映画のために特別に制作されたネオンも公開されています。
漢字が使われた看板もいくつかありましたがそれは全部「トゥームレーダー」の映画の制作にあたって舞台セットとして作られたものなのだそう。
Chris Bracey さんはいませんでしたが親日家の男性スタッフが(10回もの来日歴があるくらい日本が大好きなのだそう)詳しくいろいろネオンサインについて教えてくれました。


           1-P1080424.jpg


           1-P1080373.jpg


           1-P1080396_20140309203243415.jpg


           1-P1080442.jpg 

      
           1-P1080415.jpg 


冒頭で辺鄙な場所にあると書いたけれど、土地の再開発によりこれまで Chris Bracey さんがネオンの保管と一部公開をしていた場所から立ち退かざるを得なくなってしまった時、ヨーロッパ一の量を誇るコレクションが散逸してしまう危機をメディアが報じた結果、倉庫の提供者が現れ、現在地に移転することが決まったのだそう。
移転できた喜びと感謝の気持ちを伝えるために、所持する多くのネオンコレクションが無料公開されています。

電気代もかかることだし、入場料くらいとってもいいのに。
それくらいの価値のある場所でした。 



「Neon is only happy when it’s on, when it’s alive.」というのが Chris Bracey さんの言葉。
ネオンサインに対する情熱や思い入れが伝わります。








にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


                             images (2)






スポンサーサイト

theme : アート・デザイン
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけ表示を許可する

06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。