スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィクトリア時代の恐竜に会いに☆

お天気がよかったので友達と南ロンドンのクリスタル・パレスへ行ってきました。
お目当ては公園の敷地内にある「Dinosaur Court」
恐竜好きの私のために友達がみつけてきてくれました。


      1-P1090117.jpg


クリスタル・パレスというのは、1851年にロンドンのハイドパークで開かれた、第一回万国博覧会の会場として建てられた、鉄骨とガラスで作られた巨大な温室のようなもの。
Sir Joseph Paxton という人によって設計されたこのガラスをたくさん使った建物はレンガ造りが主流の当時としてはかなり画期的なものだったそうです。



万博終了後解体されたものの、その人気から1854年に南ロンドンにより大きなスケールで多目的複合施設として再建されたものの、1870年代頃から人気に陰りが見え始め、1909年に破産。
さらに、その後は政府に買い取られ、第一次世界大戦中に軍隊の施設として利用され、戦後一般公開が再開されましたが、1936年に火事で全焼してしまい、現在では地名にその名をとどめるのみとなっています。



実は全焼して何も残っていないことをちゃんと調べずに行って跡地で撃沈した苦い思い出のある(笑)場所だったのですが、その時は「Dinosaur Court」があることを知りませんでした。
1854年にオープンした世界で最初の「恐竜公園」なのだそう。
ダーウィンの「種の起源」が発表される6年も前に、進化論を基にした巨大な恐竜の石造には、
当時ものすごい反響があったそうです。



池の周りには、当時発見されていた3種の恐竜のほかに海生爬虫類などがいました。
たぶん写真の右端にいる首の長いのがプレシオサウルス。
左端はジュラ紀のワニ、テレオサウルス。
イルカみたいなイクチオサウルスみたいなのもいました。


      1-P1090131.jpg

      1-P1090132.jpg



これはたぶんイグアノドン。


      1-P1090128.jpg



これはアノプロテリウム


      1-P1090120.jpg



こっちは似てるけどたぶんパレオテリウム


      1-P1090122.jpg



これはメガテリウム。


            1-P1090118.jpg



これはたぶんメガロサウルス。


      1-P1090124.jpg



恐竜の全身骨格が発見される以前に作られたものなので、「恐竜ってこんなかんじだっけ?」ってちょっとうろ覚えに作られた感たっぷりの愛嬌のある恐竜たちです。
世界最初の恐竜復元模型として恐竜好きにとってはけっこうはずせない聖地みたい(笑)








にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

ランキングに参加してます。 (ここ) をクリックしてもらえたら嬉しいです☆


スポンサーサイト

theme : イギリス生活
genre : 海外情報

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

swallowtail*

Author:swallowtail*
        

ご訪問ありがとうございます。

2000年からロンドン在住です。
(メキシコに住んでいた時期もありましたが)
ささいな日常の中でみつけた素敵なことを↓↓↓
     
   ☆カフェ・レストラン
   ☆美術館・博物館
   ☆雑貨・おもちゃ
   ☆食べ物
   ☆飲み物
   ☆動物
   ☆植物
   ☆建築
   ☆季節
   ☆モザイク
   ☆街歩き
   ☆ドア
   ☆イベント・行事
   ☆宝探し                        
   ☆イギリス旅行記
   ☆フランス旅行記

      ブログにします。

最新記事
最新コメント
ハムスターが住みはじめました↓
画像のどこかをクリックしてみてください☆
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
☆トリップアドバイザーに お勧めブログとして認定されました☆
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。